【悲報】人類は、8月13日に「地球上の資源」1年分を使い果たしていた。

去る8月13日、2015年をまだ4ヶ月以上も残して、人類は“タイムアップ”の日を迎えてしまった。「アース・オーバー・シュート・デー」地球が1年間に生産可能な環境資源を、人間の需要が使い果たす日のことを指す。つまり、今この時点ですでに、地球への借金生活が始まっているわけだ。

shutterstock_203656804

これは、環境問題の国際シンクタンク「Global Footprint Network」が、独自に算出したもの。自然環境保護団体と協力し、経済活動が地球生態系の許容範囲内で行われるよう、持続可能な利用を呼びかけている。その一環として、毎年発表しているのがアース・オーバー・シュート・デーだ。
自然界から供給される野菜や果物、肉、魚、木材、衣類用の綿にいたるまで、それら地球の資源を使い果たすと、あとは未来の資産から、貯金を切り崩しながら利用していくほかない。
2014年は8月19日、2011年は8月27日、2000年は10月だったというから、年々、人類の浪費は激しさを増していることが分かるだろう。

earthovershootday1509231

ところで、人類が赤字傾向に陥ったのは1970年頃。「当時は12月の最後の数日間でアース・オーバー・シュート・デーを迎えていた」と、「IFLScience 」の記事は伝えている。

「70年代初頭より、人類の消費量が自然界の生産能力を上回り、現在、その量は当時の2倍を超えています。年間を通して、我々は地球約1.6個分を消費してしまっている現状なのです」

毎年、区切りの日を算出しているGlobal Footprint Networkの責任者Mathis Wackernagel氏は、こう危機感をよせる一方、世界中で議論が続く「石炭、石油、天然ガスなど化石燃料の段階的抑止が実現すれば、資源の浪費に歯止めがかけられる」と持論を展開。

 earthovershootday150820-05

Global Footprint Networkとパートナーシップを組む、世界自然保護基金(WWF)の試算では、2050年までに世界の人口はおよそ97億人に達する見込みだ。食物、水、エネルギーの需要も当然ながら倍増すると予想される。ただし、「先行きが暗く絶望的だという訳ではない」とWWFは見ている。
例えば、ソーラーパネルの普及・設置、農場での農薬や合成肥料の使用削減、さらにはサステイナブルな商品開発など、未来を見越して原資に手をつけずに、我々が生活するためのアクションは少なくない。

Reference:IFLScience , Global Footprint Network , WWF

 

国立天文台によれば、2016年7月4日(月曜日)の20時01分は「新月」。太陽が重なって月の姿がほとんど隠れることから、ゼロからのスタートとも捉えられてい...
「US Geological Survey(アメリカ地質調査所)」が公開した画像は、もし地球上にある水をボール型にまとめたら一体どのくらいのサイズになるか...
2015年より、毎年10月1日は「International Coffee Day(コーヒーの日)」。認知度はイマイチながら、今年も各地でイベントが開催さ...
僕たちが今、当たり前のように生きていられるのには、様々な要因が関わっている。地球、水、オゾン層の誕生、さらには人間そのものの肺、脳機能の進化など。でも、そ...
2015年7月23日、NASAは地球と非常に近い環境を持った惑星を発見したとの発表を行いました。「Kepler-452b」と名付けられた惑星は、太陽系外で...
「記録は塗り替えられるためにある」スポーツ競技をはじめ、他人と競うことに意味のある種目においては、喜ばしい記録更新。でも、こちらは歓迎しないもの。2015...
1961年、ユーリイ・ガガーリンが人類初の有人宇宙飛行士として、宇宙に飛び立ってから56年の月日が流れた。「地球は青かった…」宇宙からの帰還を果たしたガガ...
アクション俳優として、また元カリフォルニア州知事としての顔を持つアーノルド・シュワルツェネッガー。2015年12月、パリで開催された気候変動会議の場に招か...
人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?ライフスタイルブランド「The Lost Ex...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...
岩陰からひょいっと顔を向ける、テディベア似のぬいぐるみのようなこの生き物。新疆ウイグル自治区で、およそ20年ぶりに目撃され、「パンダよりも断然カワイイ!」...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
「Photobomb(フォトボム)」という言葉を知っていますか?写真を撮ろうとしたとき、急に友だちが割り込んできたり、後ろでこっそり変顔してたりする、ちょ...
人類の歴史は戦争とともにある。嫌が応にもそれを実感させられる内容の動画がこちら。人類の歴史を過去1,000年遡り、世界史に影響を与えてきた主な戦争をイメー...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
青森県と秋田県にまたがる「白神山地」。21年前に日本初の世界自然遺産に登録された、言わずとしれた日本が世界に誇るブナ原生林がそこにある。8千年前の縄文時代...
写真家のPatty Waymireさんは、真っ白な雪景色に佇む、真っ白なシロクマを撮影しようと、極寒のアラスカ・バーター島へと足を運びました。しかし現地に...
どんな動物よりも多く、人間を殺している。人間の死因としては、戦争よりも多い。これは、「蚊」がもたらす脅威の話。日本では梅雨から夏にかけて一気にあの不快な音...
未来の世代へごめんなさい。地球をめちゃくちゃにしてしまいました。私たちがしてしまったことに、巻き込んですみません。言い訳ばかり必死になっていました。どうか...
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...