使われなくなった「キッチンツール」で、自転車を作ってみた

ヨーロッパ最大の「出前サービス」を提供するDeliveroo社の調査によると、イギリスの各家庭には、まったく使われていないキッチンツールが平均34個も眠っているそう。これは金額にしておよそ267ポンド(約37,000円)。モッタイナイのは明らかですが、料理以外の使い道がないのでどうしようもありませんよね、普通に考えると。

でも、まさかの使い道がありました。

F387a3e7f6f5c99773298e02da193972f9b36234

まず同社は、台所でくすぶっているツールたちを回収。その後、デザイナーと協力して、それらをパーツとする自転車を作り上げたのです。

と言われてもピンと来ないはずなので、詳しく見ていきましょう。

F6784b84f3122ac83c2294a0c92f68795ba6941f0611fdef1d61aaed6d223d9ee0caab5a91c78b034934c33c8108f149ffe80bd2c7b4779c069bc3964ab5599515b773c943979a9a596bbab8bd53964e323a608435c2397d068e16f3eaed1294bdff4af952b0caf36ea675ff39e561eb20b20b3176df1460748c3eb32b84a9de63aeeed97a4a49fb2eea164e3c237331c302b174c7238b2c8e9b5c7bbd0ee596565f68051cb2de0e0ed813b7ced7d97ab448cdf3

ハンドルはローリングピン、スポークは泡立て器、ペダルはポテトマッシャー、スピードメーターはミートサーモメーター(肉用温度計)などなど。それぞれの特徴を生かし、適材適所が徹底されている印象です。

それにしても、想像力が豊かだなあ。

しかもこれ、実際に乗れちゃう!

D279531e449cfaa6f7f8ec4fbbd70ea50377c808

強調しておきたいのが、決して「ただ形にした」というだけではない点。実際に乗ることができ、同社の配達用自転車として活躍しています。ホントにちゃんと走るの?と心配してしまいますが、ロンドンの街中を颯爽と駆け抜け、空腹のお客さんを助けているそうですよ。

F9dd2c58f1ca22c61702c75351d5bdb2ae9caa7e2cdecc0d6cedb39d53e7aaade9cccae8ec46b4be

たしかに活躍場所はキッチンではなくなってしまいましたが、引き続き「食」に貢献していることには間違いありませんね。

Licensed material used with permission by Deliveroo
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
どこの国を旅していても、必ず訪れるのが現地のスーパーです。野菜やフルーツ、お肉、魚介類はもちろん地域ごとの違いがよく分かるのですが、それよりもお菓子コーナ...
これは、いくつものシステムキッチンを店舗に集約して、時間貸ししてしまおうというIKEAのアイデア。実際にロシアで行なわれたこの取り組みは、ネットでキッチン...
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...
はたしてこの商品、「ゴミ箱」なのかそれとも「掃除機」なのか……、表現の仕方も迷うところ。いづれにしても、ありそうでなかったキッチンツールに、こんな感想を持...
クラウドファンディングサイトで話題となったペン型マルチツールの「mininch」。ペンに加えてプラス、マイナス、スクエアといったドライバービットを収納。男...
日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇さ...
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
いま、神戸市在住の“とあるサラリーマン”が大きな注目を集めています。大島義史さん、31歳。実は彼、2015年12月末から2016年1月中旬にかけて、かねて...
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...
エネルギー資源の浪費を抑えた、環境にやさしい持続可能な暮らし方。今や現代人の共通言語として定着した感がある。モノを所有せず、シンプルに暮らす「ミニマリスト...
移動式の自転車カフェ「Wheelys」の最新バージョンが、この「Wheelys 4」。世界でもっともエコなマイクロカフェと言ってもいいでしょう。「Whee...
川原や公園に行く時、自然と周りの景色に溶け込んでデザインもシンプルで可愛い、そんな自転車トレーラーをカナダにある「Studio North」が作った。地域...
キッチンが見えていると、料理が美味しく感じる!キッチンがオープンなレストランは楽しい。自分の注文した料理がどんな人にどのようにして作られいるのかを見ること...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
いま、アーロン・プジーという男性が、自転車でイギリス縦断の旅をしています。彼は2016年5月8日にスコットランドの最北端、ランズエンド岬をスタートして、8...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
ここ数年の間にニューヨークのサイクルシーンはめまぐるしく変わった。メッセンジャーたちによってストリートから生まれたピストのムーブメントがひと段落し、いまの...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...