「排出物ゼロ、廃棄物ゼロ、貧困ゼロ」究極のエコ・リゾートがフィリピンに

現在フィリピンの海は、過度の漁獲量、観光地化、プラスチック廃棄物や有毒製品による大規模汚染などによって深刻な脅威にさらされている。サンゴ礁が死にマングローブが破壊されて、魚や他の海洋生物が危機に直面しているという。

そんな背景から、フィリピンのパラワン島に建設予定のリゾートホテル「ノーチラス・エコリゾート」は、排出物ゼロ、廃棄物ゼロ、貧困ゼロという徹底的にエコなコンセプトが設定されている。しかし、特筆すべきはそのユニークな形。「ここは、一体どこ?」と呟いてしまうほどに異次元な空間だ。

世界でいちばん美しい島に
ふさわしいデザイン

F7fc409c9c05b33cb7e663356f6a598ac8e78c8c

フィリピンのパラワン島といえば、よく「世界でいちばん美しい」とキャッチフレーズがつく島。その地にふさわしい建築デザインを手がけたのは、ベルギー生まれで、パリを拠点に活躍する建築家ヴィンセント・カレボー率いるヴィンセント・カレボー・アーキテクト。

巻貝をイメージさせる白を基調としたホテルや、回転する構造のユニークなアパートメント・タワー。まるで渦を描いて並んでいる斬新なレイアウトは、フィボナッチ数列という黄金比に基づいているのだとか。ちなみにこの黄金比、人間が美しいと感じる比率なのだそう。

9fe1daeb77da6ee64b3d980977e09f01c708d422

リゾートは、500人以上が滞在できるようにデザインされている。

F149f1372b45b968839e6cda0838cda0f1315b49

太陽に合わせて回転する住居用のアパートメント・タワー。建物にいながら、日光浴が楽しめるつくりとなっている。

6d4e414ad764ec40d58372d43267994068cc3dc2

近未来的で、流線的な構造は、まるで宇宙船の中を歩いているような印象を与える。

B3dd51f5bd54c1114f46a66f638aeedab7e558a5

エコ・リゾートらしく緑も豊富だ。中央部にあるのは、山をモチーフとした建物。

31bb81e6f58e3e3c5b09d78b40afda74fc863362

水辺にはリラックスできるスペースが点在している。ゆったりと過ごすには、もってこいだ。

41df485a1c6671af99f23ff90fee565295097c8e

じつは、山をモチーフにした建物の中はプール。1日遊んでも飽きることがないくらいに広い。

9405b9218ddbeb63d6d4bd981c589c3be7906def

ところどころにあるラウンジスペースもリゾート感たっぷり。この空間で時間を過ごせば、誰もが「帰りたくない」と思ってしまうことだろう。

2d716803d14e6aa91d92cec88570ffce7899213b

ホテルのゲストルーム部分は、巻貝をモチーフとしてデザインされたようだ。貝の中で過ごせるとは、なんとも幻想的。

8fec5b71ea78e8e7f50884ab3c40866c2f636aab

ゲストルームの内装デザイン。モダン、かつ、センスのいい空間は、どこまでも開放的な気分にさせてくれるはず。

これ、素材のほとんどが
リサイクル品

斬新なデザインに圧倒されるが、それ以上に驚かされるのは、素材のほとんどがリサイクル品を使用して設計されている点。このノーチラス・エコリゾートは、総面積が27,000㎡もあるそうだが、徹底的に環境に配慮したリゾートとなっている。

リゾートとリサイクル品って、あまり結びつかなかったけど、このカップリングこそ、今後のスタンダードになっていくかもしれない。

Licensed material used with permission by Vincent Callebaut Architectures
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
UAE(アラブ首長国連邦)の南部「リワの砂漠」に、巨大なソーラーパネルを設置した星型の施設ができるそう。その名も「オアシス・エコリゾート」。2020年のオ...
家庭内のごみを極限まで出さない「ゼロ・ウェイスト」という考え方がアメリカ・カリフォルニアをはじめ、フランス・カナダなど世界的に注目されています。ごみを捨て...
断捨離のさらに上をいく「ゼロ・ウェイスト」。家庭内のごみを極限まで出さないという発想から生まれたシンプルライフです。『ゼロ・ウェイスト・ホーム』の著者であ...
死ぬまでに一度は行っておきたい。そう思えるホテルが世界中にはいくつも存在します。ここで紹介するのもそんなホテルの中の一つ。タンザニアのペンバ島に存在する「...
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた、砂漠のオアシスー。アラブ首長国連邦・アブダビに位置する、世界最大の砂漠として有名なリワ砂漠を車で走り続...
世界中で注目されている、家庭内のごみを極限まで出さないことを意識した「ゼロ・ウェイスト」は、まさに究極のシンプルライフ。ベア・ジョンソンさんの著書『ゼロ・...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
「この島で彼と生きてゆけば、私は絶対に幸せになれる」そんな直感に突き動かされ、日本での何不自由ない生活を捨て、世界最貧困レベルに属するフィリピンの小島へと...
10月25日より、3日間の日程で来日中のフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領。麻薬撲滅戦争を掲げ、今年6月30日に就任以降も、歯に衣着せぬ物言いで存在感...
2017年5月11日。フィリピンのリゾートビーチに突然姿を現したのは、全長3メートルにも及ぶ巨大なクジラの「死体」。苦しそうに開かれた口からは大量のゴミが...
紅葉もいいけれど、それ以外の「秋」の自然の楽しみ方として「のこのしまアイランドパーク」のコスモス畑を紹介する。ビビッドなコスモスと海のブルーが見事なコント...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売...
三角形のタイルを踏むことで起こる、運動エネルギーを電力に変える床発電システム。クリーンエネルギーを自らの力でつくり出すという、究極のエコ道路が世界に広がり...
ジョージア(旧グルジア)とロシアの国境をまたぐ、コーカサス山脈に位置するGudauri山は、隣国からスキーリゾート客が訪れる冬場の観光地らしい。この山の中...
「本気で英語を身につけよう」と、有給休暇をつかって海外へ語学留学をするビジネスパーソンが増えているそうです。でも、アメリカやイギリスといった英語ネイティブ...
いまやビールに求められるものは、のど越しよりも、ワインでいうところのテロワール(産地の個性)や、つくり手のアイデンティティのようなもの。クラフトのなかでも...