「月」をそのまま照明にした、インテリアが美しい

月明かりで生活できたなら…、そんなロマンチックな夢を実現したムーンライトがあります。このおぼろげな明かりをまずはその目で確かめて。

夜空の月明かりを
そのまま間接照明に

夜空を見上げて月を見るだけで、どこか不思議な安堵感やロマンチックな気分を感じる人も多いもの。古来より、月は神秘の象徴です。
この月の魅力をそのままミニチュアサイズに模したのが、球体型のランプ「Luna」。夜空から、そのままあの優しい明かりを「間接照明として部屋の中に」というのがコンセプト。台湾のデザインチーム「Acon Studio」が制作しました。

心を照らす
自分だけの月明かり

IMG_2355

モノゴトが上手くいかず、むしゃくしゃすることがあります。そんなとき夜空を見上げることがあるでしょ?でも、このライトがあれば、部屋にいながらにして気持ちを落ち着かせたり、思索にふけったりもできる。どんなにイライラしていても、優しく、暖かく、そっと心を包み込んでくれるよう。月の持つ不思議な魅力って、そんなところにあるのかも。

「私たちの生活空間は、その時の心理や感情によって明るさにも大きく影響を与えます。私たちはずっと、人と空間との相関関係を模索してきました」

CEOのAngus氏をはじめAcon Studioスタッフの想いが、このミニチュアの天体に内包されている。なんだか、そんな人の優しさを感じさせる明かりに見えてくるから不思議なんです。

電気を消して
お風呂に浮かべたり

IMG_8086

ガラス繊維とラテックスゴムを組み合わせることで、月面の複雑な表情を巧みに再現した「Luna」。手のひらに乗る3.2インチのサイズから、大きいものはリビングの床に間接照明として直接置けるもの(23.6インチ)まで。いずれもハンドクラフトのため、クレーターの文様が若干、違うのもミソだとか。
ローソクの 炎(1ルクス)ほどの明かりから、本が難なく読める程度の明るさ(5ルクス)まで調光が可能です。気分に合わせて月光を変えられ

さらにはこんな使い方まで。
例えば、真っ暗なお風呂にLunaを浮かべて楽しむことも?公式サイトのFAQには、「ブラシを使って水洗いしてもOK」と、優れた耐水性を紹介しています。リラックスできることこの上なしですね。

出資開始から1週間で
およそ2,000万円獲得

IMG_2379

すでにコンサート会場やミュージックビデオなど、一部商業利用を開始しているLuna。2016年春の発売を目指して、クラウドファウンディング「indiegogo」より、9月1日に出資者募集を開始したばかりなんです。これが、わずか1週間あまりで目標額の半分に届こうかという、160,000ドル(約1,925万円)を集めてしまう人気ぶり。現在、ハロゲン電球からLEDへのグレードアップ資金を得て、急ピッチで調整中だそう。

部屋にいながらにして、好きなときに月を愛でる。コレは素敵でしょ!

Licensed material used with permission by ACORN Studio , BACKER-FOUNDER

スピルリナとは、藍藻の一種。大豆より豊富なタンパク、およそ30種以上のミネラルなど、人間にとって必要な栄養素がぎっしり。スーパーフードとしても注目を集め、...
重力に逆らい、バランスを保ったように見えるテーブルランプ。普通に考えるとあり得ない光景が、見ているこちらに不思議な感覚を呼び起こします。って、これを見て、...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp世界的な建築家と数多くのプロジェクトを作りあげてきた...
お値段199ドル、日本円にしておよそ2万2,000円。あえて価格から紹介するのも、この手の海外モノの照明にしては、かなりコストパフォーマンスが高い方だと思...
物思いにふけりたいとき、ふと夜空に浮かぶ月を見上げることがあります。その明かりがロマンチックなだけでなく、こちらの悩みを吹き飛ばして安心感を与えてくれる気...
同社の掃除機や空調家電は、知らない人を探すほうが難しいくらいの知名度。でも、「照明」の存在を知っている人は、意外と少ないのでは?恥ずかしながら、かくいう自...
スマホサイズのコンパクトさ。太陽光で充電できるため、コードレスですっきり。こんな間接照明、待ってた人も多いのでは?この「Ellum Solar」は、なんと...
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
日本において約1,400年の歴史を持つ「瓦」は、単に風雨から建物を守るための手段ではなく、他では生み出せない独特の銀色が魅力。強さと美しさを兼ね備え...
もしかすると、テレビやスマホで翌日の天気をチェックする時代は、もう終わろうとしているのかもしれません。この長方形の箱の正体は、ビジュアルで天気を教えてくれ...
一見すると、本や手帳のよう。でも、開くとマジックのように幻想的な光が広がる。生まれたのは、これまでになかった“まったく新しい照明”です。この「ルミオエスエ...
本当です。たった9秒で終わるので、以下の動画をチェックしてみてください。そう、リングの中央に指を置くと、影がそのまま時刻を示す仕組み。なんとも幻想的な時計...
広い庭を持てない都心のマンション暮らしの人が、家庭菜園を営む。ベランダでは言わずもがな、LEDを利用して屋内でも野菜やハーブを栽培するようなライフスタイル...
月のサイズは直径約3,500キロメートルあると言われています。地球の約4分の1ほどですが、これがもし別の惑星だったらと考えるとどんな様子が思い浮かぶでしょ...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
夜に空を見上げれば、いつでもすぐそこにある月。とっても身近な存在ですが、本当はどれくらいの大きさか、すぐに答えられますか?身近だけど意外に知らない、月にま...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
撮影用やおもちゃ感覚で、量販店でも買えるようになったからといって、日常の生活のなかにドローンが浸透している人は、まだごく一部の人にすぎません。もちろん不要...