ダイソンが「照明」をつくると、こんな製品が生まれる。

同社の掃除機や空調家電は、知らない人を探すほうが難しいくらいの知名度。でも、「照明」の存在を知っている人は、意外と少ないのでは?恥ずかしながら、かくいう自分だってつい先日知ったばかり…。

想像通りですが、ハッキリ言ってそれなりに高額です。でも、そんな強気の価格設定の裏にどんなこだわりがあるのか興味をそそられました。

これまでとは異なる
無機質なデザイン

Medium a2192962ea4c07ed1f8264b65f62097ab85ddef7

まずはビジュアルから。どこか「製図の平行定規」を連想させるシンプルなデザインは、どちらかというと男心をくすぐりそう。さらに、これまで同社製品で多用されてきた青やピンクなどの差し色がなく無機質な雰囲気となっている点も、男性に向けられたアイテムである印象を強めている気がします。

ポイントは
独自の冷却システム

Medium b4ff30f63a445d8b8d19000928947ff591f12a8e

性能面に移りましょう。

どうやら、最大のこだわりは「長寿命」。それを実現するのが、同社独自のヒートパイプテクノロジーなるもの。真空密封された銅管がアーム部分に組み込まれており、その中に入れられた一滴の水がアルミニウム製のヒートシンクを通って熱を放散させる仕組み。 

「あらゆるデザイナーたちがLEDの冷却を目指してきましたが、十分な成果が出ていません。そのため、LEDの明るさは徐々に減退していくことに。しかし、私たちは効果的な冷却システムを備えた『LED照明器具』を開発し、最大144,000時間の長寿命を実現したのです」

と、製品の生みの親であるジェイク・ダイソンは胸を張ります。ちなみに彼は、かの有名なジェームズ・ダイソンの長男にあたる人物。

Medium 9b14d80e267b28d546eab2d2d477e03dd3984009

独自の冷却システムがあるからこそ、強力な光で、必要な範囲を正確に照射可能。とはいえ、LEDは一つひとつ固定されて円錐状の半斜体に収められているため、まぶしさを感じないのだとか。

Medium 03d77b5097dde24c8b6452c0dfc2b2d8a2c3f8b8

ライトは2種類の色温度からチョイス。くつろぎを与え、温かみのあるリラックス空間には「dyson csys」、オフィス空間や家での作業用には「dyson csys 4k」、といった使い分けを。デスクタイプとベッドサイドなどに固定するクランプタイプの価格は69,120円(税込)、リビングタイプは109,080円(税込)。

掃除機にはじまり、独自のアイデアと確かな技術力で、オリジナルな製品を生み出し続けるダイソン。今後も、新たな分野の開拓で私たちに驚きを提供してくれるかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Dyson
月明かりで生活できたなら…、そんなロマンチックな夢を実現したムーンライトがあります。このおぼろげな明かりをまずはその目で確かめて。夜空の月明かりをそのまま...
スピルリナとは、藍藻の一種。大豆より豊富なタンパク、およそ30種以上のミネラルなど、人間にとって必要な栄養素がぎっしり。スーパーフードとしても注目を集め、...
お値段199ドル、日本円にしておよそ2万2,000円。あえて価格から紹介するのも、この手の海外モノの照明にしては、かなりコストパフォーマンスが高い方だと思...
「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」を武器に、世界を席巻中のダイソン。2015年10月23日(金)、同社の新製品となるロボット掃除機「ダイソン 36...
重力に逆らい、バランスを保ったように見えるテーブルランプ。普通に考えるとあり得ない光景が、見ているこちらに不思議な感覚を呼び起こします。って、これを見て、...
スマホサイズのコンパクトさ。太陽光で充電できるため、コードレスですっきり。こんな間接照明、待ってた人も多いのでは?この「Ellum Solar」は、なんと...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp世界的な建築家と数多くのプロジェクトを作りあげてきた...
一見すると、本や手帳のよう。でも、開くとマジックのように幻想的な光が広がる。生まれたのは、これまでになかった“まったく新しい照明”です。この「ルミオエスエ...
物思いにふけりたいとき、ふと夜空に浮かぶ月を見上げることがあります。その明かりがロマンチックなだけでなく、こちらの悩みを吹き飛ばして安心感を与えてくれる気...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
もしかすると、テレビやスマホで翌日の天気をチェックする時代は、もう終わろうとしているのかもしれません。この長方形の箱の正体は、ビジュアルで天気を教えてくれ...
撮影用やおもちゃ感覚で、量販店でも買えるようになったからといって、日常の生活のなかにドローンが浸透している人は、まだごく一部の人にすぎません。もちろん不要...
日本において約1,400年の歴史を持つ「瓦」は、単に風雨から建物を守るための手段ではなく、他では生み出せない独特の銀色が魅力。強さと美しさを兼ね備え...
食卓には欠かすことの出来ない器の存在。ひと口に、器、といっても、手触りも、重みも、質感も、色味も、ほんとうにいろいろとあって、どれを買ったらよいのか迷いま...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
LEDと比較すると、消費電力が少ないわけでも寿命が長いわけでもない。普通に考えれば、そんな照明は市場から淘汰され、購入の選択肢にはなり得ないもの。にもかか...
台湾やタイ、ベトナムなどで開催されるフェスティバルが一大コンテンツとなっているように、ここ数年で急激に注目度を高めている「ランタン」。そのやさしい光を空に...
一般的に、掃除機であれ何であれ、電源コードは邪魔者扱いされる存在だ。できれば表に出したくないし、なんならコードレスな商品自体を求めたりも。でも、ここで紹介...