2080年、地球上から「コーヒーが消える日」がやってくる

2015年より、毎年10月1日は「International Coffee Day(コーヒーの日)」。認知度はイマイチながら、今年も各地でイベントが開催される予定だ。

そこに水をさす訳ではないが、コーヒーラバーたちにとって気がかりなニュースが、海外から舞い込んできた。人生であと何杯コーヒーが飲める?

コーヒーが地球上から
姿を消す日

9fc134e806233baebf3d4b40f4b077a1443abc1f

今月初旬、海外の大手メディアはショッキングなタイトルとともにコーヒーが地球上から姿を消す可能性を一斉に報じた。それは、シドニーにある「気候研究所」が発表した「The climate change risks to coffee(気候変動がコーヒーに与えるリスク)」の調査結果に基づいている。

曰く、地球温暖化にともなう気候変動が原因となり、今日主要なコーヒープラントにおける収穫量が、軒並み減少傾向にあること。そして、このまま異常気象が続けば、2080年までに世界中から野生種のコーヒーが絶滅する可能性を否定できない、と。

世界のコーヒーの約7割
アラビカ種に絶滅の危機

F59d0807cf03475073c91d0e42b989b186f5f90d

そもそも、コーヒーの野生種には3大原種(アラビカ・ロブスタ・リベリカ)があるが、現在世界で栽培されるものの約7割がアラビカ種。その原産地はエチオピアと言われている。長い歴史の中でこの国から世界へと渡った原種は、その土地の気候や土壌に合わせてバラエティ豊かな香り・味わいへと変化していった。

品種も豊富で人気もあるこのアラビカ種が、今後70年以内に絶滅の危機を迎えている。こうした懸念は、2012年の時点でもアラートを鳴らしていたようだ。

PLOS ONE」によると、英王立植物園の研究者らが当時、フィールド調査とコンピューターモデリングを組み合わせ、さまざまな気候条件下でのシミュレーションを実施。すべては野生のアラビカ種への影響を調査するため。

結果はコーヒーを愛する人にとって最悪と言えるものに。アラビカ種に適した生息地のじつに66%が消失。全滅の危機も間逃れないという試算だった。

現にエチオピアでは、この50年で年間平均気温が1.3℃上昇。生産量減の要因がここにもある。

絶滅の背景にある
気候変動がもたらしたもの

3306447ba7acf2e24f2f7018c725d5901f7e2b63

ところで、コーヒーの産地は赤道を挟んだ北回帰線と南回帰線の間、「ビーン・ベルト」の一帯でのみ生産され世界へと輸出されている。そして温暖化による気候変動は、このビーン・ベルトを毎年のように襲う。

たとえば、異常な高温と降雨に見舞われた2012年の中央アメリカ。大半の農場でコーヒーの木に寄生する「コーヒーサビ病」に感染し、約35万人の労働者が職を失った。

翌年、ハワイ島コナでも病虫害による甚大な被害で生産量が激減。この病虫害は、近年のキリマンジャロ(タンザニア)を襲い、今では20世紀に栽培していた地域よりも300メートルも標高が上昇した、と「The Telegraph」が報じている。

今後、段階的に生産量が減っていけば、当然ながらコーヒー豆の価格高騰も予想される。コンビニの100円コーヒーはおろか、サードウェーブに乗って急速に店舗数を増やした町のコーヒースタンドでも値上げに踏み切らざるを得ないかも。となれば、ボディブローのように効いてくるのは、我々のお財布ではないか…。

岩陰からひょいっと顔を向ける、テディベア似のぬいぐるみのようなこの生き物。新疆ウイグル自治区で、およそ20年ぶりに目撃され、「パンダよりも断然カワイイ!」...
地球の気候変動の原因は人間由来である。というのは国連の専門家の主張としても知られていますが、中には懐疑論も存在し、温暖化現象は自然のものであるという意見や...
コーヒーを飲むとき、チョコレートっぽい味とか柑橘系の風味などを感じることがあると思いますが、その味を作り出しているコーヒー豆にまで考えが及ぶことはあまりな...
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
33年後の未来を描いたポスターが、大きな物議をかもしている。描かれているのは、米国にある7つの国立公園。いずれも、本来は美しい景観の超人気観光スポットだ。...
アクション俳優として、また元カリフォルニア州知事としての顔を持つアーノルド・シュワルツェネッガー。2015年12月、パリで開催された気候変動会議の場に招か...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...
去る8月13日、2015年をまだ4ヶ月以上も残して、人類は“タイムアップ”の日を迎えてしまった。「アース・オーバー・シュート・デー」地球が1年間に生産可能...
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
実は私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国ブラジルへ行って来ました。そう、コーヒー生産国世界ナンバー1の国です。世界で出回っている3分の1はブラジルのコ...
アメリカ最古の蒸留酒製造所を持ち、2016年には150周年を迎えたアメリカン・ウイスキーの代表格「ジャック ダニエル」。ボリューム感のある四角いボトルに満...
「US Geological Survey(アメリカ地質調査所)」が公開した画像は、もし地球上にある水をボール型にまとめたら一体どのくらいのサイズになるか...
僕たちが今、当たり前のように生きていられるのには、様々な要因が関わっている。地球、水、オゾン層の誕生、さらには人間そのものの肺、脳機能の進化など。でも、そ...
2015年7月23日、NASAは地球と非常に近い環境を持った惑星を発見したとの発表を行いました。「Kepler-452b」と名付けられた惑星は、太陽系外で...
シアトルに住んで、もうすぐ8年になります。シアトルというと「コーヒー」とか「雨」というイメージが強いと思いますが…正解です。まったく裏切りません。本当にコ...
1961年、ユーリイ・ガガーリンが人類初の有人宇宙飛行士として、宇宙に飛び立ってから56年の月日が流れた。「地球は青かった…」宇宙からの帰還を果たしたガガ...
誰もいないニューヨークの街が、水に浸かっている。これは、地球温暖化の進行により、NYが街ごと浸水してしまった場合をシミュレーションした映像だ。もちろんこれ...
地球温暖化の甚大な影響を受けている、北極圏。気温上昇により年々溶けていく氷は、深刻な環境問題のひとつとして、世界中でその行く末が注目されています。そんな問...
今やサードウェーブも完全に凪(なぎ)のごとくおさまり、「コーヒーのある日常」だけがやんわりと、ごく当たり前に定着した感がある。そんな折、第4波とはまったく...
国立天文台によれば、2016年7月4日(月曜日)の20時01分は「新月」。太陽が重なって月の姿がほとんど隠れることから、ゼロからのスタートとも捉えられてい...