海洋ゴミを回収して建設 「海中都市」が近未来すぎる!

世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に実現させようとしている建築家がいます。もしかしたら、近い将来、人類の生活の場は海の中。なんてことが実現するかも!?


海洋ゴミを再利用して
海中に未来型都市を建設!?

Medium 64395889fb94c537c517f1b63f8aa51f69e453a9

2015年6月、ポルトガルで「世界海洋サミット」が開催されました。議題に挙がったのは、近年深刻化する海洋ゴミ問題。昨年2月に実施された調査チームの発表によると、現在、世界の海を浮遊するプラスチックゴミの総量は、およそ1億3,000トン。更にその量は、毎年約500〜1,300トンずつ増えている計算に。

この、海を汚し続けるプラスチックゴミを回収したうえに、再利用し、人間が生活できる海中都市をデザインしようというのが、ベルギー人建築家のVincent Callebaut氏の壮大なプロジェクト「AEQUOREA」です。空の上から見れば宇宙船のようにも見えなくない。ところが、海の下へ目を向けてみると…。

クラゲから着想を得た
持続可能な浮島

Medium 5f57d3cfa5097084c574ef26765ac0a05b8897a0

Callebaut氏のデザインがいかに斬新奇抜かを説明するには、海中に目を向ける必要があります。思わず絶句、もしくは吹き出してしまいそうなこの海の中のイメージ。これはもしや…そうです、クラゲ。彼は、浮島の形状をオワンクラゲの姿から着想を得たんだそう。このクラゲ型海中ビル建設の基本構造の一部に、3Dプリントを用いて、海洋プラスチックゴミを再利用しようというのです。

Callebaut氏によると、AEQUOREAの建設予定モデルは北太平洋をイメージしているんだとか。ここには、海流に乗って流れてきたゴミが集中する海域「太平洋ゴミベルト」があります。つまり、こっちから海流ゴミを回収にしいかなくても、潮の流れで集まってくるエリアに設置することで、効率よくゴミを減らし、都市を建設しようという試み。

Medium 012b9c329971e078e7cda13d1c00829496276b10

それぞれのユニットは、約2万人規模の人々が生活する居住空間、レクリエーション施設、ビジネス空間にセクションが分かれる予定。さらには、水面より上では野菜や果物を栽培し、人々の食料となるようです。

1,000mの深海で水耕栽培?
自給自足できるらしい

Medium 7caa1a6a5116b671a895f4232329322ce6037a4aMedium 7b9d7f269fa84f1b3da30abb9402469b154f0c54

では、海の中にだらーんと垂れた無数の触手は、どのように使われるのでしょう。実はこれ、開いたり閉じたりしながら、波や海流の影響、さらには強風による構造全体の揺れを軽減するためのものだとCallebaut氏。

これだけで本当に大丈夫?かどうかはさておき、触手が開ききった際の幅が約500メートル、海中はおよそ1,000メートルの深さに達し、そこでは科学技術を応用し藻類、プランクトン、貝類などを飼育する水耕栽培可能なプラント併設をイメージしているようです。この発想力がスゴい!

2065年、人間の生活の場は
海の中かも知れない

Medium cbc9ea744a62e00d27805b8d22be48f256d1cb6eMedium 653dc0bdaf5b5714492882beacc3a11205f54e62

まるで巨大水族館。ユニット内にも草木が生い茂り、地上と同じような憩いの場が設けられている(予定)。

Medium 1da91b5de7b2f55afd4cc64ed42684e7bffdb3ac

窓の外にイルカやシャチが見える居住空間。

Medium 5cb09932fb0ca289de5fbed9dde15dbd4af17df2

Callebaut氏のコンセプトは、今から50年後の2065年を描いたもの。この壮大な海中都市計画が実現するか否かは、また別のお話。ですが、もしもこのまま地球温暖化が進み、海面上昇に歯止めがかからないとしたら…。未来を見つめる建築家のアイデアを、荒唐無稽だなんて笑ってはいられないのでは?


Licensed material used with permission by VINCENT CALLEBAUT ARCHITECTURES PARIS
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられているそうだ。しかし、このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用することが...
毎年800万トンものプラスチックが海に捨てられているーー。この問題を解決するために考案されたプロジェクト「The Ocean Cleanup」は、自然エネ...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
台湾の台北市の高架下に設置された、長いパイプ状のユニークな遊具。この遊具の材料には産業廃棄物として出た鉄材や、廃タイヤなどが利用されているとのこと。なんだ...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
7月30日から、デザイナー・原研哉氏がディレクターを務める展示「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が開催されています。...
世界大会をじつに11回も制した、サーファー界の生きる伝説ケリー・スレーター。彼が立ち上げたファッションブランド「Outerknown」、オシャレなことは言...
わずか30年後の未来、東京と千葉を結ぶ海上に地上1,700mの超高層ビル建設計画!?にわかに信じがたい話ですが、英紙「Daily Mail」が「ドバイのブ...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
世界中に溢れるゴミをなんとか有効活用できる方法はないものだろうか?なかでもプラスチックは自然にも還らず、海を漂い、プランクトンが食べることによって食物連鎖...
ウミガメがレジ袋を飲み込んで死亡したり、イルカの胃の中からプラスチックゴミが発見されたり。海に捨てられたゴミによって、動物が被害を被っているという話を耳に...
2017年4月、東京からサンフランシスコまで太平洋を泳いで渡る。こんな途方もない計画を立てている男がいる。ベン・ルコント(49)がその人だ。じつは彼、これ...
デンマークの首都コペンハーゲンに食産業の異端児がひっそりと佇む。ヨーロッパで初めての、「ゴミ」を食材として利用するレストラン。いかにもデンマークらしい、自...
軽さや機能、デザインを追求するばかりがスニーカーじゃない。まったく新しいコンセプトでアディダスが開発を続けてきたフットウェアが、いよいよ一般ユーザー向けに...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
南米初の五輪は2016年8月21日(日本時間22日)、熱戦に幕を下ろした。来月7日からはパラリンピックが開幕するが、歓喜と感動を生んだ会場は、その後どう生...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
いよいよ、ハロウィーンまで10日を切りました。どんな衣装で街に繰り出すか、当然もう決めているはず。で、今年は是非、小道具は少なめにして、手ぶらで参加しては...
食べ残しなどから堆肥をつくれる「コンポストボックス」の進化版が開発されました。生ゴミや動物の糞から出る「バイオガス」を抽出し、キッチンのガスコンロで利用で...