日本をお手本に!生徒による「放課後清掃」を義務化した、シンガポール

地域インフラが整い、「クリーンさ」を強く印象づける国・シンガポール。新たなクリーン戦略の一環として、学校教育の現場で生徒たちによる放課後の清掃が、2016年2月より義務化されました。

しかし、なぜにこのタイミング?どうやら、清潔さをアピールしたい国として、目をつむる訳にはいかない事情が関係していそうなのです。

放課後の掃除が
“当たり前でない国”での
新たなチャレンジ

Bdeda9dafb9f8a729ba56151c826aeb7eceef39d

2016年2月25日、シンガポールの教育省は全国の公立小学校・中学校・高校において、生徒たちによる清掃を義務化すると発表。これにより、自分たちの教室や廊下、カフェテリアなどの共有スペースを生徒自らが清掃するようになります。

このニュースを「BBC」はじめ、大手メディアがわざわざ話題に取り上げたのも、世界的に見ても生徒が放課後に教室を掃除するという文化は少数派。シンガポールだけでなく、欧米の多くの国において掃除は生徒ではなく、専門の清掃員を雇って行うもの、という認識があるからです。

自分たちの教室を生徒が掃除するのを「当たり前」と思える私たちからすれば、「何をいまさら?」という思いもあるかもしれません。けれど、シンガポールでは清掃を学校カリキュラムに取り入れることで、生徒たちによる自発的な清掃への心がけを身に付けさせたいという狙いがあるようです。

毎日10分間の清掃を
まずは、浸透させる

1e7508f26df5ba35419588f2f892e87e3dc2a440

教育省の関係者らは、日本や台湾の学校で行なわれている放課後清掃をモデルケースにしたようです。さらには、シンガポールのチャイニーズスクールを直接訪問し、現場で生徒たちの掃除の様子を視察する念の入れよう。彼らにとって意外だったのは、掃除の時間が5分〜10分程度と短期集中型であったことだと、地元紙「The Straits Times」が伝ています。

「清潔さ」のイメージを
自国民が汚してはいけない

E5012cfa72746c6dd8a4833422848064de98346a

というのも、ご存知の通りシンガポールではガムやタバコ、ゴミのポイ捨てが全面禁止。清潔さを保つ街と同時に罰金が科せられる街という両方の意味で「FINE CITY」といった呼び名があるほど。ところが、リー・シェンロン首相が「シンガポールの清潔さは、国民でなく清掃員の努力の結果」だと問題視するように、2015年罰金の対象者となった約2万6,000人のうち、およそ7割が国民・もしくは永住者だったことが明らかに。地元紙「The Straits Times」が伝えています。

こうした事情も、少なからず今回の義務化の要因となっているようで、政府主導の肝いりプロジェクトとして、生徒による学校清掃が始まったようです。
なお、この義務化はひとまず2016年末までだそうで、まずは制度を導入して清掃の状況や、生徒たちの反応をみて、学校清掃が定着するかを判断するための試験導入だそう。

使用されているのは、「西洋ハーブ」やアーユルヴェーダなどで古くから知られる「薬用植物」「和漢植物」。私たちのココロやカラダの状態に合わせて、独自の調合で作...
シンガポール生まれ、シンガポール育ち、悪そうなシンガポールのスポットはだいたい撮影に行ってるんじゃないかなっていうフォトグラファー、Yik Keat。彼の...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
誰かに背中を押されているような、ちょっと前向きになれるイラスト入りのメッセージが、シンガポールの街のあちこちに出現。どうやら、すべて一人のアーティストによ...
成績が最悪だった。授業がよくわからない。部活がうまくいかない。友達とケンカしちゃった…いろいろな理由で学校に行きたくなくなったこと、誰でも一度はあるのでは...
50万以上の植物に囲まれている空港がある。 2015年3月、イギリスのリサーチ会社スカイトラックス社は、シンガポール・チャンギ国際空港を世界で1番の空港と...
週に5回、同じ学年の子どもたちがクラスメイトと一緒に、国語や算数といった教科を学習するのが当たり前な日本の小・中学校。私も、かれこれウン十年前になりますが...
一見すると、指先まで袖のある黒いドレスを着ているようにしか思えないこの写真。ところが、彼女がまとっているのはドレスではなく、黒一色ベタ塗りのタトゥーなんで...
あなたは「自分探し」をした経験がありますか?私は、新卒で入社した大好きだった会社を、一年半で退職しました。ただただ、社会人というキラキラした世界に憧れ「本...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
「再生利用可能エネルギー」という言葉自体はよく見かけるようになりました。が、まだまだ有効活用しているよ、という人は少ないですよね。でも、世界的には着実にそ...
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
軟膏薬タイガーバーム (虎標萬金油) をつくって大成功した、胡文虎と胡文豹の兄弟により建設された公園。主にコンクリートを用いて造形された1,000以上の像...
少子化中のフィリピンがドゥテルテ大統領下で100の国公立高校・大学を無償化すると発表。日本でも近年高等教育の無償化の是非が議論されているが、いわゆる「富裕...
毎日使う場所だからこそ、汚れやすいトイレ。しかし、トイレには便器や換気扇など、様々な設備がついているだけに、掃除も一筋縄ではいきません。意外と知られていな...
押し入れの奥にしまってある、思い出のアルバムーー。最近は、すっかりデジタルカメラやスマホに移行し、アルバムをめくって思い出を振り返る機会も減ってしまいまし...
見慣れた日本の風景が、他国と比較するといかに異質なものであるか。そんな事実にハッとさせられる画像を紹介。ヨーロッパと南米の4つの街を「東京化」してみると、...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
やっぱり世界は広い!こう思う以外、解釈しようがない話題を。なんとオランダでは、自動車教習の代金を“カラダ”で支払うことができる、らしいのです。はたして、こ...
「何じゃ、こりゃ!」15階建てのビルに整然と並べられたのは、1台ウン千万円のスーパーカー。ランボルギーニ、ポルシェ、マクラーレン…ヨダレが垂れてきてしまう...