好みの淹れ方にカスタマイズできる「次世代型コーヒーメーカー」が登場

「V60オートプアオーバーSmart7」は、湯量・湯温・スピードの3要素をコントロールできる、新感覚のコーヒーメーカーです。「コンパクトサイズで、ドリップをカスタマイズできるコーヒーメーカーが欲しい!」という多くの声に応え、ハンドドリップを知り尽くしたHARIO株式会社が開発。まったく新しいマシンが誕生しました。

ハンドドリップを見事に再現!

Fa13179503b6f95c02c82726f2ea856dbc1eca94

「オートモード」と「マイレシピモード」の2種類から、タッチパネルで簡単に選択が可能。手軽なオートモードでも「3つの温度・2つのスピード」が選べるため、同じ豆であってもいろいろな味が楽しめることに。Smart7は、湯温や注ぐスピードが変わると味も変化する“柔軟さ”が持ち味なので、これこそが醍醐味と言えるでしょう。

08b974829f3c1fceb850259f584cbf45d725daf8

マイレシピモードでは、抽出時の温度(80〜96℃)、湯量(270〜700ml:10ml単位)、湯を落とすスピード(時間:1秒単位)を一から設定できます。自分が考えたハンドドリップレシピの設定や、コーヒー豆に合わせた理想的な抽出を再現できるのが最大の特徴。保存機能もあるので、好きなレシピを見つけたら保存し、共有するのも楽しそうですよね。

56ca2bbb47bbbcd33deddab8ed24e2f038ccffde

価格は54,000円(税込)で、購入はこちらから。スペシャルレシピのサイトも開設されており、実演やイベント情報はFacebookで発信中です。

忙しい朝にはオートモードで。また、豆に合わせたドリップや新しいレシピに挑戦したいときはマイレシピモードで。毎日の一杯も特別な一杯も、ワクワクしながら新感覚のドリップをーー。

Licensed material used with permission by HARIO株式会社
この「GINA」は、Bluetoothを搭載したスマートなコーヒーメーカー。機能は非常にシンプル。豆の量を測る。そして、水の量を測る。基本的にはそれだけ。...
挽く前に、よく豆を冷やすと、より深いアロマが楽しめるーー。という研究結果が「ネイチャー」に掲載されました。イギリスのバース大学と、地元のコーヒーショップ「...
コーヒーを飲むとき、チョコレートっぽい味とか柑橘系の風味などを感じることがあると思いますが、その味を作り出しているコーヒー豆にまで考えが及ぶことはあまりな...
お店で飲むコーヒーはプロが淹れてくれたものなので、やっぱりおいしいですよね。私は家でも毎日自分でコーヒーを淹れるんですが、かなり大雑把な性格なので計量した...
冷たい水を入れてもドリップには10分とかからないそうです。使い方もシンプル。たとえば、コーヒーなら…もちろんお茶もいれられます。充電式ですが、ACアダプタ...
コーヒーと言っても、本当にいろんな種類のものがあります。豆の種類もたくさんありますし、作り方もブラックコーヒーからフラペチーノのような甘いデザートのような...
かつて、これほどまでに「香り高い目覚め」があったでしょうか?そのビジュアルは、「デジタル目覚まし時計」と「ドリップ式コーヒーメーカー」が合体したかのよう。...
暑い…暑いです。5月ってこんなに暑かったかな?と思う今日この頃。本格的な夏が来たらどうなってしまうのかと、今からちょっと怖いくらいです。私は寒いところで温...
世界で1番コーヒーがよく飲まれていると言われる「北欧」。私の住むシアトルは、冬場は朝9時過ぎにやっと明るくなったかと思うと夕方4時には暗くなるのですが、北...
いつものコーヒーにたった2つの材料をプラスするだけで、その味がティラミスに大変身してしまう。こんなことってある!?ウソだと思うなら、試しに練乳と卵を入れて...
2016年3月10日、東京・青山に新たなコーヒースタンド「THE LOCAL」がオープンしました。この店、ある画期的なオーダーシステムを採用しているんです...
実は私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国ブラジルへ行って来ました。そう、コーヒー生産国世界ナンバー1の国です。世界で出回っている3分の1はブラジルのコ...
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
アメリカ最古の蒸留酒製造所を持ち、2016年には150周年を迎えたアメリカン・ウイスキーの代表格「ジャック ダニエル」。ボリューム感のある四角いボトルに満...
毎日飲む、コーヒー。私の生活になくてはならないものですが、一体誰がどうやって最初にコーヒーを見つけて飲むことになったのか、ご存知でしょうか。以前、コーヒー...
「ハマる」という現象は、思いもよらず訪れるのかもしれません。とくにそれまで興味がなかったり、逆に「食わず嫌い」だったりすると、その反動でハマり方の振れ幅が...
世界のコーヒー文化の多様性を知る手がかり、そのひとつが飲み方。はちみつ、シナモン、バター、レモン、塩、真っ赤に焼けた木炭まで入れる国もあります。では、数あ...
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)...
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
私がシアトルに引っ越してから新しく始めたことは「コーヒーを飲むこと」と、じつはもうひとつ「ランニング」なのであります。シアトルに引っ越してしばらくした頃、...