歯を磨いてケアできるのは口内表面積の約25%。実は海外では○○でケアしていた・・・

皆さんは、1日にどれぐらい歯を磨きますか?「毎食後、きっちり歯磨きしているよ」と自信のある方もいるかも知れませんね。でも、ちょっと待ってください。お口の健康を考えた時、本当にそれで充分なのでしょうか・・・?

歯を磨いただけでは
口内の「菌の塊」が
十分に落とせない!?

I brush three times a day! 毎日丁寧に歯を磨いたとしても、実は歯ブラシが届くのは口内の表面積の約25%(*注1)。舌や歯ぐき、口腔粘膜、咽頭など、歯以外の口内表面積の約75%にはお口トラブルの原因となる菌の塊が存在している可能性があります成人の70%以上は歯周病というデータ(*注2)もあることから、どんなに丁寧に歯を磨いたとしても、十分ではないかもしれないのです。

この口の中の「菌の塊」はいわば「排水溝のぬるぬる」と同じ種類のもの。寝ている間にどんどん繁殖するので、朝起きた時が最も口臭が強い(*注3)のもこの菌の塊から発生する揮発性硫黄化合物が主な原因なのだそう。

(*注1)出典:Kerr W.J.S. and D.A.M. Geddes. The areas of various surfaces in the human mouth from nine years to adulthood.J. Dent. Res. 1991.70 (12)
(*注2)「8020推進財団」HP(http://www.8020zaidan.or.jp/)より
(*注3)日本歯科医師会ホームページ テーマパーク8020より

オーラルケアに
「マウスウォッシュ」を加えよう

 歯を磨いただけでは不十分なら、どうすればいいのでしょう?答えは「マウスウォッシュ」を加えることです。液体のマウスウォッシュなら、歯ブラシでは届かない口内の表面積に存在する菌の塊の内部に浸透・殺菌してくれます。

日本は
「マウスウォッシュ後進国」

listerine_15485554 実は、マウスウォッシュを使ったオーラルケアは先進国では常識となりつつあります。その証拠に、アメリカでは国民の半数以上の約53%が年に1回(またはそれ以上)マウスウォッシュを購入している*というデータがあります。アメリカだけではありません。ヨーロッパに目を向けてみても、イギリスでは国民の約46%、ドイツでは約34%がマウスウォッシュを購入しています*

そんな中、日本人のマウスウォッシュ購買率はなんとたったの25%*。これは先進国の中でも最下位レベルです。言ってみれば日本は「マウスウォッシュ後進国」、オーラルケアの意識が低い国なのです。

*インテージ SCI-personal マウスウォッシュ市場 2015年1月〜12月 年間購買率

しっかりと殺菌したい!
そんなあなたは・・・

Printこれからマウスウォッシュを使った効果的なオーラルケアを始めるなら、オススメしたいのが『薬用リステリン®』。その名を聞いたことがある人も多いでしょう。薬用リステリン®がここまで有名なのには理由があります。

実は薬用リステリン®はアメリカで発売されてから120年以上の歴史を持つ「世界初の薬用マウスウォッシュ」で、もともと外科手術の殺菌用として開発された消毒薬を口内洗浄用に改良したものなのだそう。サルチル酸メチル、1,8−シオネール、チモール-メントールという独自処方の4つの有効成分が菌の塊に浸透・殺菌し、お口の3大トラブル「歯肉炎」「歯垢の沈着」「口臭」を予防してくれる、世界50ヶ国以上で愛用され続けている売上世界No.1*のマウスウォッシュブランドです。

*ユーロモニター調べ 2015年 総小売金額

btn_bglen03

特にオススメは紫色の
「トータルケア」

薬用リステリン®には7つのラインナップがありますが、中でも特に人気があるのが紫色のボトルが特徴の薬用リステリン®トータルケア。ラインナップの中で最も多くの効果を持ち、お口の健康をトータルに守ることのできるマウスウォッシュ(液体歯磨)の薬用リステリン®トータルケアは、上述の「お口の3大トラブル」の予防に加えて「口の中のネバつきの解消」、「コーヒーやワインなどによる色素汚れのケア」、「歯石の沈着の予防」にも有効な優れモノですよ。適量を口に含み、よくすすいでから吐き出して、そのままブラッシングしてください。おトクな大容量サイズをAmazonでも絶賛発売中なので、実際に試してみたい人はぜひチェックしてみては?

btn_bglen02

Sponsored by ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社コンシューマーカンパニー

「毎日歯磨きやケアをしているから、虫歯にはならない!」確かにそうかもしれません。でも、それが間違った方法だったら…?歯学博士である滝澤聡明さんの著書『顎が...
子どものころはワクワクしていた誕生日も、大人になるとちょっぴり複雑な気持ちになるもの。それならば、またひとつ大人になることをポジティブに受け止められるよう...
日焼け止めはバッチリ塗っても、意外と忘れがちなのがその後のケア。長時間日光にさらされたお肌はダメージを受けています。焼く派も焼かない派も、乾燥やほてりから...
「歯磨き粉、ブラシ、磨き方を変えるだけでは、歯の健康を保つことができません」。そう語るのは、歯学博士である滝澤聡明さん。彼の著書『顎がゆるめば、不調は改善...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
近頃、注目されているグレープシードオイル。ワインの製造過程において、ブドウの搾りかすの種子からできるこの食用オイルの、いったいどんなところが優れているので...
歯医者に行かなくても歯を白くできる。そんな裏ワザが「PureWow」に掲載されて話題です。しかも、使うのはバナナだけ。おやつに食べるついでと言ってはなんで...
歯がポロッと抜ける夢…なんて、そうそう見る機会もないですよね。だからこそ、そこに何がしかの暗示があると思いませんか?羽が抜ける、欠ける、折れる夢。それは不...
歯の健康を維持するためには「歯ぐき」にも意識を注がなければいけません。それには…ただ丁寧に歯を磨くだけ?「LittleThings」ライターAngel C...
「おはようのキス」という響きはロマンチックですが、実際には寝起きは誰でも口臭が気になってしまうものですよね。なかでも睡眠中に口の中が乾燥し、雑菌が増えてし...
歯学博士であり、東京にある「タキザワ歯科クリニック」の院長・滝澤聡明さんの著書『顎がゆるめば、不調は改善される 「噛み合わせ」から始める歯のケア習慣』。滝...
ハミガキ粉や電気のチカラを一切使わずとも、光と水だけで歯垢を落としてくれる、画期的な歯ブラシが登場しました。“電子”を使って歯垢を落とすSOLADEY N...
もともとは、パッケージデザインに興味を惹かれて紹介しようと思ったプロダクト。でも、あまりにもユニークな商品コンセプトの存在を知ったからには、もうそっちをメ...
口内炎がよくできて困るーーそんなあなたには「Little Things」がまとめた原因と対策が参考になるかもしれません。注意しておくべきもの、意外とたくさ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
どうしても達成したい目標があるのに、目の前のタスクに追われ「なかなか手が回らない」と感じることはありませんか?そんな停滞期にエンジンをかけてくれる、ウォー...
ドリップコーヒーから出るコーヒー豆のかす。これをただ捨てては「もったいない」と、いろいろな再利用法がネットでも紹介されています。消臭剤や除草駆除、これはよ...
突然ですが、バナナを食べ終わった後の“皮”をどうしてますか?もし捨てているというなら、もったいない!「I Heart Intelligence」では、バナ...
「R25」なんていう言葉もあるくらい、人生においても、はたまたビジネスシーンにおいても、来たるべき「大人」に向けてイロイロと考えちゃう「25歳」。そんな若...
Facebook CEOのマーク・ザッカーバーグ氏がエボラ出血熱の感染拡大を阻止する為に「25億円の寄付」を行ったことが話題になっている。フェイスブックに...