よく知らなかったし、イメージもとくにないけれど、最近やたらにニュースでみかける「コスタリカ」について

コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業を達成しました。その取り組みからは地球的規模の問題を解決するヒントが。今、注目されつつあるコスタリカについて!

九州+四国程度の広さに
約8万7,000種の生物が棲息

costarica160215-01

コスタリカ共和国は、南北のアメリカ大陸をつなぐ、中央アメリカの南部に位置する国です。細長い国土の北はニカラグア共和国、南東はパナマ共和国と接し、南は太平洋、北はカリブ海に面しています。国土は51,000平方キロメートルと、九州と四国を合わせた程度。

しかし、その土地に地球上の全生物種の5%、8万7,000種もの生物が棲息すると言われ、まさに「生物多様性ホットスポット」。日本に棲息する哺乳類は約130種、鳥類は約500種と言われていますが、コスタリカに棲息する哺乳類は約260種。「世界一美しい幻の鳥」とも称されるケツァールをはじめとする鳥類は約850種とされています。さらに、蘭は世界の1割にあたる1,500種以上が自生し、昆虫も日本の何十倍もの種類が棲息。これらの数字だけでも、いかに多様な自然がある場所かうかがえますね。

コスタリカに多様な生物がいる理由としては、熱帯ゆえにもともと種類が多かったことに加えて、約300万年前に火山の噴火などによって南北アメリカ大陸が地続きになり、双方からの生物が混在したことが挙げられています。また、細長い国土の中央に標高3,000メートルを超える山脈が走るなど地形に多様性があることも、その一因のようです。

こうした世界でも類を見ない貴重な自然を擁するコスタリカは、自然に負担を与えることない「エコツーリズム」発祥の地でもあります。2010年には210万人を超える外国人観光客がコスタリカを訪れました。

目指すは、
自然エネルギーだけの国!

自然エネルギーの利用を積極的に

そんなコスタリカでは、自然エネルギーの利用を積極的に進めています。もともと水力発電の割合が高かったコスタリカでは近年、地球温暖化などの影響による降雨量の変化を考慮して、水力以外の方法による発電へとシフトしようとしていました。

その際に、地球環境に負荷の大きい化石燃料の使用は避けて、地熱、風力、太陽光、バイオマスなどの自然エネルギーの利用を選択したのです。

その取り組みは、2015年に一気に注目を集めることになりました。2015年1月1日から3月半ばまでの75日間、自然エネルギーによる電力供給のみでコスタリカ全体の電力をまかなうことに成功したのです。降雨量が例年より多く、四つの水力発電所の発電量が増えたという幸運もあったとはいえ、このニュースは日本でも報じられ、反響を呼びました。

さらに、水力発電の割合の上昇によって4月以降の電気代が平均12%減少。12月には、コスタリカの電力公社が「2015年1月から10月に生産した電力のうち98.7%が自然エネルギー(12月17日現在では99%)」と発表しました。ひとつの国の電力の9割以上を自然エネルギーでまかなえたことは、人類の歴史においても画期的と言える出来事です。

地熱、風力を活かして火力を削減し、
カーボンニュートラルにも挑戦

costarica160215-02

自然エネルギーのなかでも地熱発電は、水力発電に次ぐ発電量があります。活火山が6つ、活動を休止している火山に至っては数十もあるコスタリカでは、地熱から安定した電力が得られるのです。そこには日本の技術も導入され、2015年の地熱による発電量は全体の12.9パーセントにのぼったそうです。

1980年代に導入された風力発電も、現在は9つの発電所が稼働しており、2017年までに8ヶ所が新設される予定です。2014年に全体の発電量の10.4%を占めていた火力発電は、2016年の間に完全停止することが決まっています。

課題もあります。コスタリカでは古い自動車が交通渋滞を起こし、大量の温室効果ガスを排出しています。政府は自動車についてもエコカーの輸入を促進するなど排出抑制策を打ち出し、2021年までに人為的な二酸化炭素の排出量を吸収量よりも低い水準にする、「カーボンニュートラル」を達成すると宣言しています。

その背景には
悲劇と反省が……

Foreste tagliate c/o Lago e vulcano Arenal, Costa Rica

コスタリカが国を挙げて環境保全に取り組む背景には、悲しい歴史と反省があります。じつはコスタリカは、国土の約95%を占めていたとされる森林を1987年には約21%まで激減させてしまった経験があるのです。

この状況に危機感を抱いたコスタリカ政府は、1980年代半ばから、環境保全のための取り組みをスタート。まず政府は生態系の価値を認め、保護する森林の面積に応じて土地の所有者に経済的インセンティブを提供することにしました。

こうした施策を通じて、現在では国土の4分の1以上を国立公園・自然保護区として保全しています。他国であれば軍備に回す予算を教育に充て、国民に環境の重要性を根付かせたことも環境保全施策を後押し。今では「健全な環境なくして健全な経済はあり得ない」ということを多くの国民が理解していると言われています。

それらの結果、森林減少率はゆるやかに改善し、1998年にはついに0に! その後はエコツーリズムを中心に海外からの観光客を誘致し、観光収益の一部を森林再生に充てるなどの取り組みも実施。2010年には、森林面積は国土の約52%まで回復しました。

コスタリカ(Costa Rica)という国名には、スペイン語で「富める海岸」という意味があるそうです。その名のとおり、豊かな自然を擁するコスタリカ。しかしこの国にあるのは自然だけではないように思えます。永世非武装中立、自然エネルギー100%での国家運営、カーボンニュートラル宣言などなど。その思いや行動力こそ、コスタリカの豊かさだと言えるかもしれません。

自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進...
人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?ライフスタイルブランド「The Lost Ex...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
エチオピア北部の町ゴンダルは、年間降雨量が極端に少ない地域。激しい干ばつに見舞われ、土壌もやせ細り、この地で農業を営む人々は町を捨て、他の地域に移っていく...
青森県と秋田県にまたがる「白神山地」。21年前に日本初の世界自然遺産に登録された、言わずとしれた日本が世界に誇るブナ原生林がそこにある。8千年前の縄文時代...
質問:トイレに入って手を洗った後あなたの選択はどっち?①ハンドドライヤーで乾かす②ペーパータオルで拭く正直、好みの問題と言われればそれまで。でも、真面目に...
生物医学研究サイト「GreenMedinfo」の創設者Sayer Ji氏は、こう断言します。「レジで受け取るレシートは有害物質が含まれている」。きちんとレ...
毎日毎日、同じ景色ばかり見ることに、飽き飽きしているそんなあなたに。「Elite Daily」の旅好きライターSophie Cookさんがおくる、新しい環...
中国の環境汚染は、ここまで来ている近年急速に経済的な発展を遂げ、特に都市部の人口も爆発的に増加している中国。しかしその代償に、環境汚染が進んでいることもよ...
気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレン...
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
湿度と温度が保たれた空間で、植物や野菜を育てるコンサバトリー(温室)。全面透明なガラス張りで、燦々と太陽の光が降り注ぐ、あの空間に着想を得て製作したテント...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
将来的には水田を発電所と呼ぶようになるのかもしれません。オランダの企業「Plant-e」が開発したのは、植物を植えた湿地から電力を“収穫”する技術。まさに...
アニマルプリント柄をおしゃれに取り入れるのって、結構難しいもの。どうしても雰囲気が甘くなりがちだったり、チープな印象がつきまとう。こうしたイメージを払拭す...
高架橋の柱と柱の間に見える時計の針のようなものがついたいくつもの丸い穴。かなり奇抜なデザインだが、それだけではない。その機能性に注目だ。「Solar Wi...
会期を1日延長して、どうにか採択を迎えたCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締結国会議)。アメリカ、中国、インドなどを含めた196カ国が温室効果ガス削...
環境先進国のスウェーデン、国民生活の意識のなかにも「食材をムダにしない」は、浸透しているようです。そんな彼らのアイデンティティをまさに体現しているレシピが...