世界で初めての「3Dプリンターでつくられた橋」(スペイン)

ついに、3Dプリンターによってつくられた橋が建設されました。鉄筋コンクリートで、コンピュータの計算によって、パラメトリックデザインという、使用する素材を最小限に抑えながら最適化された構造になっているため、こうした滑らかな外観になっているのだそうです。無駄を省き、頑丈さも追求できるとか。これから、このような形の建築物が増えていくのでしょうか。

設置された場所は、スペイン・マドリード州にあるアルコベンダス。橋の長さは12メートル、幅は1.75メートルと小ぶりですが、世界で初めての例となります。

A979534b10e917c153f22e44e91f8c0b85af8ed133d8249d8cbd92903304bd18984b309b2554cfad433bb6660b244b115bcb61b7a64f7338390e818bFd780b5087190911fc1bf7883ab211a92cd6c8a65959bd03893a1309fb24c5a7458e7ae9ced95225

このプロジェクトには、“The Man Who Prints Houses(家をプリントする男)”と呼ばれるエンリコ・ディニ氏が開発した、「D-Shape」という大型3Dプリンターが使われました。

同じように、家を建設することが、次第に当たり前になっていくのかも?なんてことも思わせてくれますね。

Licensed material used with permission by IAAC - Institute for Advanced Architecture of Catalonia
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
家って「建てる」ものだと思っていました。土台を築いて、骨を組んで、壁を打ち付けて…。大規模な設備と長い時間が必要なものだと。でもこれからの時代、たったひと...
言わずと知れた名器「ストラディバリウス」。時に10億円を超えるそれは、ヴァイオリニストならば一度は弾いてみたいと思う垂涎の逸品です。300年以上の時を超え...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
3Dプリンタを使用しての義歯製作は、今やさほど珍しい話ではない。だが、その義歯が“虫歯にならない歯”となると話は別だ。人類にとって夢のような歯の実現、その...
何年か前に編み物に挑戦したことがある。一度やったことがある人ならわかると思うのだけど、何度も繰り返し編む作業はなかなか根気がいる。それに、編み方を間違えた...
お腹のなかの赤ちゃんの様子を知る超音波エコー検査は、妊婦さんやパパが初めて胎児の表情をうかがい知る機会。けれど、視覚障害の人たちは心音は聞けても表情を見る...
大人気のラテアートですが、もう「描く」のは古いのでしょうか。もはや、彫刻とも言えるほど進化した3Dラテアートを紹介しましょう。きゃー可愛い!チョコレートソ...
え?文字通り「手の中にある宇宙」!?こちらは海外で話題になっている、リアルでかわいい惑星アイテムです。実は3Dプリンターで作られたもの。販売しているのはロ...
テクノロジー系の裏技を紹介する人気YouTubeチャンネル「Mrwhosetheboss」から、簡単ながらも、驚きのテクニックを紹介しましょう。まずは、以...
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
平面のキャラクターに自分の好きな色を塗って楽しむ「塗り絵」。あの塗り絵が、最新のデジタル技術を応用し、超未来型のツールに生まれ変わりました。開発を手がけた...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
弱冠18歳のインドの青年Rifath Shaarookさんが、世界最軽量の人工衛星を開発した。「KalamSat」と名付けられたこの衛星は、なんとわずか6...
トルコのグラフィックデザイナー「Tolga Girgin」さんが描く文字は、なんと紙からジャンプして飛び出てきそうな3Dカリグラフィー!影の印象を上手く利...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...