Instagramのフォロワー1万人以上で一泊無料!シドニーのホテルが仕掛けるPR戦略がナイス

「Instagramのフォロワーが1万人を超える人は、宿泊料をタダにします」シドニーのホテルが、画期的なサービスで利用客招致に取り組んでいる。ホテルのPRを人気インスタグラマーたちの投稿でまかなう。これが、意外に効果アリだとか。

SNSによるPR効果を
巧みに利用したホテル

6dd3706494f5cf770f85bd88193650a956679aea

シドニー郊外、ダーリングハーバーのすぐそばに位置する「1888 Hotel」。5階建ての赤レンガのビルは、当初羊毛加工工場として使用されていたものを2013年にリノベーション。スタイリッシュなホテルとして生まれ変わった。オシャレなのは、その内装。ここは、“写真を撮られることをとことん意識”したホテルなのだ。

というのも、1888 Hotelは利用客に館内の写真を撮影されること前提に、Instagramに投稿してもらいシェアされることで宣伝広告の代用とする、独自のサービスを実施している。


フォロワー1万人以上で
宿泊費が一泊無料に

Ce1baf2ce6c54b196c658ecc97676542d20ef38d

それは、Instagramのフォロワーが1万人以上いる人の宿泊費を「一泊無料」とするもの。実際にホテルに宿泊してもらい、その魅力を写真に撮り投稿してもらうことで、彼ら自身を広告塔として活用しようという試みだ。宣伝広告を打つよりも、1万人のフォロワーを通じて、直接的に世界中の人々にホテルのPRをしようというアイデア。

さらに、Instagramに投稿された写真の中から、毎月ホテルが選ぶ「ベストショット」の投稿者にも、同じく一泊分が無料となる。


Reference:adrianfernando

たとえば、こちらは実際にこのホテルに宿泊したAdrian Fernandoさんが撮影してInstagramにアップした写真。

Reference:dancinpenny

こちらはフォロワー数7万人を超えるプロのダンサー・振付師のPenny Higgsさん。彼らが実際にタダでこのホテルに泊まった訳ではないかもしれない。それでも、フォロワーたちへの宣伝効果は少なからずあるはず。

「写真を撮られること」を
どこまでも追求した内装

3422479483006b9a72b72733c181dd7d115ee586

1888 Hotel側も、利用客が写真を撮りたくなるための工夫を欠かさない。

5bd27a33dfd712649e6b12c0ebe22979010efbf87a11a2e1cb25b8fcae13df107fefb380e086775a

スポットライトに照らし出されたルームナンバー。こんな工夫ひとつとってもフォトジェニック。

Fdfc27bdf7b2bba11bb9feeee16472d5922a2e01A2f36c85e3dfde5546a36ee7432f92bdb83a7d8a

天井が高く開放感のある室内は、昔ながらの赤レンガの壁面をそのまま残しつつ、スタイリッシュなインテリアやモダンアートとうまく融合させたハイエンドな空間づくりを意識している。

2d0e9a89269852ff90c8d3e8d544d152db376981D17ac5c62039a18a93b867b629f6b6cdb2b00dd5

アメニティも充実。オーストラリア製ナチュラルスキンケア製品として注目が集まる「Biology」。

90d28874cb9117e2347684e0e25058fe224b7b61

小さなバルコニーでは、朝食や夕暮れどきのカクテルが楽しめそう。

8efa69ff51d95e8351dc3b22cf1f0b5df39e3e70840b1296982a6b7d562e25e1b04176e2006028461e8efc0491c880f3d2777484fd18f81ffb7468b9

レストランの料理も美味しそう。ついつい写真を撮りたくなる、その気にさせるビジュアルも◎。

これまでのように、無数の人を対象にした広告戦略から、より直接的に届けたい人に向けて発信する方法として、SNSを利用したいわば“口伝い”の宣伝。効果は意外に大きそうだ。

Licensed material used with permission by 1888 Hotel, Facebook, Instagram, Hashtag: #ovolo1888darlingharbour
バンクーバー在住のおしゃれなマルチーズ、トビーくん。なんと彼は8万5,000人のフォロワーを抱える超人気者。洋服を着た多くの“おめかし犬”の中で、彼をここ...
いま、シドニーで大注目のデザートがこちら。見た目のインパクトもさることながら、その独特の食感がやみつきなんだとか。このハイブリッド感がたまらない!シドニー...
これは、米・フロリダ州キーウエストに建設される海底ホテルです。すでに認可を受け、300万ドル(約3億6,500万)の資金を調達中、集まり次第着工し4ヶ月ほ...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
現在、世界でもっとも高いビルといえば、ドバイのブルジュ・ハリファ(828m)。この数字だけでも相当なインパクトだというのに、さらに約3倍となる2,400m...
都心部における不動産価格の上昇や人口増加の影響を受け、満足のいく家探しに頭を悩ませているのは、何も東京だけに限った話ではない。そう、実はここシドニーでも同...
海外ツアーの添乗員として働いていた頃は、お客様と一緒に高級ホテルに泊まる機会も多かった。主な顧客がシニア層だったこともあり、ツアーではだいたい4ツ星か5ツ...
それは、北海道の自然をありのままに感じる、最高に贅沢なアウトドアステイ。広尾郡大樹町にある環境技術研究施設「メム メドウズ」内に、大自然一体型ホテル「ME...
キャラ弁ならぬ、「キャラプレート」で話題のサマンサ・リーさん。彼女は2人の娘を持つマレーシア在住のママで、Instagramのフォロワーはなんと世界中に7...
2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...
僕が、キューバを訪れたのは2005年。今でも心に強く残っているのは、クラシックカー、シガー、サルサ、モヒート、哀愁を帯びた人々、そして、時が止まったような...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
死ぬまでに一度は行っておきたい。そう思えるホテルが世界中にはいくつも存在します。ここで紹介するのもそんなホテルの中の一つ。タンザニアのペンバ島に存在する「...
友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころ...
オーストラリア人アーティストのフィル・ファーガソンさん、23歳。どこから突っ込んだらいいのか分かりませんが、彼のInstagramには現在14万人を超える...
夏はトレッキング、冬はスキーなど、カップルや家族連れに人気のスイス東部グラウビュンデン州ブラウンヴァルト。写真は、グラルナー・アルプスが目と鼻の先にある標...
フロントで出迎えてくれるのは、1人の女性と2匹の恐竜。なるほど、もう既にヘンだ。しかも、唯一“まとも”だと思っていた女性も、実はロボットというオチ──。こ...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
アイスランドの森深くにユニークなホテルがある。それが、全面透けるビニールのような膜で覆われた『The 5 Million Star Hotel』だ。5百万...
ホテルの寝具が心地いいのは、ビシッとセッティングされたベッドのおかげ。自宅でも簡単にプロのベッドメイキングを再現できるよう、分かりやすく写真と動画でみてい...