コーヒーの街「シアトル」が、ストローの使用を禁止に!

シアトルと聞いて、何を思い浮かべますか。おそらく大半の人が、「スターバックス発祥の地」と答えるのではないでしょうか。そんなコーヒータウンから、ストローが姿を消す日がすぐそこまで来ているようです。それも街全体で。

71%の鳥、30%のウミガメの中から
プラスチック製ストローが発見

2018年7月1日を境に、シアトルのレストランでは、プラスチック製ストローやフォーク、スプーンなどの提供が禁じられるのだとか。これに先駆け、Lonely Whale Foundationが主導する、「ストローを使うのをやめよう」という取り組みが、すでに始められています。

とは言いつつも、先の法律が施行されるまでには約10ヶ月ほどあります。しかも、今のところ対象となるのはレストランのみ。それにもかかわらず、多くの団体とカフェやバーもすでに行動を起こしているのは、アメリカの大量消費が影響していました。

Lonely Whale FoundationのHPによれば、アメリカでは、毎日約5億本のストローが消費されているそう。さらに、そのほとんどがリサイクルされていないという現実。

最終的には海に流れ着きゴミとなるし、命を落とした71%の鳥、30%のウミガメの胃の中からストローが発見されているとのこと。また、堆肥から製造されたプロダクトも海洋には良くないと意見を述べています。

シアトル拠点の
野球とアメフトチームも協力

環境問題に対して意識が高いのは、シアトルが自然に囲まれている状況も関係しているのでしょう。ストローの使用を禁止するというムーブメントは大きくなり、たくさんの人の心を動かしています。

例えば、MLBのシアトル・マリナーズは9月に行われた全てのホームゲームで、ストローを提供しなかったそう。また、NFLのシーホークスは、これから先の未来も含めて、スタジアムでの支給を廃止。他にも、水族館や空港、レストラン、バー、カフェまでも賛同しているようです。

「Seattle Weekly」の報道によれば、スターバックスも来年の夏までには、法律の施行に合わせ、徐々に移行していくそう。

ここまで多くの人が真剣にゴミ問題に対してアプローチをしているところを考えると、アメリカ本土にも広がるでしょう。世界中でストローの使用が制限されるのも、可能性が高いように考えられます。

Reference:Seattle Weekly
Licensed material used with permission by Lonely Whale Foundation
私がシアトルに住んでいると話すと、「何が有名?」と聞かれることが多いんですが、「スタバの本社がある街だよ」と言うと、けっこうみんなすぐにピンと来るみたいで...
シアトルに住んで、もうすぐ8年になります。シアトルというと「コーヒー」とか「雨」というイメージが強いと思いますが…正解です。まったく裏切りません。本当にコ...
「プラスチックが海の生物にとってどれだけ有害か。そして、ストローがプラスチックを使った製品の中でもどれだけ無駄なものか」テキサスA&M大学で海洋生...
シアトルは自家焙煎の豆を使ったカフェが多いのも特徴です。そういうところは大抵、お店の名前が「〇〇〇ロースター」となっています。そこに誇りを感じますね。古き...
専用のサーバーで注がれる、まるで黒ビールのようなドリンク。これこそが、窒素ガス入り水出しアイスコーヒー「Nitro Cold Brew(ニトロ コールド ...
スターバックスに通うようになってもう何年も経つが、そのホスピタリティの高さには毎回感心してしまう。通勤途中にある店舗では、ブラックエプロンを身につけた、店...
コーヒーと言っても、本当にいろんな種類のものがあります。豆の種類もたくさんありますし、作り方もブラックコーヒーからフラペチーノのような甘いデザートのような...
昨日9月9日、全国のスターバックス店舗で、あるキャンペーンが実施されました。それは、ドリップコーヒー、エスプレッソビバレッジ、コーヒー風味のフラペチーノを...
環境先進国ドイツ第2の都市ハンブルグは、2016年2月テイクアウト用のコーヒーカップを禁止し、ゴミ問題への対策として世界にスタンスを示した。リサイクル大国...
今回の「私が知りたい、コーヒーの人」は、桑原りささん。桑原さんはNHKを始めとする数々の番組でキャスターや司会者をされてきたほか、国際・経済ニュースを取材...
私がシアトルに引っ越してから新しく始めたことは「コーヒーを飲むこと」と、じつはもうひとつ「ランニング」なのであります。シアトルに引っ越してしばらくした頃、...
およそ7億5,000万人もの人は安全な水が手に入らず、さらに年間約50万人もの子どもが汚い水が原因で命を落としている、と日本ユニセフ協会は指摘します。そん...
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
シアトルで「I Love Coffee」(こちら日本語版)というサイトを始めて、もうすぐ5年が経ちます。コーヒーのサイトを運営していると、やっぱりコーヒー...
マレーシアのクアラルンプールにある、スターバックス。コーヒーの豊かな香り、一杯ずつバリスタが淹れる光景、一見普通の店舗と同じように見えるかもしれませんが、...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)...
日本の学校が夏休みに入った頃、アメリカでは3ヶ月の夏休みが後半戦に突入しました。「そんな長い夏休み、どうやって過ごすの?」と思われるでしょうが、アメリカの...
日本のコンビニは、外国人や海外に住んでる日本人にとっては目がキラキラしてしまう場所です。たとえば私の住むアメリカでは、コンビニは少し怖い場所という認識があ...
コーヒー好きのみなさま。突然ですが、コーヒーの好きなとこってなんですか?私の場合は、そりゃもうたくさんあります。味はもちろんのことですが、知れば知るほど深...