この自転車は、「かつての北京」を取り戻すためのチャレンジだ

北京に行った時、大気汚染で最も深刻な状態を表す「赤色警報」が出ていた。日の光がスモッグで霞んでオレンジがかり、午前なのにまるで夕方のような光景だったのを覚えている。

同じような体験をしたことをキッカケに、ある自転車を開発したのは、オランダ人アーティストDaan Roosegaardeさん。今までの大気汚染対策は、「いかに汚さないか」がメインだったが、これならすでに汚れてしまった空気を少しずつ綺麗な状態に戻せるかもしれない。

乗れば乗るほど、
汚染物質を取り除く

Bba6f0fa07aa76b9c8ba060c310aa6f089db3619

彼が考えたのは上のようなイメージ。この自転車で走れば、ハンドル箇所に搭載されたフィルターを汚染された空気が通り抜けることで、有害な物質がカットされるらしい。

で、どのようなフィルターかというと──。

59f48dea097845629cbb04c0cb311a4a0eaf7187

北京と天津で大型空気洗浄機として活躍中の「Smog Free Tower」に使用されているもの。このタワーも同じくDaanさんが設計しているそうで、ある研究者曰く、マスクでもカットするのが難しいと言われるPM2.5を50%も取り除いてくれるのだとか。

F003deab13c3740f4076b867220946e97f34b8cc

他には、カットした汚染物質を閉じ込めたジュエリーを作る、なんてことも。自転車、タワー、ジュエリーの3つの活動を総称し「Smog Free Project」と呼んでいるそう。この取り組みは、中国政府からも支援を受けているようだ。

北京のイメージを一新させるため

ご存知の通り、中国では大気汚染が深刻。それに伴い、自転車に乗る人も減少中。だからこそ、多くの人がクルマを選び、結果として排気ガスが増えてしまう悪循環があるとのこと。

そこで、彼はこう言う。

昔は、北京といえば自転車が多いというイメージだった。もう一度、文化的な象徴として人気を取り戻したいし、大気汚染がない都市を目指したいと思っている

ちなみに、この自転車は現在開発段階。いま注目が集まっている同国のシェアバイク「Mobike」への搭載も目指しているとのこと。

Licensed material used with permission by Studio Roosegaarde
中国の環境汚染は、ここまで来ている近年急速に経済的な発展を遂げ、特に都市部の人口も爆発的に増加している中国。しかしその代償に、環境汚染が進んでいることもよ...
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?ライフスタイルブランド「The Lost Ex...
大気汚染の問題は、とりわけ、急速な発展を見せる東南・南アジアで深刻だ。発電所や工場、建設現場やごみ焼却など様々な理由が考えられるが、中でも自動車は主要因だ...
深刻な大気汚染が続く中国・北京でいま、ある酸素ボトルが飛ぶように売れ、予約が殺到している。と海外のメディアが一斉に取り上げ、大きく報じました。どうやら、そ...
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
2015年9月3日、中国の北京で終戦70周年のパレードが行われました。しかし、その式典の内容とは別に、その前後で変わった街の空の様子にも注目が集まっていま...
モルディブに青く光る海があるという。砂浜近くに押し寄せた海洋性プランクトンの一種「夜光虫」が、夜の海に青い道をつくる現象だ。瞬間、それをイメージさせるが、...
生物医学研究サイト「GreenMedinfo」の創設者Sayer Ji氏は、こう断言します。「レジで受け取るレシートは有害物質が含まれている」。きちんとレ...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
転倒、衝突、接触…、もしもあなたが自転車に乗っていて、不意なアクシデントに遭遇したとする。そのとき、頭部を守ってくれるのは、このエアバッグ「Hövding...
質問:トイレに入って手を洗った後あなたの選択はどっち?①ハンドドライヤーで乾かす②ペーパータオルで拭く正直、好みの問題と言われればそれまで。でも、真面目に...
スーパーマンみたいに空を飛べたらいいなぁと思ったこと、誰でも一度はあるでしょう。そんな気分を味わえる素晴らしい自転車が登場しました。え、自転車?って思うか...
日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇さ...
自転車を駐輪するための自転車ラックは、ほとんどが水平方向。こちらのほうが、より多くの駐輪が可能なんでしょうけど、昇降式のラックの上の段しか空いてないときな...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
見た目の派手さも手伝って、レーザーライトを路上に照らすことで自転車事故を防ごうとするムーブメントは数年前からありましたが、米・ニューヨークの自転車シェアサ...
ブラジル生まれのド派手な自転車が「オモシロイ!」と評判を呼んでいます。街行く人々の目を止める、楽しい仕掛けを搭載して、夜の街へ繰り出していく。そう、この自...