「照明であそぶ」なら、こういうものがオススメです!

お値段199ドル、日本円にしておよそ2万2,000円

あえて価格から紹介するのも、この手の海外モノの照明にしては、かなりコストパフォーマンスが高い方だと思えるから。ちょっと気の利いたアートフレーム買うよりも、楽しそうだけどなぁ。

どう組み合わせ、照らす?
演出は自分次第の
モジュール型ライト

73b95217b14f79c92fb42b34a1555e88c0907243

LED照明「Aurora」は、三角形のパネルを自分の好きなようにつなぎ合わせてデザインするモジュール型の壁掛けライト。それぞれのパネルはチップで連動していて、色や光量を自在に変化させて楽しむことができる。

6eac7167415d75548c23a6fe7463bd1d99f3b6db39adcdc04e5e63e415a2040a963dc7219d07810e495d724709fc35886c135b1a73e553e94e5def1d

自宅でもオフィスでも、設置する部屋の環境に合わせてカスタマイズできるから、単なる照明としてでなく、壁を演出するインテリアツールとしても機能する。ちょっとイイでしょ。

パターンは百万通り以上!?
スマホで一元管理

5e2c58336decb85f5513678363f15ce4eb3dd9b374cc22d56eba7a47c5fede3f3408d8f5a337496b

色調や明るさは、スマホを介して操作していくんだそう(iOS、Androidともに対応)。色のパターンから点灯、点滅のしかた、果てはグラデーションに至るまで、およそ百万通りから、自分のお気に入りを見つけたり、カスタムしていく作業も間違いなく楽しいはず。

部屋の壁は変わらなくても
照明の形と色は変えられる

C9e4e1fb6ac3b43608180bee0f578e1c0482e399

家具のレイアウトを変えるだけで、それまで収まりの良かったはずのものが、急にいびつに見えることがある。引っ越しは尚更。その点Auroraであれば、その場にフィットするように形も色もイチから変えるだけ。なんなら、上の写真のように壁と天井をつなげたってOK。

そんなふうに考えたら…あれ、意外と長く付き合えるかもしれない。

ベースキットは、パネル9枚とコンセントにつながるプラグ入り。日本への発送もしてくれる。さらに拡張させたい場合は、3枚入りのエクスパンションバージョンが59ドル(約6,600円)で展開中。

こういうの好きな人は、こちらから。

Licensed material used with permission by Nanoleaf
月明かりで生活できたなら…、そんなロマンチックな夢を実現したムーンライトがあります。このおぼろげな明かりをまずはその目で確かめて。夜空の月明かりをそのまま...
スピルリナとは、藍藻の一種。大豆より豊富なタンパク、およそ30種以上のミネラルなど、人間にとって必要な栄養素がぎっしり。スーパーフードとしても注目を集め、...
重力に逆らい、バランスを保ったように見えるテーブルランプ。普通に考えるとあり得ない光景が、見ているこちらに不思議な感覚を呼び起こします。って、これを見て、...
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...
同社の掃除機や空調家電は、知らない人を探すほうが難しいくらいの知名度。でも、「照明」の存在を知っている人は、意外と少ないのでは?恥ずかしながら、かくいう自...
スマホサイズのコンパクトさ。太陽光で充電できるため、コードレスですっきり。こんな間接照明、待ってた人も多いのでは?この「Ellum Solar」は、なんと...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp世界的な建築家と数多くのプロジェクトを作りあげてきた...
139ユーロ(約1万8千円)で資金調達中の「COVI」は、音声操作機能を搭載したデスクライト。話しかけるだけで、点いたり、消えたり、音楽を流したり、質問に...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
物思いにふけりたいとき、ふと夜空に浮かぶ月を見上げることがあります。その明かりがロマンチックなだけでなく、こちらの悩みを吹き飛ばして安心感を与えてくれる気...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
一見すると、本や手帳のよう。でも、開くとマジックのように幻想的な光が広がる。生まれたのは、これまでになかった“まったく新しい照明”です。この「ルミオエスエ...
最近、サンセットを目にしたのは果たしていつだっただろうか?たまにはビーチに出かけたりして、地平線に夕日が沈むのを眺めながら、ボッーとする時間が必要なのはわ...
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
撮影用やおもちゃ感覚で、量販店でも買えるようになったからといって、日常の生活のなかにドローンが浸透している人は、まだごく一部の人にすぎません。もちろん不要...
もしかすると、テレビやスマホで翌日の天気をチェックする時代は、もう終わろうとしているのかもしれません。この長方形の箱の正体は、ビジュアルで天気を教えてくれ...
気になったことを忘れないように書き留めておく。そんな本来の役割を全うするだけなら、何もこんなサイズである必要がない。だからこれは、インテリアとして飾るため...
広い庭を持てない都心のマンション暮らしの人が、家庭菜園を営む。ベランダでは言わずもがな、LEDを利用して屋内でも野菜やハーブを栽培するようなライフスタイル...