乗るだけでなく、素材そのものがエコフレンドリーな自転車

「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球にやさしいかって、フレームの素材自体が再生紙だというのだから。あくまでコンセプト先行、それでもこういうものが世界に知れわたることに意味がある、と開発者たちは思っているようだ。

この自転車は、
再生紙でできている

8769e4f020ce14b0a1b325a05b8ac7cfd9824a2956ca1c6e8869803f912b42e2b2614baeeda0aeac

ほんとうのところ、なにも再生紙で造るのが自転車である必要なんてないはずなんだけど、技術開発と環境への配慮を同時にかなえて、しかも世界中の多くの人たちにそれをアピールできるツール。もしかしたら、ディベロッパーGreen Codeのメンバーたちは、あえて自転車に注目したのかもしれない。

くだんの「Urban GC1」だけど、ぱっと見はさもありなんなフォルム。でも、フレームやハンドルの素材に使用されているのは、再生クラフト紙。つまり紙でできた自転車というわけだ。再生紙を圧縮して固め、独自開発したGCパネルをさらに重ね合わせることで耐久力が生まれるんだそう。耐荷重が110kgほどというから、紙といえどやはりタフ。 

パーツはすべてリサイクルが可能

D053f8ac2ebe83f4876efddf11b301655e022aff4160aa3baa69fe6458602a8d7ce3affc1fbbeabe

あえて書くような内容でもないのだけど、もちろん濡れても大丈夫!GCパネルを使ったパーツにはすべてポリスチレンコーティングされているそうで、雨水が内部まで浸透してフレームが突然ふにゃふにゃになってしまう心配は無用だそう。

さらに言えば、エココンシャスなのはフレームだけではなかった。タイヤも、チェーンも、ネジの1本にいたるまで、すべてにリサイクル可能な部品を選ぶという徹底ぶり。こうなると、“世界がもっとも必要とするエコフレンドリーな自転車”をうたうだけのことはあるな、と次第に説得力が増してくる。 

というのも、タイヤだって擦り切れてしまえば交換が必要で(ちなみにこちらはノーパンクタイヤ)、それらは廃棄ゴミとなるんだけれど、そもそもこうした廃棄を出さないことに目を向ける方が、よっぽど自分たちの暮らす地域環境のためにもなる。エコと技術革新を同一線上に捉えてソリューションを生み出していく、それがGreen Codeが目指す場所なんだそう。

4bb341ff261818c62a40ceded691660487b5e340

ちょっと危なっかしく見えるけど、こちらはプロトタイプ試乗のもので、フレーム自体の幅もこの試作品よりすでに30%ほどスリム化しているらしい。

こうやって書いてみて、最後まで引っかかる点がひとつだけある。それは残念ながら実用的!ないし、デザインがイケてる!と言い切るにはあと一押しに欠けること。もしかしたら世間の見方もその辺にあるのか、それが出資金に現れているのも事実。だけど、最初に触れたように、こういうエココンシャスなアイデアが、欧米諸国ではなくメキシコから生まれてくることに意義を感じるけどね。

ちょっと応援したい、という人はこちらへ。

Licensed material used with permission by Green Code
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
北京に行った時、大気汚染で最も深刻な状態を表す「赤色警報」が出ていた。日の光がスモッグで霞んでオレンジがかり、午前なのにまるで夕方のような光景だったのを覚...
紀元前から使われている、歴史ある素材「紙」。身の回りにも当たり前のようにあふれていますが、基本的に木の繊維からできているため、大量消費は環境破壊につながる...
質問:トイレに入って手を洗った後あなたの選択はどっち?①ハンドドライヤーで乾かす②ペーパータオルで拭く正直、好みの問題と言われればそれまで。でも、真面目に...
ノルウェーの首都オスロでは、英断すぎる交通規制計画が発表され、世界をアッと驚かせています。なんと、2019年までにオスロ中心部約3km圏内への自家用車の乗...
スウェーデンのアウトドアブランド「FJALLRAVEN(フェールラーベン)」。そのアイコンである「Kanken(カンケン)」は、1978年の誕...
移動式の自転車カフェ「Wheelys」の最新バージョンが、この「Wheelys 4」。世界でもっともエコなマイクロカフェと言ってもいいでしょう。「Whee...
モルディブに青く光る海があるという。砂浜近くに押し寄せた海洋性プランクトンの一種「夜光虫」が、夜の海に青い道をつくる現象だ。瞬間、それをイメージさせるが、...
ここまで開放的なバンブーハウスは見たことがないし、正直、泊まってみたい。ビーチで波の音を聞きながら、しっぽりと乾杯してみたいものだ。しかもこのバンブーハウ...
気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレン...
使い方はカンタン。後輪に装着したデバイスにUSBでスマホを接続!あとは自転車に乗って走るだけで充電ができちゃう便利なデバイスが登場しました。しかもこれ、自...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
見た目の派手さも手伝って、レーザーライトを路上に照らすことで自転車事故を防ごうとするムーブメントは数年前からありましたが、米・ニューヨークの自転車シェアサ...
ここ数年の間にニューヨークのサイクルシーンはめまぐるしく変わった。メッセンジャーたちによってストリートから生まれたピストのムーブメントがひと段落し、いまの...
人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?ライフスタイルブランド「The Lost Ex...
ヨーロッパ最大の「出前サービス」を提供するDeliveroo社の調査によると、イギリスの各家庭には、まったく使われていないキッチンツールが平均34個も眠っ...
自転車に乗るときに、ヘルメットの着用が義務化されていたり、追い越す時に確保しなければならない距離が定められていたりと、日本と比べてサイクリストの意識がちょ...
スポーツカーよりも速い自転車を見たことがあるだろうか。ここで紹介する動画は、2014年11月にフランスのサーキット「Circuit Paul Ricard...