「廃棄されたベーコン」が花瓶やランプに。これが、アーティストからの問題提起のカタチ

和紙や木の薄皮にも見えるこの素材、実は肉!しかも、賞味期限が過ぎたもので作られているんです。

食品廃棄に警鐘を鳴らすアート

Medium c9f22da427345c7f0a4fc1085e007d1cf8545641

これはベルギー人デザイナーのIssac Monteさんが始めた「The Meat Project」。スーパーから廃棄された肉を使い、素材を抜き出し違った枠組みで捉えるという試み。

科学の力を借りたユニークな制作過程

まずはスーパーから賞味期限が過ぎたベーコンなどを集め、研究室で脱細胞化を行います。これは最新の細胞再生研究に用いられている手法。このプロセスを経た肉は細胞の中がからっぽになり、透き通った白い色へ。大理石のような見た目で、ゴムのような触感になるんだとか。

Medium 1c56cfff7b23eafcc46704755f4380aeacb48407Medium 03a538da83b84e57cbdecbf05b7330482a242562Medium 893a6421b4f3043446dd796059b33354a6390570Medium 692d392d4771e56884961caa5429f728bf455447

そして作りたいものの形に成形すれば…

Medium a1d3b1b5070591833e923aca9a0d5526d395931b

この通り!

Medium 15ba61060b9aabb3d7432059ef95e317d3c76122

ライトの形は肉に棲んでいる大腸菌からインスパイアされたもの。肉を悪くしたり感染症を引き起こすこの菌を使うところ、彼の皮肉なのでしょうか。

生産、流通、消費など、食肉にまつわる問題への認知度を高め、これまでのやり方を変える必要があることを知らせたいという考えからこのプロジェクトをスタートしたというMonteさん。

肉の見た目や形を変えず、細胞を抜いただけでまた違う用途にーー。食品リサイクルの新たな形は、アートなのかもしれません。

Licensed material used with permission by Isaac Monté
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
2016年3月22日、スターバックス社が売れ残った食品を寄付するプログラム「FoodShare」の開始を公式リリースで発表しました。安全な食料の廃棄を削減...
「窓に貼るフラワーベース」というコンセプトの「+d Kaki(カキ)」は、宙に浮いた状態で花を生けることができる不思議な花瓶。今までは「置く」ことしかでき...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
法案は「全会一致」で可決。2016年2月5日、フランスは世界で初めてスーパーマーケットに対し、売れ残り食品の廃棄を法的に禁ずる国となった。今月5日から、廃...
2016年5月10日、NYのユニオン・スクエア・パークで開催されたとあるフードイベントで、5,000食のランチが無料で振る舞われたそうです。調理を指揮した...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
2016年2月22日、デンマークの首都コペンハーゲンにオープンした、賞味期限切れの食品を専門に扱うスーパー「Wefood」が話題を呼んでいます。通常のスー...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
食品ロス削減に向けた大胆な施策が続くフランス。2015年5月、満場一致で可決されたのが、スーパーマーケットの食品廃棄処理を禁止し、売れ残りの食品を慈善団体...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
2008年。米・大統領選のシンボルとなった「HOPE」ポスターを作成した、グラフィティ・アーティストのシェパード・フェアリー氏。このポスターは、オバマ前大...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
2015年4月に登場したファレル・ウィリアムスとadidas Originalsとのコラボレーション企画「Supercolor」。50色展開のSupers...
弾けるような躍動感がある、ペイント。実はすべてコーヒーで描いているそう。ドイツ出身のDianaさんが描くアーティスト達は、それぞれの人物が放つオーラまで再...
フランスを中心に欧州で拡大しつつある、売れ残り食品廃棄禁止への気運。しかし、ここで紹介するのは、新興国でのお話です。舞台はインド南部。主人公の女性は、欧州...