「捨てるはずのもの」でつくった、意外すぎる廃棄物リサイクル【まとめ6選】

世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。

ここでは、ファッショナブルなものから斬新なものまで、クリエイターたちによって実現した、驚きのリサイクルアイデアを紹介しましょう。

01.
飛行機のシートカバーが
「旅するバッグ」に

362a709c9f8b1a8cdfbaf625cab078d43def594d

廃棄されるはずだった飛行機のシートカバーから作られたのは、なんとバッグ。その名も「PLANE」。現在6種類のラインナップがあり、素材を活かしたファッショナブルなデザインは、幅広いシーンに使えます。

くすぐられるポイントは、それぞれが世界中を旅してきた素材であるということ。このバッグを連れて、新たな旅を始めてみては?

Bffd95bde266d8f75a54cb8ed6ad15d6b9518ddf

02.
オーストラリアの
「古い標識」が反射板に?

58c8c812f9754e17833fe57e5816dcb0bb5f4ceb

日本に比べるとサイクリストたちの意識がちょっと高めなオーストラリアでつくられている、環境に配慮した反射板。

付け方は、スポークにつけたり、ゴムバンドでフレームにくくりつけたりと様々。

素材の93%は交通標識をカットしたものなので、反射効果もお墨付きです。

→詳しい記事はこちらから。

03.
「食品廃棄ゴミ」をつかった
衝撃のクラフトビールとは

F980a2d7aeec5fd6606dc6629179cc85e567c27f

クラフトビールメーカー「Northern Monk Brewery」と「The Real Junk Food Project(TRJFP)」がタッグを組んで生み出したのが、この一見普通のビール。

でもじつは、ボトルにラベリングされた「WASTED」から読み取れるように、原料は「廃棄処理されるはずだった食べ物」なんだとか。

食品ロス削減を目指してつくられたエコなクラフトビールは、今後トレンドにもなりそうな予感。そのお味が気になるところです…。

→詳しい記事はこちらから。

04.
「デニム」をアイウェアに。
環境とファッションを
つなぐ取り組みが話題

E0eb9ed8cea448e0ec2fd0a4b30a0dea8c5ef082

大量に廃棄される衣料品をリサイクルする目的で開発された「デニムでつくったサングラス」。つけ心地も好評のこのアイテムは、まさに「着るサングラス」。

この夏、ファッションのポイントに取り入れてみるのもいいかも。

Cdb69ea58e47324f92c82bf1a38eaa89a0f7bb14

05.
夜には一変
「ある家電」の一部が
街をキレイに彩る!

E8bc63d4e6183fa64bf7329dd8607cc471d4cee7

通りの頭上にセットされた、大きめの「電球」。じつはこれら、壊れて使えなくなった「ある家電」を再利用してつくられているんです。銀色のボディは、どこか見覚えがある人も多いはず…。

そして、昼間の味気ない風景は、夜になると一変。夜空を鮮やかに彩るんです。この物体の正体とは?

→詳しい記事はこちらから。

06.
家の材料はなんと
1万本以上の「ペットボトル」

7ad907cdd94e7ff0e29950bc28af47de6fac17c9

世界中で、年間約2.66兆本も消費されるというペットボトル。なんとか再利用しようとつくられたパナマの「ペットボトルハウス」は、すでに120戸以上も建てられ、村と呼べるほどのコミュニティになっているのだそう。

驚くべきは、その快適さだと言います。気温面や耐震性についても意外な力を発揮するのだとか。

→詳しい記事はこちらから。

台湾の台北市の高架下に設置された、長いパイプ状のユニークな遊具。この遊具の材料には産業廃棄物として出た鉄材や、廃タイヤなどが利用されているとのこと。なんだ...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
世界大会をじつに11回も制した、サーファー界の生きる伝説ケリー・スレーター。彼が立ち上げたファッションブランド「Outerknown」、オシャレなことは言...
日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされ...
世界中に溢れるゴミをなんとか有効活用できる方法はないものだろうか?なかでもプラスチックは自然にも還らず、海を漂い、プランクトンが食べることによって食物連鎖...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
食べ残しなどから堆肥をつくれる「コンポストボックス」の進化版が開発されました。生ゴミや動物の糞から出る「バイオガス」を抽出し、キッチンのガスコンロで利用で...
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
様々な形でリサイクルされているペットボトルですが、「家づくり」にも使われていることを知っていますか?パナマのボカス・デル・トーロにあるコミュニティでは、す...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
「Zostera」という名のこのスツール。座面に使われている素材は、なんと海草。しかも、日本の水辺にも生息するあの「藻」だとか。 毎年、北海に面したドイツ...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
デンマークの首都コペンハーゲンに食産業の異端児がひっそりと佇む。ヨーロッパで初めての、「ゴミ」を食材として利用するレストラン。いかにもデンマークらしい、自...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
和紙や木の薄皮にも見えるこの素材、実は肉!しかも、賞味期限が過ぎたもので作られているんです。これはベルギー人デザイナーのIssac Monteさんが始めた...
いまやビールに求められるものは、のど越しよりも、ワインでいうところのテロワール(産地の個性)や、つくり手のアイデンティティのようなもの。クラフトのなかでも...
2015年9月27日、第21回締約国会議(COP21)が行われた国連の昼食会の場で、世界の指導者たちに「ゴミ」が振る舞われたと話題になっている。“埋め立て...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...