「ストローはもう使わないで」心が痛むYouTubeからのメッセージ

「プラスチックが海の生物にとってどれだけ有害か。そして、ストローがプラスチックを使った製品の中でもどれだけ無駄なものか」

テキサスA&M大学で海洋生物学を学ぶ大学院生チームはコスタリカでの調査の途中鼻の中に何かが詰まったヒメウミガメのオスを発見した。

呼吸が困難な状態だと判断した彼らは、近くに動物病院がないこともあり設備や道具もままならない船上で、ペンチを使って詰まった“何か”を引き抜くことにした。その痛々しい様子には、つい目をそむけてしまう。

※閲覧注意:血が流れるシーンがあります。

当初は寄生虫か何かと思ったそうだが、抜き取ったものはプラスチック製の「ストロー」だった。

海を泳いでいる際に飲み込んだあと、吐き出そうとして誤って鼻腔に入ってしまったのではないか。とコメントにはある。大量の血が流れはしたものの、塗り薬を塗った後すぐに血は止まり、無事海へと戻ったそうだ。

海洋ゴミによって傷を負う生物は少なくない。動画をアップロードした Christine Figgenerさんは、クラウドファンディングサイト「Go Fund Me」でそう指摘している。

Licensed material used with permission by YouTube/COASTS

この写真を撮ったのは、アーティストのMichael FarrellさんとCliff Haynesさん。彼らによると、このアイデアは1930年代には存在して...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
およそ7億5,000万人もの人は安全な水が手に入らず、さらに年間約50万人もの子どもが汚い水が原因で命を落としている、と日本ユニセフ協会は指摘します。そん...
「フロリダ州の財産はキレイな海のはずなんだ」。2013年、デルレイビーチに創業したブルワリーSaltwater BreweryのChris Goveさんは...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
言うは易く行うは難し──。環境を守ることの重要性は、誰もが認識し、口にする。では、一体どれだけの人が、具体的なアクションに落としこめているだろう?自戒を込...
不気味なんだけど、愛着を感じてしまう化け物たち。様々な場所にあるこのアートは、通り過ぎる人々を楽しませるだけのものじゃありません。「蘇ったゴミを見て、使い...
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
愛知県・渥美半島の南側に位置する表浜海岸。ここは約50kmにわたる長浜で、自然も豊富。古くから絶滅危惧種のアカウミガメが産卵に訪れる場所として有名でした。...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
2012年にその年最もバイラルした動画のひとつとしてCBS Newsで取り上げられたこのYouTube動画には、両腕を持たずに生まれたミュージシャン「Ge...
4人の子どもを女手ひとつで育てることになった母親のカーラさんは、家族で移り住むための新居を探していました。しかし、広い家は高すぎて買えないし、手が届く価格...
近年、愛知県の南に位置する表浜海岸では、産卵に訪れたウミガメが波消しブロックのくぼみにはまり、身動きが取れず死んでしまうという事故が度々起こっている。表浜...
世界中から観光客が訪れる有数のリゾート地「モルディブ」を目指して、一人のアクティブガールが海を渡りました。彼女の名前はAlison Teal、ハワイ生まれ...
ウミガメがレジ袋を飲み込んで死亡したり、イルカの胃の中からプラスチックゴミが発見されたり。海に捨てられたゴミによって、動物が被害を被っているという話を耳に...
永川さんは電通を退社後、世界中の都市の様子をYouTubeで発信する 「WORLD – CRUISE」というプロジェクトをはじめられました。このプロジェク...
2017年4月、東京からサンフランシスコまで太平洋を泳いで渡る。こんな途方もない計画を立てている男がいる。ベン・ルコント(49)がその人だ。じつは彼、これ...