スマホでデザインできる!1万円台の小型3Dプリンター「OLO」

17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合わせて物欲を刺激してくるアイテムです。

なんと、スマホ画面の光で樹脂が固まるのだとか。使い方はこんな感じ。

D152186c9fc2d9820f0332919f59f898d840d63d

フライトモードにしたスマホの上にカバーをのせてアプリをスタート。さらに器を上乗せしたら、インクを流し込んで、蓋して待つだけ。すると…。

629680ff59d9a044896ece1c9874564ac7ef5049

ニョキニョキ生えてくる感じ。さらに、

3Dスキャンすれば、
肖像が作れる!

35ebf3db9171c7839bc83bf23f89fed910b83254

かなり精巧なフィギュアがつくれそうです。3Dデザインができるアプリで自分だけの作品を作るも良し、アプリ内にある選択肢から選んでも良し。データ交換もカンタンなので、誰にでも楽しめます。

ちなみに、iPhone6でつくった場合、1cmほどのモノをつくるのに46分ほどの時間がかかるそう。イメージ的には、寝る前に起動して、朝起きたら完成といった具合でしょうか。音も出ずに静かに動くそうですよ。

本体は単三電池4本で稼働し、スマホのサイズが大きいほど作れるものも大きくなります。最大5.5インチまで対応している模様。

また、樹脂の硬さには選択肢があり、例えばABS樹脂、アクリル樹脂、ポリ塩化ビニル、シリコンに似た硬さがそれぞれ選べます。カラーも様々。

Ab375d072daeeb6eaf3959b6a3cb95266727acaf

ズラッと見ただけでも、いろいろなものが再現できそうでワクワク!もちろんカラーリングもできるし、いかにも造形というようなもの以外に、下の画像のようにスタンプ面をつくるなんて選択肢も。

3f881f73170107a6b57a64c3105071318902d776B0c96e54b841fb1405eb340e34b377c21d4a8eed

日本からの事前予約は、送料込みで128ドル(約14,500円)。「Kickstarter」で予約できます。配送開始は2016年6月を予定。何をつくるかはアナタ次第!腕が鳴りませんか?

Licensed material used with permission by OLO, (Kickstarter)
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
ついに、3Dプリンターによってつくられた橋が建設されました。鉄筋コンクリートで、コンピュータの計算によって、パラメトリックデザインという、使用する素材を最...
テクノロジー系の裏技を紹介する人気YouTubeチャンネル「Mrwhosetheboss」から、簡単ながらも、驚きのテクニックを紹介しましょう。まずは、以...
3Dプリンタを使用しての義歯製作は、今やさほど珍しい話ではない。だが、その義歯が“虫歯にならない歯”となると話は別だ。人類にとって夢のような歯の実現、その...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
何年か前に編み物に挑戦したことがある。一度やったことがある人ならわかると思うのだけど、何度も繰り返し編む作業はなかなか根気がいる。それに、編み方を間違えた...
家って「建てる」ものだと思っていました。土台を築いて、骨を組んで、壁を打ち付けて…。大規模な設備と長い時間が必要なものだと。でもこれからの時代、たったひと...
お腹のなかの赤ちゃんの様子を知る超音波エコー検査は、妊婦さんやパパが初めて胎児の表情をうかがい知る機会。けれど、視覚障害の人たちは心音は聞けても表情を見る...
大人気のラテアートですが、もう「描く」のは古いのでしょうか。もはや、彫刻とも言えるほど進化した3Dラテアートを紹介しましょう。きゃー可愛い!チョコレートソ...
平面のキャラクターに自分の好きな色を塗って楽しむ「塗り絵」。あの塗り絵が、最新のデジタル技術を応用し、超未来型のツールに生まれ変わりました。開発を手がけた...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
え?文字通り「手の中にある宇宙」!?こちらは海外で話題になっている、リアルでかわいい惑星アイテムです。実は3Dプリンターで作られたもの。販売しているのはロ...
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
トルコのグラフィックデザイナー「Tolga Girgin」さんが描く文字は、なんと紙からジャンプして飛び出てきそうな3Dカリグラフィー!影の印象を上手く利...
経済産業省の発表によると、日本における太陽電池生産額は約1兆円マーケット。民家の屋根にパネルを設置している風景も目新しいものではなくなりましたよね。小型、...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
マイクロソフト社の開発チーム「Interactive 3D technologies(I3D)」が発表した「ホロポーテーション」は、ホログラムをリアルタイ...
「触れられる、タッチできる、3D映像を日本人がつくりだした!」というニュースが、今海外でとても話題になっています。下の動画を見るとわかりますが、空中に映し...