東京から泳いでアメリカへ!命知らずな男の決意の裏にある「海への危機感」

2017年4月、東京からサンフランシスコまで太平洋を泳いで渡る。こんな途方もない計画を立てている男がいる。ベン・ルコント(49)がその人だ。じつは彼、これまでにも大西洋をフィン(足ヒレ)なしで泳ぎ切った記録の持ち主。そして今回、最後の挑戦に選んだのが太平洋横断だった。

一日8時間の遠泳
半年がかりの太平洋横断計画

F02b1970ffe63d695dcd749981c5440eb8cff508

僕はオリンピック選手なんかじゃない。ただの泳ぐことが好きな冒険家さ──。

東京からサンフランシスコまで、距離にしておよそ8,850キロ。食事や睡眠はボートの上、それ以外の時間はずっと泳ぎっぱなしという過酷な挑戦。ベンをサポートするのは6名のスタッフと、伴走する全長20メートルのボート「Discovery」号だ。

平均時速7キロ、一日8時間のペースで泳いでいけば、計算上は、サンフランシスコ到着は5ヶ月から6ヶ月後になるという。泳者の体調や、天候不順、もしかしたらサメに遭遇する危険など、あらゆるトラブルを回避した上での希望的観測に近いものかもしれない、が。

誰が聞いたって無謀なチャレンジ。でも、そうまでしてベンが前人未到の記録に挑むのは、なにも個人的な冒険心だけではない。そこには、ある社会的なメッセージが込められていた。

海洋ごみ問題に人々の
目を向けるアクションとして

ベンはこのチャレンジを通して、いま世界の海が抱えている問題を、共通認識として多くの人々に訴えかけることを狙っている。二酸化炭素排出量削減や、増え続ける海洋ゴミ問題を啓蒙するグループへの資金集めがその目的。

挑戦の様子はライブストリーム配信され、ソーシャルメディアを使って専門家からのコメントも集める予定だ。

ルートはあえて、ごみが漂う
「太平洋ゴミベルト」

0db1addccf6c2fcf48de623f70d5b398fe0dc7f5

最短ルートは選ばない。それも決意の現れだろう。

通るのは「太平洋ゴミベルト」。ハワイの北東沖にこう呼ばれる広いエリアが存在する。太平洋へと流れ出たゴミが海流に乗り、このエリアへと吸い寄せられるように集まった、海上の“ゴミの帯”。それは、テキサス州の2倍に匹敵する大きさにまで拡大しているとの報告もある。

ベンは、あえてこの一帯を泳ぐつもりだ。

長いこと海を泳いできたからね。海も環境も変わっていくのがよく分かるんだ。プラスチックゴミが増えれば魚は減る。子どもと泳ぐといつも思う。こんな海を未来に残してはいけないって──。

Baf7ab1d401391386394a068f902a61f4a236f045452ca55da704cdcc449860774e7f90dc1152c3b

チャレンジも環境問題も
どちらも待ったなし

944930d00ad2d172a65c2bdc2ebdc965acd0673b

じつは、ベンが太平洋横断計画を立てたのは、これが初めてではない。2013年にチャレンジを発表してから、これまで2度計画が頓挫してきた。

「どっちもボートの問題だったからね」、とベン。およそ半年に及ぶ航海に耐えうる整備に満たないと判断されたり、計画寸前で船長が不慮の心臓発作を起こすなど、彼のフィジカルとは別の部分で不運が続いた。

これまでの経緯を「The Guardian」が伝えている。だが、今回の“相棒”は世界一周ヨットレースを経験し堪航性にも自信アリ、とベンは強調する。

およそ6,000キロの大西洋を73日間かけて泳ぎ切ったのは、31歳だった1998年のこと。そして、太平洋へ。3度目の正直を前に、本人はこれが最後のチャンスと明言している。

世界の海をただよい続ける海洋ゴミの問題も、彼自身の年齢的な問題も、待ったなしだ。今年4月、東京のどこかの港から、海を愛する男の船出を見届けたい。

Reference:The Guardian
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられているそうだ。しかし、このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用することが...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
毎年800万トンものプラスチックが海に捨てられているーー。この問題を解決するために考案されたプロジェクト「The Ocean Cleanup」は、自然エネ...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
ヨーガン レールの名前を知っている人がどのくらいいるでしょう。衣・食・住すべてにおいて、心安らぐ手仕事のモノの価値にこだわり、今日のライフスタイルショップ...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
フォトグラファーのAntoine Repesséさんは、ゴミ問題を写真で訴えるために4年間ひたすらいらなくなったものを集め続けました。種類ごとにわけて、各...
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
不気味なんだけど、愛着を感じてしまう化け物たち。様々な場所にあるこのアートは、通り過ぎる人々を楽しませるだけのものじゃありません。「蘇ったゴミを見て、使い...
Alcindoさんは、北アフリカ沖にある小さな島国「カーボヴェルデ共和国」のサル島に住む43歳・男性。建築現場のペンキ塗りとして働いています。何よりも海が...
いよいよ、ハロウィーンまで10日を切りました。どんな衣装で街に繰り出すか、当然もう決めているはず。で、今年は是非、小道具は少なめにして、手ぶらで参加しては...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
ウミガメがレジ袋を飲み込んで死亡したり、イルカの胃の中からプラスチックゴミが発見されたり。海に捨てられたゴミによって、動物が被害を被っているという話を耳に...