水質で色が変わる「Tシャツ」で、環境破壊に警鐘を

人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?

ライフスタイルブランド「The Lost Explorer」のDavid de Rothschild氏と「The Unseen」のデザイナーLauren Bowker氏は、水質汚染を目視できるTシャツを開発し、警鐘を鳴らしています。

アルカリ性だと青、
酸性だと赤に変色

Df19c3471c24c61ead3eef58f8646323af2d9a71

彼らが作ったのは、水の状態によって色が変わるTシャツ。汚染されていない状態が紫で、アルカリ性になるほど青に、酸性になるほど赤になります。これなら、目には見えにくい水質汚染も一目瞭然。

酸性とアルカリ性のどちらも環境には悪い状態で「色の変化が極端なほど汚染がひどい」ということ。

0b873e749f77aa97bd1e440951a554b0c7b3812c

川や海のpHが高すぎたり低すぎたりすると、その中に住む水生生物に悪影響となり、場合によっては死に至ることに。さらに、すでにいる生物を滅ぼすだけではなく、生態系全体にストレスを与え、卵が孵化しなくなったり、新しい生物が生まれにくくなったり…ということにも繋がります。

水質汚染によって害を被るのは、なにも水生生物だけではありません。こうした水は人体にも悪影響を及ぼし、皮膚や内臓器官にダメージを与えうるのです。

86798d7d3660ec5d4499105fd8afbf48809957b5

染色に使われているのは、紫キャベツの成分。この「アントシアニン」が水と反応して、色が変わります。

Db828c90524e65d03d08b3a45bfa5857f30dc63e

実際の色の変化は、このような感じ。真ん中が汚染されていない色で、左がアルカリ性、右が酸性に汚れている状態です。

Tシャツの色で
地球の問題に気付く

プロジェクトに携わるDavid de Rothschild氏は、次のようにコメント。

「私たちは、自然の中の小さな変化を見落としがちです。それに気付くためのきっかけは、何も火山や嵐のような大きなインパクトである必要はありません。

Tシャツの色が変わる。それをはっきりと自分の目で確認する。それが、今世界に起きている問題に向き合う一歩になると思うのです」

Bfd0ef7d004024d93967f49eae570ca64e594f81

ちなみにこれは、ロンドンの水に触れたときの変化。元の色と比べると、青っぽく染まっているのがよく分かります。つまり、水質がアルカリ性に汚染されているということ。

あなたが住む地域の水質は、いかがでしょうか?

Licensed material used with permission by The Lost Explorer
中国の環境汚染は、ここまで来ている近年急速に経済的な発展を遂げ、特に都市部の人口も爆発的に増加している中国。しかしその代償に、環境汚染が進んでいることもよ...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
「undetroze(アンデトローゼ)」は、日本製のTシャツにシルクスクリーンプリントを施した一点物ブランド。この印刷方法を使って多色刷りをする場合、1色...
どれだけ綺麗な山奥の清流でも、安心して飲めるレベルの水かどうかは分からない。それでも、なんとなくの感覚で大丈夫と判断してしまっているのが正直なところ。そこ...
新しい服を買うのは、いつだって心躍るもの。でも、古くなった服についても少しだけ思いを馳せて身ませんか?もうそんなに着ることはないけれど、捨てるのはもったい...
2001年、イスラム原理主義組織タリバンによって、アフガニスタンのバーミヤン渓谷にある、2つの大仏像が破壊されました。「偶像崇拝禁止のイスラム法に反する」...
生物医学研究サイト「GreenMedinfo」の創設者Sayer Ji氏は、こう断言します。「レジで受け取るレシートは有害物質が含まれている」。きちんとレ...
質問:トイレに入って手を洗った後あなたの選択はどっち?①ハンドドライヤーで乾かす②ペーパータオルで拭く正直、好みの問題と言われればそれまで。でも、真面目に...
エチオピア北部の町ゴンダルは、年間降雨量が極端に少ない地域。激しい干ばつに見舞われ、土壌もやせ細り、この地で農業を営む人々は町を捨て、他の地域に移っていく...
古着のフットボールTシャツからインスパイアされた「ハイナベイTシャツ」。最先端の冷却機能を持つオムニフリーズゼロと吸水速乾機能のオムニウィックと二つの機能...
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
夏に獅子奮迅の活躍を見せるTシャツも、冬になると一気にその存在感を弱めクローゼットで冬眠。でも、この「TATEMU」さえあれば、オールシーズン、未使用時で...
大気汚染の問題は、とりわけ、急速な発展を見せる東南・南アジアで深刻だ。発電所や工場、建設現場やごみ焼却など様々な理由が考えられるが、中でも自動車は主要因だ...
自己紹介の日にこのTシャツを着て行けば、出身地を聞かれたらお腹を指すだけで済むし、きっと皆はすぐにあなたを覚えるでしょう。「え〜っと、名前はわかんないけど...
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
ここで紹介するのは、一見なんの変哲もないUSBスティック。が、これをパソコンに接続すると…。接続した途端、パソコンが壊れる!?USBポートに挿しこむだけで...
「本日は〇〇航空をご利用いただき、誠にありがとうございます。当機は羽田発ホノルル行きです。なお、フライトには廃材を再利用したバイオ燃料を使用しております。...