本を開くと明かりがつく!「ブック型ライト」が素敵

一見すると、本や手帳のよう。でも、開くとマジックのように幻想的な光が広がる。生まれたのは、これまでになかった“まったく新しい照明”です。

あらゆるシーンに合わせて
色々なカタチに変化!

B6f1e54b54486d6fc6229373b2c1e973cd0f8269

この「ルミオエスエフ」は、繊細なレーザーカットが施された「木の表紙」と、高性能LEDを搭載した耐水性のあるタイペックを使用した「シェード」で構成された、本型の充電式ポータブルライトです。

04b87a20a173827b7363b92c647d093933a9720d

付属のパーツを使えば、360度に広げて立てて使用することが可能。また、内蔵の磁石により金属の平面に取り付けることもできます。

つまり、あなたのニーズに合わせて“変幻自在”。屋外でのパーティーや子どもへの読み聞かせなど、多くのシーンでエレガントな灯りを提供してくれるでしょう。

Be722ceca1fbd8ecee5194e6c6ecbcd6e6c2bc3fA8b260a7e0c0493443e3a79e9c1bafa8e3e160c631ff47ac327db87cdd6dd9b36318201a38f4480f6f7f5125623f50c6e2ca456e7c92a658b2004af2

本を開くとLEDライトが点灯、閉じると消灯する簡単操作。ライトはUSBで充電可能です。

2色展開
価格は29,600円(税別)

C7c1ae1f1b5a063a4d764a3beda85c864d8a681c63c4901bb4282d30d7c644bf0e0fc6e81ff43e36

価格は29,600円(税別)で2色展開。ちなみに、一回りコンパクトなサイズの「ミニ・ルミオプラス」(22,600円・税別)も発売中です。ぜひ以下の動画で、使用のイメージを膨らませてみて!

Licensed material used with permission by ARK TRADING ,INC.
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...
月明かりで生活できたなら…、そんなロマンチックな夢を実現したムーンライトがあります。このおぼろげな明かりをまずはその目で確かめて。夜空の月明かりをそのまま...
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
スピルリナとは、藍藻の一種。大豆より豊富なタンパク、およそ30種以上のミネラルなど、人間にとって必要な栄養素がぎっしり。スーパーフードとしても注目を集め、...
「Monkey Light Automatic」は、自転車のスポークにLEDライトをつけて走ると、光の残像が弧を描き、その点滅をコントロールすることで、映...
お値段199ドル、日本円にしておよそ2万2,000円。あえて価格から紹介するのも、この手の海外モノの照明にしては、かなりコストパフォーマンスが高い方だと思...
「CoolBookmarks」は、本を愛するクリエイター「Lena and Dmitriy」がつくったブックマーク。読書好きの人にピッタリかもしれません。...
本の楽しみ方はさまざまだ。中の情報を消費するのは当たり前。メッセージを込めたプレゼントとしても優秀。そして何より、こだわり抜かれた装丁は、インテリアとして...
ラトビア出身の女性アーティスト、アニコ・コレスニコヴァが、ポリマークレイや石、鉄、金などを使って手作りした「ブックカバー」が凄い!細やかな装飾が施されてお...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
必ずしもそれだけが「おしゃれな部屋」の定義ではないんだけど、間接照明と観葉植物のセレクトには、なぜだかこだわりが抜けない。本当ならば陽の光をいっぱいに浴び...
サラダを入れてランチに、はたまた小物を入れたり。1つあったら大活躍のメイソンジャーに、新しい用途が生まれちゃいました。ほっこりな気持ちにしてくれそうな明る...
同社の掃除機や空調家電は、知らない人を探すほうが難しいくらいの知名度。でも、「照明」の存在を知っている人は、意外と少ないのでは?恥ずかしながら、かくいう自...
ブルックリンで、ありそうでなかったテラリウムを見つけました。ガラス内のグリーンをふんわり照らす「照明付テラリウム」です。NYを拠点に活動するRichard...
バレンタインデーに合わせた企画として、香港でステキなLEDの光のバラが咲いています。Instagramにアップされた写真だけでも、うっとりするようなロマン...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
139ユーロ(約1万8千円)で資金調達中の「COVI」は、音声操作機能を搭載したデスクライト。話しかけるだけで、点いたり、消えたり、音楽を流したり、質問に...
広い庭を持てない都心のマンション暮らしの人が、家庭菜園を営む。ベランダでは言わずもがな、LEDを利用して屋内でも野菜やハーブを栽培するようなライフスタイル...
重力に逆らい、バランスを保ったように見えるテーブルランプ。普通に考えるとあり得ない光景が、見ているこちらに不思議な感覚を呼び起こします。って、これを見て、...
気になったことを忘れないように書き留めておく。そんな本来の役割を全うするだけなら、何もこんなサイズである必要がない。だからこれは、インテリアとして飾るため...