18歳の高校生が開発した「海洋ゴミ回収プロジェクト」が、対馬から始動!

海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられているそうだ。しかし、このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用することができるかもしれない。

2012年当時、まだ18歳だったBoyan Slat氏は、高校生の時に着想を得た海洋ゴミ回収システム「The Ocean Cleanup Array」を「TEDxDelft 2012」で紹介した。その後、翌年には本格的にプロジェクトの開始を発表、クラウドファンディングで投資を募り、19歳の若さで200万ドルもの資金を集め話題を呼んだ。

彼の構想はテストを重ねて着々と進行しており、21歳となった今、2016年の運用開始を発表している。驚くことに最初に設置される場所は「対馬」だそうだ。

自然エネルギーで稼働し、
海洋生物を傷つけない!

85singo_Ocean-Cleaning-System

85singo_ocean1

85singo_Array3

85singo_Array2

システムは驚くほどシンプル。プラスチックのほとんどは水面を浮遊しているため、海流によって運ばれてくるゴミを棒状の「浮き」で収集する。ゴミは自然とV字の中心部の塔に集まり格納される。可動に必要なエネルギーは太陽光と海流から賄うことができる。

網を利用していないため、海洋生物を傷つけない。さらに、集まったゴミは回収後にリサイクルすることができるという。

85singo_Tsus_01b966dfbd

太平洋ゴミベルトに
大型機材を設置予定

2016年、対馬には長さ2kmもの浮きが設置され、少なくとも2年ほど作業が行われる予定だ。その後、システムをアップデートし5年以内にカリフォルニア・ハワイ沖の間へ長さ100kmにも及ぶ大型機材を設置すると発表している。

目的は太平洋ゴミベルトに浮かぶ海洋ゴミを回収すること。今ある海洋ゴミの42%を回収することができると予想されており、その量は、少なく見積もって7万トンを超えると言われている。

85singo_3_EconomicEffects

85singo_2_EcologicalEffects

85singo_4_HealthEffects

プラスチックは食物連鎖で
魚たちの体内へと運ばれる

プラスチックゴミが及ぼす影響範囲は広い。海洋生物への影響はもちろん、食物連鎖により毒素が伝わっていくことで、人間へと健康被害も広がる。当然ゴミを回収する費用も莫大だ。

彼の目標は太平洋ゴミベルトに浮かぶゴミを全て回収すること。北太平洋にある海流によって閉ざされたゴミの密集エリアのことだ。
計算上では、今後10年でその半分を回収できる目論見だという。運用コストも低く、集めたゴミや自然エネルギーを再利用して稼働できることもあり、今後の活躍には期待が集まっている。

Licensed material used with permission by The Ocean Cleanup Array

毎年800万トンものプラスチックが海に捨てられているーー。この問題を解決するために考案されたプロジェクト「The Ocean Cleanup」は、自然エネ...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
ウミガメがレジ袋を飲み込んで死亡したり、イルカの胃の中からプラスチックゴミが発見されたり。海に捨てられたゴミによって、動物が被害を被っているという話を耳に...
世界大会をじつに11回も制した、サーファー界の生きる伝説ケリー・スレーター。彼が立ち上げたファッションブランド「Outerknown」、オシャレなことは言...
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
いよいよ、ハロウィーンまで10日を切りました。どんな衣装で街に繰り出すか、当然もう決めているはず。で、今年は是非、小道具は少なめにして、手ぶらで参加しては...
2017年4月、東京からサンフランシスコまで太平洋を泳いで渡る。こんな途方もない計画を立てている男がいる。ベン・ルコント(49)がその人だ。じつは彼、これ...
軽さや機能、デザインを追求するばかりがスニーカーじゃない。まったく新しいコンセプトでアディダスが開発を続けてきたフットウェアが、いよいよ一般ユーザー向けに...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
「1週間分のゴミを撮っている写真家がいるんだよ」と言われてもにわかには信じがたいですが、フォトグラファーのGregg Segalは、文字通り、人々の1週間...
水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ている...
今年もハロウィンナイトを楽しむ東京・渋谷駅付近は、まるで年末のカウントダウンのような酔狂ぶり。そして、日付が変わった2015年11月1日(日)朝、宴のあと...
世界中に溢れるゴミをなんとか有効活用できる方法はないものだろうか?なかでもプラスチックは自然にも還らず、海を漂い、プランクトンが食べることによって食物連鎖...