中国で、ロッキー山脈の「キレイな空気」が飛ぶように売れている

深刻な大気汚染が続く中国・北京でいま、ある酸素ボトルが飛ぶように売れ、予約が殺到している。と海外のメディアが一斉に取り上げ、大きく報じました。どうやら、その中身が一味違うようですが、大反響の裏には北京市民の、藁をも掴みたい心境が伺えます。

ロッキー山脈の新鮮な空気が
北京で飛ぶように売れている!?

Medium aee7b6d0b6fd5d82d8851cec7f94bc716d1a9d6d

カナダ西部のエドモントンに工場を構える「Vitality Air」社。3,000メートル級の山々が連なり、手付かずの自然が残るカナディアン・ロッキー山脈の麓から、新鮮な空気をスプレー缶に詰めて販売しています。

この商品が、いま大気汚染に悩む北京市民を救う、救世主になろうとしています。中国で販売されているミネラルウォーターの、およそ50倍の値段にあたる100元(約1,872円)という高値にも関わらず、飛ぶように売れているんだそう。


北京市内に“赤色警報”
過去最悪の大気汚染

Medium 5a0be13fdb91fcf35dbaf3319f44f15aa583d910

こちらは、深刻な大気汚染が進む北京市内の様子。写真に映る二人の後方数メートル先の視界が、もはやほとんど霞んで見えないレベルです。

2015年12月8日から10日にかけて、北京市内の大気汚染を示す警戒サインは、過去最悪レベル4に達し、子どもや高齢者の外出を政府が禁止する“赤色警報”が発令されました。対策が始まった8日朝、米国大使館が測定したPM2.5の濃度は、1立法メートル辺り291マイクログラム。WHO推奨レベルのじつに10倍に達する、酷い状況だったと「BBC」は伝えています。

「マスクを身につけていても不快に感じるほど。自分の身を守るためなら、できることは何でもしなきゃ」

取材に応じた、北京在住のLi Huiwenさんのこの言葉からも、我が身を守るのは自分の役目、と市民の藁をも掴みたい危機感が伝わってきます。

袋に詰めただけの空気が
2万円で落札!?

Medium f1cbc73ae046027de63aeb90df6fa11c0ec857ee

そんな中国都市部の状況に、ビジネスチャンスを見出したのが遠く離れたカナダのVitality Airです。2年前に立ち上がったばかりのベンチャー企業を「VICE News」がわざわざ特集を組んだのも、彼らの戦略が完全にはまったからでしょう。

創業者のMoses LamとTroy Paquetteの両氏は2年前、中国を頻繁に訪れていた友人から、深刻化する大気汚染について聞かされていました。「中国の人たちはきれいな空気を求めている」彼らは試しに、ジップロックタイプのビニール袋に地元ロッキー山脈の空気を詰め、インターネットオークションサイト「eBay」に99セントで出品。すると、価格はみるみる跳ね上がり、ついには168ドルの高値がついたそう。

コンテナ到着前に
全品完売の人気ぶり

Medium fe986b5586bdb1af5e6bae402b3611941effcd6a

これはビッグビジネスになる…。

彼らがそう思ったかどうかは分かりませんが、かくして二人はロッキー山脈の新鮮な空気を圧縮して缶入りする技術を開発。試しに北京市内で500個を販売してみたところ、わずか4日で完売。そうして、Lam氏は「The Telegraph」を取材を受けるほどに。慌てて追加で4,000個を発注したものの、こちらもまだコンテナが中国に到着していないにもかかわらず、すでに完売する人気ぶりなんだとか。

Licensed material used with permission by Vitality Air
米宇宙開発局(NASA)が推奨する観葉植物があります。宇宙と植物?のつながりではないようです。「inhabitat」ライターLucy Wang氏によれば、...
2015年9月3日、中国の北京で終戦70周年のパレードが行われました。しかし、その式典の内容とは別に、その前後で変わった街の空の様子にも注目が集まっていま...
中国の環境汚染は、ここまで来ている近年急速に経済的な発展を遂げ、特に都市部の人口も爆発的に増加している中国。しかしその代償に、環境汚染が進んでいることもよ...
突然ですが「スマッシングハーブ」を知ってますか? これは火をつけて使用するハーブのこと。浄化の儀式や瞑想時にネイティヴアメリカンがその煙を利用していたこと...
中国四川省の奥地に、透き通った水が流れる美しい渓谷があります。ユネスコ世界遺産に登録されている九寨溝(きゅうさいこう)。透明度120%コバルトブルーの湖面...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
岩陰からひょいっと顔を向ける、テディベア似のぬいぐるみのようなこの生き物。新疆ウイグル自治区で、およそ20年ぶりに目撃され、「パンダよりも断然カワイイ!」...
ヘルシンキ在住のAnni Kraviさんは、ビジネススクールを卒業したばかりの20代の女の子。Instagramに日々アップされる彼女のヘルシーレシピは、...
パスタやカルパッチョ、アヒージョなど、イタリアンやスペイン料理に使われることが多いオリーブオイル。各国の料理に頻用されていることからわかるように、オリーブ...
寂れた街のストリートを、夜な夜な吹き溜まる不良どもが占拠する。おもむろに立ち上がると思うとスプレーを一振り。ふと朝目を覚ませば、昨日までなかったそれが、壁...
男と女が運命的な出会いや別れをはたす場所といえば橋の上。こう決めつける訳じゃないですが、ある意味ラブロマンス映画の鉄板演出がこれでしょう。ルコントもカラッ...
あなたの部屋には観葉植物がありますか?「ない」と答えた人の理由としては、「育てるのが難しそう」「どんな種類を買えばいいのかわからない」といったものが多いは...
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
運動するおじちゃんおばあちゃんの動画なのだが、みんなすごいパワフル・・・!動画は中国のとある公園の朝の様子を捉えた物だが、その様子は若者よりもエネルギッシ...
空気が読めない人、身の回りにいませんか?全く、一体どういう神経をしてるんだ!…と思うこともあるでしょう。ここでは、そんなときに役立つ空気が読めない人の特徴...
絶滅危惧種に指定されているジャイアントパンダ。彼らは、少なくとも13種類の鳴き声を使い分け、コミュニケーションを取り合っていることが判明。“パンダ語”を解...
高速道路が車でパンパン!それもそのはず。この写真が撮影されたのは、1週間ある中国の大型連休「国慶節」の終盤のこと。つまり、帰省ラッシュで料金所に渋滞が発生...
味覇(ウェイパァー)が鍵あなたは、味覇(ウェイパァー)という中華の調味料を知っているだろうか。日本でも、大きめのスーパーならたいてい売っている。真っ赤な缶...
大都市を結ぶ鉄道網の整備が急ピッチで進む中国。その作業現場の風景を収めた、貴重な動画を紹介します。舞台は、鉄道橋の架設工事現場。人手をかけて作業にあたると...
「とってもキレイだね」もしも、突然誰かにこう言われたら、あなたはどんな気持ち?ここに紹介する動画の中に、その答えが隠されています。シカゴの女子高生の社会実...