2050年の「米国立公園」を描いた警告ポスターがショッキング

33年後の未来を描いたポスターが、大きな物議をかもしている。

描かれているのは、米国にある7つの国立公園。いずれも、本来は美しい景観の超人気観光スポットだ。しかし、そこにあるのは目を塞ぎたくなるほどに無残な姿。

気候変動によって
描き変えられたポスター

一連のポスター・シリーズ『National Parks 2050』を手がけたのは、カリフォリニア州を拠点に活動を続けるアーティストHannah Rothstein。環境活動に積極的な彼女の狙いは、作品を通じて気候変動がもたらす影響を広く伝えることにあった。

そこで目をつけたのが、1930年代「連邦美術計画」によって描かれた、国立公園のヴィンテージポスターだ。当時、世界恐慌後にルーズヴェルト大統領がはじめたニューディール政策の一環として、国立公園を忠実に再現したシリーズは、多くの人々に親しまれてきた。

それらを2050年版にアップデートさせたHannah。するとどうだろう…温暖化による山火事、涸れ果てた温泉源、死に絶える動植物、朽ち果てた樹木など痛々しい限り。これには、人々もさすがに無視してばかりはいられない、というわけだ。

以下、2枚並ぶポスターは、左が1930年当時のもので、右が2050年を想定したバージョン。左右で描き変えられた違いを見比べて欲しい。

グレート・スモーキー山脈
国立公園

E57f73b9be2d3dcb1355d642d35bafc3867d14b8

イエローストーン
国立公園

09cf14d3e6a71cdafa680c0dd1a0ad875174fd53

ポスターを購入することが
環境保護への寄付になる

著作権の問題でヴィンテージポスターと対比させて紹介できるのは、2組のみなのが残念な限り。ぜひ、Hannahの特設サイトから、残りの国立公園についても見比べてほしい。

合計7パターンのポスターは、オリジナル版とプリント版共に特設サイトから購入もでき、売上の25%が環境保護関連団体へと寄付される仕組み。

「問題を回避する能力を充分に備えているのが人間です。だけど、それには今すぐ行動する必要があるんです」。

Hannahの言葉とアクションをあなたはどう感じるだろうか?

Licensed material used with permission by Hannah Rothstein, (Facebook), (Instagram), (Twitter)
地球の気候変動の原因は人間由来である。というのは国連の専門家の主張としても知られていますが、中には懐疑論も存在し、温暖化現象は自然のものであるという意見や...
アメリカには、現在、59もの国立公園がある。そのすべてを周って写真を撮り続けたのは、フォトグラファーのJonathan Irish。じつに、1年の月日をか...
2015年より、毎年10月1日は「International Coffee Day(コーヒーの日)」。認知度はイマイチながら、今年も各地でイベントが開催さ...
すきま時間にどこでもできて、手軽で、しあがりの美しさに心も癒される。単純作業なのにどっぷりハマる没入感からか、「大人の塗り絵」が世界的な人気となったのは周...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
岩陰からひょいっと顔を向ける、テディベア似のぬいぐるみのようなこの生き物。新疆ウイグル自治区で、およそ20年ぶりに目撃され、「パンダよりも断然カワイイ!」...
ゲイの兵士が逮捕されたり、大統領選の候補者たちが同性愛に対して否定的な発言をするなど、同性愛者にとっては厳しい状況が続く韓国社会。そんな中、各地の大学で、...
「記録は塗り替えられるためにある」スポーツ競技をはじめ、他人と競うことに意味のある種目においては、喜ばしい記録更新。でも、こちらは歓迎しないもの。2015...
ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、上野の国立西洋美術館を世界文化遺産として登録したと発表しました。これはフランスの建築家、ル・コルビュジエの建築作品を7...
アクション俳優として、また元カリフォルニア州知事としての顔を持つアーノルド・シュワルツェネッガー。2015年12月、パリで開催された気候変動会議の場に招か...
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
スタンフォード大学の名誉教授であり、人類初の経口避妊薬(ピル)を発明したカール・ジェラッシ(Carl Djerassi)氏は、性に関する衝撃的な予想をして...
イギリス・マンチェスターに住むヨルダン・ボルトンさんは、映画に出てくる小物などを集めてアイコニックなポスターを制作するアーティスト。映画好きなら、見ている...
2008年。米・大統領選のシンボルとなった「HOPE」ポスターを作成した、グラフィティ・アーティストのシェパード・フェアリー氏。このポスターは、オバマ前大...
人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?ライフスタイルブランド「The Lost Ex...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
従来の花火大会のものと異なり、写真ではなくイラスト、しかも秀逸なコピーまで載った5パターンのポスターが、この夏SNS上で話題に。これは第68回呉の夏まつり...
気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレン...
スペインの海岸沿いにある、Vilassarという街にある公園は少し変わった特徴をもっています。その公園には、滑り台やシーソーといった遊具で遊ぶ“子ども”た...
きっかけは、ある調査で確認した衛星写真。Adam Voilandさんは、カナダで観測された火山灰の影による「Vの字」を見て、NASAの写真を使ってアルファ...