このアプリを使うと「自転車通勤手当」がもらえる!?

日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。

そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇される傾向にあるそう。さらに、そういった動きを後押しするアプリが「ByCycling」。

働く人たちへの「愛」が
詰まったアプリ 

Ac4f2f6f15eeba8d00a630279bfb0296fe223243

この「ByCycling」は、自転車通勤する人の走った距離と、それに応じた通勤手当を割り出してくれる、というアプリ。

使い方は簡単。アカウントを作ってGPSをオンにするだけ。あとは自転車に乗っている時のスピードを検知してくれるので、ボタンを押すなどの作業は必要ありません。そして、自動で通勤手当を割り出してくれるのです。

アプリ開発者のJose Diazさんはこう語ります。

「僕たちは、自転車通勤が運動にピッタリだと考えています。サイクリングは排気ガスも出ないし、最もコストがかからない交通手段のひとつです。このアプリがあれば、自転車通勤をする人が増えるでしょうし、生活リズムの改善を手助けできるでしょう」

平均して、5,500円

B170df442cbd886b6ea2d88317cf5521bad5dbb1

Fast Company」の記事によると、オランダの「Acato」という会社がこのアプリとシステムを導入していて、全社員45人のうちの約1/3が自転車で通勤をし始め、月平均$50(約5,500円)を通勤手当として受け取っている、とのこと。

Fdd995696b1ce73de97c0ecaec8f1ed9ff26cbfe

これまでも、自転車通勤を後押しする取り組みはたくさんありましたが、交通費を割り出すアプリまで採用されたのは、おそらくオランダが初でしょう。

ちなみに、ぼくも自転車通勤派。というよりも、電車がダメなんです。だからこそ、このシステムが早く日本にも導入されてほしい!と思いながら、今日もペダルを漕ぎます。

Licensed material used with permission by ByCycling
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
毎日使う目覚まし時計に、こんな機能があったら便利。「Snorelax」は、数ある交通情報アプリの中でも通勤ルートに特化したもの。こんなサポートをしてくれま...
通勤時間を有効に使いたいーー。本を読んだり勉強するのは一般的ですが、新たに「体を鍛える」という選択肢が加わるかもしれないのがロンドン。ジムを備えたバス「R...
京急電鉄初の上り“着席保証列車”が登場し、話題になっています。こと首都圏において、朝の通勤電車は座席に座れないどころか、立っているのもやっと…。そんな中で...
アムステルダムといえば、ヨーロッパ有数のトラム網が整備された街。最近、そんな市民の足にある変化が起きているのだそう。実は車内に、「ワニのステッカー」が登場...
少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶ...
いま、アーロン・プジーという男性が、自転車でイギリス縦断の旅をしています。彼は2016年5月8日にスコットランドの最北端、ランズエンド岬をスタートして、8...
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...
自転車の交通ルールは、2015年6月に道路交通法の罰則規定が強化され、3年以内に2回以上危険行為を繰り返すと、都道府県公安委員会から自転車講習を受ける命令...
もしも、音を描くことができたなら…。音を生み出すのに必要なのは、指先だけ。だれもが直感的に「音楽をつくる楽しみ」に出会える音楽アプリが誕生しました。専門的...
ヨーロッパ最大の「出前サービス」を提供するDeliveroo社の調査によると、イギリスの各家庭には、まったく使われていないキッチンツールが平均34個も眠っ...
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
「Monkey Light Automatic」は、自転車のスポークにLEDライトをつけて走ると、光の残像が弧を描き、その点滅をコントロールすることで、映...
自転車は身近な乗り物であり、生活に欠かせない人も多いでしょう。そんな自転車が夢の中に出てきたら…それは自分にとって大きな意味があります。自転車の状態や状況...
軽くてコンパクトに折りたためて、ほぼ充電いらず。さらに、電動自転車には見えないスリムなデザイン。そんな、かゆいところに手が届きまくっている「VELO BI...
普段、何気なく使っているスマホやラップトップ。そのほとんどがWi-Fiに接続されていますが、当然そのネットワークの形は見えません。しかし、その姿を可視化し...
教育は、未来をつくります。貧困のなかに生まれた子どもが教育を受けられないと、貧しさが代々受け継がれる「貧困の悪循環」に入ってしまいます。適切な教育を受ける...
いま、神戸市在住の“とあるサラリーマン”が大きな注目を集めています。大島義史さん、31歳。実は彼、2015年12月末から2016年1月中旬にかけて、かねて...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
そう聞くと、「ニコニコ動画」や「ツイキャス」と何が違うの?と考える人もいるはず。でも、「Fanify」には2つの大きな差別化ポイントが。このアプリを使えば...