中国で車の使用を制限したら、空がめちゃめちゃキレイになった(画像あり)

2015年9月3日、中国の北京で終戦70周年のパレードが行われました。しかし、その式典の内容とは別に、その前後で変わった街の空の様子にも注目が集まっています。

北京では、式の2週間ほど前から大規模な交通規制が開始。その結果、北京市の上空は快晴の青空へと変貌。しかし、式典が終わり規制も解かれると、24時間後には再び空の色が灰色に。その落差が激しいと話題になっています。

24時間で灰色へと変わった
「北京の青空」

CNN」によれば、規制によって500万台もの車両が通行を制限されました。一時的に生み出された青空を表す言葉として、北京では「パレードブルー」なんて呼称も生まれたそう。

2014年11月にAPECが開催された際にも同じ現象が発生したため、「APEC ブルー」という言葉が話題に。日常会話でも「一時的なもの」や「移ろいやすい心情」を表す流行語として多くの人に使われたようです。APEC開催時の空を開催日前後で比較した様子は以下の動画で確認できます。

排気ガスの問題について取り上げられることは常々あるものの、その使用をストップした場合どれだけの効果があるのかは見えづらいもの。しかし、2週間ほど車両の使用を制限した結果、これだけ街の空気が変わるという事実には多くの人が驚いているようです。

 

Reference:@SaimaMohsin,CNN,Al Jazeera English

深刻な大気汚染が続く中国・北京でいま、ある酸素ボトルが飛ぶように売れ、予約が殺到している。と海外のメディアが一斉に取り上げ、大きく報じました。どうやら、そ...
北京に行った時、大気汚染で最も深刻な状態を表す「赤色警報」が出ていた。日の光がスモッグで霞んでオレンジがかり、午前なのにまるで夕方のような光景だったのを覚...
中国の環境汚染は、ここまで来ている近年急速に経済的な発展を遂げ、特に都市部の人口も爆発的に増加している中国。しかしその代償に、環境汚染が進んでいることもよ...
大気汚染の問題は、とりわけ、急速な発展を見せる東南・南アジアで深刻だ。発電所や工場、建設現場やごみ焼却など様々な理由が考えられるが、中でも自動車は主要因だ...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
2015年9月27日、晴天。パリの空は、いつもと比べて青かったという。それもそのはず、この日のパリ市内は車が極端に少なかったのです。パリ中心地を1日歩行者...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
家にいながら、たくさんの植物に囲まれて、心地よいハンモックの上で寛ぐ。こんな部屋にいたら、めいいっぱい深呼吸をして、爽やかな気分で1日を過ごせるんだろうな...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
高速道路が車でパンパン!それもそのはず。この写真が撮影されたのは、1週間ある中国の大型連休「国慶節」の終盤のこと。つまり、帰省ラッシュで料金所に渋滞が発生...
スキーの発祥の地に関しては、さまざまな説がある。有力なのはノルウェーだろうか。同国は、しばしば冬季五輪の超大国と言われる存在。ルーツがあると言われても、特...
中国四川省の奥地に、透き通った水が流れる美しい渓谷があります。ユネスコ世界遺産に登録されている九寨溝(きゅうさいこう)。透明度120%コバルトブルーの湖面...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...