草間彌生作品も展示!「バーチャル美術館」でのアート体験がリアルすぎる・・・

2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。

そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はますます重要性を高めていくはずーー。これを受け、海外の人々に日本が誇るアートの魅力を発信すべく立ち上げられたプロジェクトが、ここで紹介する「IJC MUSEUM」です。

まるで、本物の美術館を
訪れているかのような
“圧倒的リアリティ”

Medium 456c721906489588f2f3a476bd77624fddc1bcbb

改めて説明すると、「IJC MUSEUM」は訪日外国人向けプロモーションメディア「IS JAPAN COOL?」で公開されている、「アート」をテーマとしたバーチャル美術館。日本を代表する現代アーティストたちの作品を、世界中のどこからでも、間近で体感できます。

Medium 9634b5987d79017333f306369d1503198cccbdfe

本美術館は、Exhibition01から07までの7人のアーティスト個々の展示室と、日本の最新アート情報を見ることができる「ART TRIP」展示室の計8部屋で構成。動線に沿った移動はもちろん、 目的のアーティストの部屋を地図上から選択するとそこへの移動も可能。作品に合った最適な空間での鑑賞を楽しめる設計になっているというわけ。

Medium 4daf7d173c0e55b9c4d16ae3d7d07f228a19fefa

この入り口から中に入ると、

Medium c509a6fbdecd3a704d442fa01ad94c12241ee1e5Medium 592c1cdc096fbb0a426af729ddc74865545e6821

さっそく、草間彌生の代名詞が出現。

Medium d1712a0623fa571f78ae2b70ec551e0be53fdba9

360°好きな位置から作品を鑑賞することができます。

Medium 3ce21d8135bae79b71773e2709ba1280615202d5

拡大することでリアルな素材感を感じることも。

Medium 3c9af52950e33ff24090a6665827565452440ea7

作品をより深く楽しめるような、アーティストのプロフィールやインタビュー動画、制作風景といった情報も豊富。

Medium 581a8aaa5ed3929863597ae42be4adae34975e34

天明屋尚や、

Medium 5d86736845f34d034ec1a58b526638bf6bb55417

池田学の作品も登場。

Medium 2a7af634d18fc978c90e1ddd0401b6504942f5b9

「ART TRIP」展示室では、日本に来たらぜひ訪れてほしい全国各地のミュージアムを総勢30館にわたってピックアップ。ミュージアムの特徴や魅力、開館情報やアクセスまで知ることができる、便利なアートトリップ・ガイドになっています。

Medium 32b44596538b78818ff9a1fff5f2790fc4217c25

「IJC MUSEUM」は、外国人向けのため英語と中国語で発信中。が、日本人が見ても十分に楽しめるはず。まるで、本物の美術館を訪れているかのような“圧倒的なリアリティ”を、ぜひ体感してみてください。

Licensed material used with permission by IJC MUSEUM
夜、みんなが寝静まったころ、おもちゃたちが勝手に動きだして、おしゃべりをし始める。子どものころ、そんな空想を思い描いたことはないでしょうか。普段、モノとし...
2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は...
ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、上野の国立西洋美術館を世界文化遺産として登録したと発表しました。これはフランスの建築家、ル・コルビュジエの建築作品を7...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつ...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
クレマチスの丘にある「IZU PHOTO MUSEUM」に行こう!そこは、静岡県三島市に隣接する、花・アート・食がコンセプトの複合文化施設。庭園やミュージ...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
ダジャレでアート、DAJAART。それは、言葉でしかなかったダジャレをアートとして再現したもの。誰も見たことがなかった新しい世界感はクセになること必至です...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
米コロラド州を拠点に活動する、石積みアーティストのマイケル・グラブさん。河原に転がっている石を積み上げた経験は、あなたにもあるかもしれませんが、ここまでく...
「バンクシー」は、世界的に有名なストリートアーティストとして知られています。その正体は誰にもわかりませんが、公共物を扱う非合法のアートが多いなか、作品に込...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
世の中にあるのは、敷居が高くてアカデミックなミュージアムばかりではありません。世界各地に、目を疑いたくなるような「ナゼ?ナニ?」を収集、展示したヘンテコな...
鉛筆で描く…のではなく、鉛筆を削ることで表現するアートが話題です。しかも芯だけではなく、鉛筆全体を使った創作が凄い!以下、その画像を紹介します。01.02...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...