「若者のファストフード嗜好に喝!」から生まれた傘立てがコチラ

傘をさすのが嫌いな人って、私だけじゃないと思う。使い終わったのを乾かすのが面倒だし、畳んだとき足元に雫が落ちるのもイヤ。でも、この傘立てはその雨粒を思いもよらぬ方法で有効活用してしまうから驚きだ。

ムダになる水は全て
野菜の栽培に使っちゃおう

1e4bc6a6222e206d1a0f54e286caa6a02689d2ce

ロンドン芸術大学のひとつであるセントラル・セント・マーチンズに通うJean Huangさんによってデザインされたこの傘立て。なんと水の滴る先に鉢植えが設置できる。

傘の雨水が垂れると下の植物に自動的に水をやれるという合理的かつ「そこまでするか!(笑)」な仕組み。「傘を乾かしつつ野菜を育てられる」との謳い文句だけれど、本当にこれで野菜が?まぁ、ハーブとかをちょこっと育てるのにいい大きさではある。

4b60ca4143f87ed0826199a1ce54bc80ff759855

傘をかける部分は照明にもなるので、玄関を照らすオブジェとしても使用可能。正直に言うと、傘についた水で野菜を育てるなんてちょっと…と思ってしまったけど、野菜に限らず花などを植えれば憂鬱な雨の日にも家に帰って水をやれるのが楽しみになりそう。

ところで、なぜこんなものを思いついたんだろう?

若者への「熱い想い」を具現化

A2ec0d2874a36e3556b09705a9d90817244ab220

実はもともと、このプロジェクトはロンドンのファストフード嗜好、特に便利さと値段に惹かれる若者たちに焦点を当てたものだったそう。彼らへの「自分で野菜を育てて食べよう」という訴えから発想に至った。

傘立てに行き着くまでにも、構想段階では色々なデザインが検討されていた模様。ランプの形から、手を洗った時の水を払い飛ばして野菜に当てるというなんとも面白いものまである。でもファストフードを求める層の気をひくには、やっぱり合理的で手軽なものでないといけない。そこで傘立てという答えが導き出されたそうだ。

7a7b93a91b8b88a467892fbdeec6a010de743532

ターゲットを絞って
お手軽さを重視

7a0300b497c4f765ae38747d933e175c7550c4f7

さらに、こだわったのは外見だけではない。ファストフードを楽しむ人が低コストやハイスピードを求めることから、彼らを消費者層としたこの傘立ても直感的でわかりやすいIKEAスタイルの組み立て式。スペースも節約するためにボディはカゴ型ではなく垂直にぶら下げる形を採用したことで、安価で手軽に野菜を栽培できるという。

ただ単に作るだけでなくターゲット層を意識して、「ファストフードを求める人には生活用品も安く効率よく提供した方が心に訴えられるはず」と論理的に推測しているあたりに感心させられる。

4bdca2684f7bad4568caed0909796ded33a9ff4f

JeanさんのInstagramアカウントはこちら。またオフィシャルサイトにもその他の作品が掲載されている。現時点ではあくまでもコンセプト作品だが、商品化を望む声は少なくないかもしれない。

B8b15604c31dc6f013d5cf8d145c4500a6bbbc36
Licensed material used with permission by Jean Huang
雨の中、折りたたみ傘を使って家に到着…したはいいものの、そこからってちょっと悩ましかったり。だって、そのまま丸めて袋にしまうにはビショビショすぎるし、かと...
「ご主人様。本日は雨の予定でございます。傘をお持ちください」家を出るとき、そんな風に言ってくれる執事がいたら、なんて嬉しいことでしょう。いちいち天気予報を...
これまで何年もの間、当たり前のように使い続けてきた「傘」。でも、この商品を見た後では、多くの欠点があったことに気づかされます。いや、気づかされるというより...
正直、まったく濡れないわけじゃないし、そもそもこれはちょっと恥ずかしい。そんなネガティブな要素しかないようにも思えるけれど、この新しいのか古いのかもわから...
その名は「unnurella(アンヌレラ)」。シャレの効いたネーミングに、思わずニヤっとしてしまう。さて、タイトルを読んで、少し違和感を覚えたあなたは大正...
内側がカラフルなプリントの傘は、すでに身の回りにたくさん。見かけたところで、まったくと言っていいほど驚きはありません。だけど、ここで取り上げる「PANOR...
ポルトガルのアゲダという街には、毎年7〜9月に開催する芸術祭のひとつに「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」という傘祭りがあります。その様子をたまたまネット...
気分が沈みがちな雨の日に、心だけでも“晴れ晴れ”とーー。コレは、そんな願いが込められた特別な傘「Colour Changing Umbrella」。一見す...
いかにも海外で好まれそうな日本のアイテムーーと思いきや。それだけではありません。「The BRELLI」は、地球とお肌に優しい、世界で唯一の傘なのだとか。...
スピルリナとは、藍藻の一種。大豆より豊富なタンパク、およそ30種以上のミネラルなど、人間にとって必要な栄養素がぎっしり。スーパーフードとしても注目を集め、...
もしかすると、テレビやスマホで翌日の天気をチェックする時代は、もう終わろうとしているのかもしれません。この長方形の箱の正体は、ビジュアルで天気を教えてくれ...
月明かりで生活できたなら…、そんなロマンチックな夢を実現したムーンライトがあります。このおぼろげな明かりをまずはその目で確かめて。夜空の月明かりをそのまま...
同社の掃除機や空調家電は、知らない人を探すほうが難しいくらいの知名度。でも、「照明」の存在を知っている人は、意外と少ないのでは?恥ずかしながら、かくいう自...
夢の中に出てくる雨は、現実とは少し違う意味を持ちます。シチュエーションも含めて、詳しく解説していきましょう。雨の夢に秘められたメッセージとは・しとしと雨が...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
お値段199ドル、日本円にしておよそ2万2,000円。あえて価格から紹介するのも、この手の海外モノの照明にしては、かなりコストパフォーマンスが高い方だと思...
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
広い庭を持てない都心のマンション暮らしの人が、家庭菜園を営む。ベランダでは言わずもがな、LEDを利用して屋内でも野菜やハーブを栽培するようなライフスタイル...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...