現役を退いた「旅客機のパーツ」でつくる、エコでジャンボな家具

デザインとは絶え間ない更新、再整列、成長を意味する──。
これは、モダンコンテンポラリーチェアの名作のひとつとして、1963年に製作された「ボールチェア」の生みの親エーロ・アールニオの言葉。あの真っ白い半球体に真っ赤な布地の斬新な椅子は、60年以上経っても古臭さを感じさせないデザイン。

よもやそのエーロですら、こんなデザインの更新が行われると思ってはいないはず。スタイルこそボールチェア、でもそのサイズはジャンボ級。

H200cm✕W200cm✕D200cm
もちろんジャンボサイズです!

40df468c6388161ed8ae2d15b331dce06bf5315b

イギリスに拠点を置くデザイン・ファーニチャー・カンパニー「Fallen Furniture」が製作したこのチェア。艶やかな光沢感のあるマテリアルは、ボーイング737のエンジンカウル。そう、両翼の下に付いているアレを再利用したものだ。旅客機としての役目を終えた航空機がスクラップになる前に、家具として再利用してしまおうーー。そんな、なんとも大胆なリメイク術である。

旅客機用に造られたアルミ素材を研磨し、内と外に高級革を使用。二人で腰掛けても十分にゆったりとくつろげそうだ。

D2c9cde5cc459633379f1ba9cea108338c82b377

サイズは高さ・幅・奥行きそれぞれ200cm。公式サイト内に重さの記載が無いため量りかねるが、間違いなく相当なものだろう。言ってしまえば、ただ場所を取るだけのゴツいヤツ。だけど、実際にこれが人を乗せて空を飛んでいた旅客機の部品だと思うと、夢のある話に聞こえてくる。

ところで、旅客機の廃材を再生したFallen Furnitureのリプロダクションはこれだけではない。以下にも、旅情をくすぐるジャンボな家具が目白押し。そもそも、「これを置けるスペースが…」なんて野暮なことは考えずに、そのデザインを楽しもう。

カウルを使って
バーカウンターも!

30afbd256c7860f1f2ebccb3cd041507fb390653619b9b8c41c1cd570908104b8e1767e0999316d9

さらに、エンジンカウルにはこんな利用法も。完全オーダーメイドでつくり上げるバーカウンターだそう。カウルの背面をカクテルグラスの収納棚にしたり……。想像しているだけでも楽しくなる。

エアバスA320の非常扉

75150088526e77684010f703e46b9b8b5d472554336372900218b05a7f58c3a3f559a91442061810

ウォールナットの足とガラスの天板を施した「エスケープ・ハッチ・テーブル」。胴体部の微妙な曲線をそのまま再現している。裏面もリアルな非常扉のまま。

タイヤ・ホイールは
ローテーブルに

Fc10be2544eeec8c9575b8a92bc454f00345535238e6935f3eba142b19c0d8f9939b36370de0c0f2

自動車のホイールを横置きして、ガラスの天板を乗せたローテーブルは見かけたことがあるけれど、こちらはそれよりひと回り以上大きなボーイング777の車輪を採用した。

ボーイング747胴体窓枠が
お洒落なウォールアートに

69d8d910153d16cf0b48831cc21cd70d3bf99e2bA7e4ebc5ccd127b037dadc7ec550f8f0585e31a8

ボーイング747の胴体部分から窓枠を切り出し、時計をはめ込んだ掛け時計タイプ。スケールが小さそうに見えるが、高さはしっかり100cm。

Cbdcced0a3cb441d6ac83a16f9da4d7a6c410dfa

こちらは窓枠が4つ連なったタイプ。フォトフレームとしても、ウォールアートとしても、とにかく目を引くこと間違い無し。ちなみに窓枠1枚から最大30枚までオーダー可能だそう。

確かに、エコロジーな考え方。けれど、その感覚すら超越してしまうスケール感がたまらない!こう少しでも思った人は、Fallen FurnitureのサイトへTAKE OFF!残念ながらすべての商品が「ENQUIRE」、つまりは価格応相談とある。が、これだけのサイズのモノを設置できるというならば、価格だけでも尋ねてみては?

Licensed material used with permission by Fallen Furniture
部屋の中からテレビの存在感が薄れてきてた。こう感じているのは私だけではないはずです。スマホ画面で4K動画が見られるこの時代。「薄さ」や「インチ数」へのこだ...
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
いい家具があると空間が華やぎます。いいデザインで環境に配慮していたら最高。「We Do Wood」はそんなプロダクトを提供しています。同社が採用する素材は...
世界の主要空港の間近で、旅客機の離着陸をひたすら撮りつづけた、プロのフォトグラファーがいる。航空ファンに混じって、ただ望遠レンズをじっと構える彼。でも、お...
「人気再燃」なんてニュースを目にすることが増え、パナソニックが発売した35万円のプレーヤーが30分で完売するなど、ブームが加速している感のあるレコード。で...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
気づけば2月も終盤。さあ、春がやってきます。そんなタイミングで暖房機の紹介をするのは、時期外れだと思う人もいるかもしれません。でも、そこにはちゃんと理由が...
NYの女性デザイナー2名が始めた「Nightwood Ny」は、街を徘徊して家具や木材、織物などの廃品を拾い集め、修理したりつくり直して販売しています。口...
個性豊かな廃材を利用した手作り家具は、独特のビンテージ感と一点ものの風合いで人気を呼んでいます。ここに登場する家具や雑貨も、やはり廃材をリメイクしたもの。...
「Zostera」という名のこのスツール。座面に使われている素材は、なんと海草。しかも、日本の水辺にも生息するあの「藻」だとか。 毎年、北海に面したドイツ...
ポルトガル・アブランテスで行われたインスタレーション「DomestiCITY」は、公共の場に家族団らんの場と同じような空間をつくったもの。プロジェクトオー...
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...
機内誌を眺めるか、小さなモニターに集中して最新の映画をみるか、もしくはただじっと目を閉じて目的地に到着するのを待つ、とかく空の上は暇を持て余す。そこにここ...
いかにも海外で好まれそうな日本のアイテムーーと思いきや。それだけではありません。「The BRELLI」は、地球とお肌に優しい、世界で唯一の傘なのだとか。...
これは、スウェーデン・ストックホルムにある、林の中に建てられた家。1~2月は気温がマイナス2℃まで下がる寒い地域ですが、なんと大きな温室のなかに家を建てる...
7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売...
旅行や出張先のホテルで洗濯したものを「どうしても翌朝までに乾かしたい!」なんてことはありませんか?そんなときに便利なのが、超小型乾燥機「ハンディー・セコ」...
小さな納屋でトマトの空き缶を使ってキャブレターを作ったハーレーダビッドソンの創業しかり、スティーブ・ジョブズの自宅ガレージで検品をおこなっていたと言われる...
世界中に溢れるゴミをなんとか有効活用できる方法はないものだろうか?なかでもプラスチックは自然にも還らず、海を漂い、プランクトンが食べることによって食物連鎖...