100%海洋ゴミを使用した「ハイテクスニーカー」をadidasが国連で発表!

6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。
じつは、同日開催されていた、気候変動に関するハイレベルイベントのその会場で、新作スニーカーをリリースするのには大きな意味がありました。アディダスは、海洋環境保全に取り組むNPO活動団体「Parley for the Ocean」とのパートナーシップをきっかけに、100%海洋ゴミだけを用いた靴を開発していたからです。

388772

388769

一見、ハイテクスニーカーに思えるこの靴は、プラスチックなどの海洋廃棄物と、違法に仕掛けられた海底の刺し網(仕掛け漁法に使用される漁網)を回収し、100%再利用して製作されたもの。

388774

海洋環境の現状に関する人々の認識を高めるために、クリエイターや思想家、起業家らを結集させた「Parley for the Ocean」。海洋環境の保護・保全を訴えるプロジェクトを立ち上げ、数々のブランドとのコラボレーション企画を展開しています。アディダスはその創設メンバーとして、プラスチック廃棄物による海洋汚染の改善を目指してサポートを続けてきました。

388775

「海底に沈んだ刺し網は、壁のように海の生き物の往来を遮断してしまうんです。でも、回収された網がこうして再利用でき、また生活の場に戻ってこれるんです」

アディダスから支援を受けて、海洋ゴミ収集のためのプロジェクトチームを創設した「Parley for the Ocean」のCyrill Gutsch氏(写真左)は、米メディア「Fast Company」の取材に対してこう答えています。ちなみに写真右は、アディダスグループのグローバル・ブランドを統括するEric Liedtke氏。

アディダスはこれまでにも、廃棄物の発生をゼロにした革新的な製法「Primeknit」をスニーカーのアッパーに採用するなど、ムダを生み出さないものづくりと、環境に対する企業のソリューションを率先してきた歴史があります。
企業レベルで環境保全に取り組んでいくことが、ようやくトレンド化しつつある昨今。こうしたコンセプト商品が、企業の取り組みをアピールするアイコンとして、効果を発揮しています。

なお、このスニーカー、年内には一般消費者向けに販売が予定されているそうなので、楽しみです。

 Reference:Fast Company
Licensed material used with permission by adidas Corporate Comunications

「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
軽さや機能、デザインを追求するばかりがスニーカーじゃない。まったく新しいコンセプトでアディダスが開発を続けてきたフットウェアが、いよいよ一般ユーザー向けに...
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられているそうだ。しかし、このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用することが...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
毎年800万トンものプラスチックが海に捨てられているーー。この問題を解決するために考案されたプロジェクト「The Ocean Cleanup」は、自然エネ...
強くて、軽くて、自然にも肌にもやさしいフットウェア。アディダスが、100%生分解性の素材を使ってランニングシューズをつくった。プロトタイプ「adidas ...
ウミガメがレジ袋を飲み込んで死亡したり、イルカの胃の中からプラスチックゴミが発見されたり。海に捨てられたゴミによって、動物が被害を被っているという話を耳に...
環境保全対策の一環で、7月1日にスーパーで配られている使い捨てレジ袋の配布を禁止した同国。矢継ぎ早に使い捨てプラスチック製食器やカトラリー、カップの販売を...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
世界大会をじつに11回も制した、サーファー界の生きる伝説ケリー・スレーター。彼が立ち上げたファッションブランド「Outerknown」、オシャレなことは言...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
世界中から観光客が訪れる有数のリゾート地「モルディブ」を目指して、一人のアクティブガールが海を渡りました。彼女の名前はAlison Teal、ハワイ生まれ...
2015年9月27日、第21回締約国会議(COP21)が行われた国連の昼食会の場で、世界の指導者たちに「ゴミ」が振る舞われたと話題になっている。“埋め立て...
水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ている...
世界中に溢れるゴミをなんとか有効活用できる方法はないものだろうか?なかでもプラスチックは自然にも還らず、海を漂い、プランクトンが食べることによって食物連鎖...
2017年4月、東京からサンフランシスコまで太平洋を泳いで渡る。こんな途方もない計画を立てている男がいる。ベン・ルコント(49)がその人だ。じつは彼、これ...
スニーカーは選ぶのではなく、変化させる時代になるのかも。理想のデザインとの出会いが稀で、新しく買った洋服とのマッチングが気になったりすること、あるかもしれ...