モルディブの美しい海を救うため、美女が考えた「セクシーな秘策」とは?

世界中から観光客が訪れる有数のリゾート地「モルディブ」を目指して、一人のアクティブガールが海を渡りました。彼女の名前はAlison Teal、ハワイ生まれのサーフィンと冒険をこよなく愛する映画監督です。

スクリーンショット 2015-06-02 12.40.56

スクリーンショット 2015-06-02 12.23.40

ご存知の通りモルディブは、いま深刻な環境問題を抱えています。地球温暖化の影響により海水面が上昇し、海抜1mに満たない国土が、年々海へと沈んでいる現状を、ニュースで目にした方も多いでしょう。

スクリーンショット 2015-06-02 12.21.34

ですが、問題はそれだけではないとAlison氏。海面上昇の影響が、この国のゴミ問題にも大きく影を落としていることを指摘しています。彼女が注目したのは、モルディブに流れ着く漂流ゴミ。

スクリーンショット 2015-06-02 12.27.19

浜辺を歩けば、そこには無数のペットボトルが散乱しています。

スクリーンショット 2015-06-02 12.28.52

ざっと1時間、拾い集めただけでも、こんなにたくさん。

スクリーンショット 2015-06-02 14.22.25

「いくら集めたって、これじゃキリがない」とあきらめムードのAlison氏。

スクリーンショット 2015-06-02 12.29.49

さて、彼女が集めたこのプラスチックゴミの山、これをどうしようかと調べてみると、モルディブにはゴミ処理だけを目的に造られた人工の島、ティラフシ島(別名:ゴミの島)があることを発見。ここへゴミを持っていくことに決めました。

スクリーンショット 2015-06-02 12.30.12

スクリーンショット 2015-06-02 12.32.11

彼女がやって来たティラフシ島、そこはまさにゴミの山。あちこちから煙と炎が立ち昇っていました。

スクリーンショット 2015-06-02 12.32.34

このゴミの島をたった一人で管理するRajeesh氏に出会います。彼によれば、モルティブで出たゴミのすべてがこの島に集まり、焼却され埋め立てられていくんだそう。有毒ガスが充満するなか、サングラスもマスクもなし。もちろんこの島には病院もありません。

スクリーンショット 2015-06-02 12.33.50

続いてRajeesh氏が案内したのは、プラスチックのゴミ山。

スクリーンショット 2015-06-02 12.42.03

モルディブでは、プラスチックゴミはリサイクルされることなく、ただそのまま放置されるがままだそう。

スクリーンショット 2015-06-02 14.43.44

では本当に、モルディブだけでこんなにプラスチックゴミが出るものなのか?そこには、世界の海を巡る海流が大きく影響していました。月日をかけて、潮の流れに乗った無数のプラスチックゴミが、海抜の低いモルディブの浜に流れ着いてしまう、地理的な条件もあるようです。

スクリーンショット 2015-06-02 12.38.01

スクリーンショット 2015-06-02 14.54.14

サーフボードを杖替わりにして、ようやくゴミ山の頂きに登り詰めたAlison氏。見渡す限りのプラスチックを目にし、こう考えました。「このプラスチックが、全部リサイクルに回せたら…」。

trashiland 12.41.16

スクリーンショット 2015-06-02 15.12.13

彼女が考えたのがこれ、リサイクルした15本のペットボトルを原料にして縫製した「ビキニ」です。ティラフシ島のプラスチックゴミを持ち帰り、リサイクル・ビキニウェアの販売に着手したAlison氏の発想と行動力に、米がメディアが特集を組むほど注目を集めることに。

彼女は言います。
「誰がどう捨てているかが問題なのではなく、ゴミがある、その事実を見過ごさないことだと思うの」。

スクリーンショット 2015-06-02 15.21.48

彼女のアクションにRajeesh氏は目を丸くしました。目の前のプラスチックが、まさかビキニに生まれ変わるなんて…。この日のRajeesh氏の笑顔がいつの日か、モルディブ国民共通の笑顔になることをAlison氏も望んでいるはずです。

 Licensed material used with permission by Alison's Adventures

彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
着ているだけで海をキレイにしてくれる。そんな魔法のようなビキニが、米で話題が沸騰中!海のゴミを集めてくれる地球に優しいビキニこのセクシーなビキニ「スポンジ...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
アクション俳優として、また元カリフォルニア州知事としての顔を持つアーノルド・シュワルツェネッガー。2015年12月、パリで開催された気候変動会議の場に招か...
2016年6月19日に公開された、1本の動画。場所は北極海のど真ん中。そこに用意されたピアノで演奏しているのは、世界的に有名な作曲家ルドヴィコ・エイナウデ...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
世界最大のサンゴ礁地帯グレート・バリア・リーフは、その昔、日本列島がすっぽり入ってしまうほどの面積があったそう。栄養豊富な水質の良い海には、多くの魚が暮ら...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
地球温暖化の甚大な影響を受けている、北極圏。気温上昇により年々溶けていく氷は、深刻な環境問題のひとつとして、世界中でその行く末が注目されています。そんな問...
軽さや機能、デザインを追求するばかりがスニーカーじゃない。まったく新しいコンセプトでアディダスが開発を続けてきたフットウェアが、いよいよ一般ユーザー向けに...
気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレン...
青く綺麗な海は見るだけで癒されるものですが、そんな海ばかりではないはず。どこからともなく海岸に打ち上げられたゴミがあるところもあり、そんな光景を見ると思わ...
岩陰からひょいっと顔を向ける、テディベア似のぬいぐるみのようなこの生き物。新疆ウイグル自治区で、およそ20年ぶりに目撃され、「パンダよりも断然カワイイ!」...
写真家のPatty Waymireさんは、真っ白な雪景色に佇む、真っ白なシロクマを撮影しようと、極寒のアラスカ・バーター島へと足を運びました。しかし現地に...
言うは易く行うは難し──。環境を守ることの重要性は、誰もが認識し、口にする。では、一体どれだけの人が、具体的なアクションに落としこめているだろう?自戒を込...
水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ている...