【ビーカーやフラスコが大人気】理系インテリアの発信源は、「清澄白河」だった

インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。

このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその名も『リカシツ』というショップ。昭和8年に理化医療用ガラスの卸業としてスタートし、現在も大学や研究機関への理化学ガラス製品や機器製品を供給する、関谷理化株式会社によって運営されているアンテナショップで、ここに揃うアイテムはプロ仕様。今でこそ人気の“理系インテリア”ですが、なぜ研究用の製品を一般向けに売りだしたのか? 

関谷理化株式会社のハウスウエア営業部の猪野和雄部長にお話を伺いました。

Medium e3af87417349086bdd135328d8de0c373e1f3bad

2014年4月にオープンした清澄白河のFukadaso内にあるアンテナショップ『リカシツ』。海外でも人気のインダストリアルテイストを活かした外観になっている。

シンプルなだけでなく、素材も安心安全。とにかく使い勝手がいい!

――大学や研究機関向けの製品をなぜインテリアとして提案したのですか?

「2年ほど前に弊社の試験管を『一輪挿しにしたい』という問い合わせが立て続けに数件きたことがあり、それをきっかけに社内でもインテリアとしての提案ができないかということを考えはじめたんです」

――新しいチャレンジへの抵抗は?

「理化学製品の特徴として安心安全な素材を使用していること、耐熱性が高く熱衝撃にも強いこと、透過性に優れていることなどがあげられます。ゆえに、調理器具としてオーブンやレンジでの使用や、長期保存容器としての使用にも適しているんです。デザインに関しても、機能性を追求したシンプルなフォルムなので、長くインテリアとしてお使いいただける飽きのこない商品だと考えました。

さらに、取っ手をつけたり、穴を開けたり、開口を広げたり、加工性が高いのも利点のひとつです。ベースのデザインはそのままに、オーダーを受ける事も可能ですよ」

Medium b750fd5ef35588590814d43f5d76a04fcc2aea38

堅牢性と安全性を兼ね添えているため、あらゆるライフシーンで自由度の高い使い方ができるのが、理系インテリアの魅力だ。

清澄白河周辺は、コーヒータウンになる以前から、ガラス工房が多く存在している。

――オープンするにあたり、清澄白河を選んだ理由は?

「候補地はいくつかありました。しかし、たまたま深田荘(現:fukadaso)に一部屋空きが出るということ、近隣で話題のコーヒーショップがオープンするなど、清澄白河が注目を集めはじめていること、さらに、近隣の江東区や墨田区にはガラス工房が数多くあったことなど、いろいろな要素やタイミングが重なって、決定しました」

――今の売れ筋は?

ビーカーやフラスコは定番で売れていますね。あとは、コーヒー関連の商品も人気があります。使い方は様々で、コルク付き試験管を調味料入れにされる方、万能壺でピクルスを作られる方もいらっしゃるようです。

10代後半から70代の方まで幅広い年齢層の方にご購入いただいていますが、お客様の8割が女性というのも特徴だと思います。清澄白河は美術館やギャラリー、清澄庭園などがありますので、散歩がてら立ち寄ってくださるお客様も多いですね」

Medium 75b6adc6f79d3311909f3b27f7c587f4e0bafee4

定番のビーカー。手を出しやすい価格も魅力だ。SEKIYA ビーカー 100ML ¥410(税込み)

Medium 15b6f35f5469088a07e40ce7b7bb283e961fe99b

調味料入れに、小物入れに、と使い方の想像が膨らむガラス製の入れ物。万能ツボ 白 500ML  ¥1,620(税込み)

Medium 3fa6c39ce3966012381ae8116ff68b43fee74467

実際の使用例。サイズ違いで揃えても便利。並べると、それだけで“見せる”インテリアとしても機能するのもうれしい。

ユーザーの声を反映した、ショップオリジナル商品やワークショップにも注目!

――プロ用とは違った、オリジナル商品もあるんですね?

「はい。我々が思いもしなかった使い方や新しいアイディアをお客様からいただくことも多いです。例えば、人気商品のひとつである『取手付きビーカーBK-7』は、ビーカーに取っ手をつけてカップとして使いたいというお客様の声からうまれた商品です」

Medium 87b757116ebb0c1ee5d3a1a5a066d535fe861a86

こちらがショップオリジナルのビーカー。SEKIYA BK-7 ビーカー 300ML 取手付き ¥1,112(税込み)

――ワークショップを行っているとのことですが、内容はどのようなものですか?

「1Fは店舗なんですが、2Fはワークショップなどが行えるスペースになっています。テーマは、花、飲み物、苔、テラリウム、アクアリウムなど、さまざまです。特にテラリウムやアクアリウムなどのワークショップで作った作品は、容器ごとお持ち帰りいただけるので、ご好評いただいています」

Medium c0029147e24e7edfa91344d544028bfdbe91cea0

植物の鉢にしたり、ちょっとしたテラリウムを楽しむことも可能。園芸用としても愛されている。

――今後、どのような展開を考えていますか?

「今まで通り安心安全なもの、そしてお客様に望まれているものをお届けするというのは変わりません。新しいところでは、地域の小学生の皆さんにもっと理化学を楽しんで学んでもらえるような取り組みをしていきたいと思っています。

また、技術をもった硝子職人さんたちを守っていくこともわれわれの役目のひとつです。『リカシツ』を起点に地域と連携して理化学製品を広めていくことが目標ですね」

【店舗情報】
リカシツ
・住所:東京都江東区平野1-9-7 深田荘102
・TEL:03-3641-8891
・営業時間:平日(13:30~18:00) 土曜、日曜、祝日(13:00~18:00)
・HP:http://www.rikashitsu.jp/

Licensed material used with permission by 関谷理化株式会社
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
スピルリナとは、藍藻の一種。大豆より豊富なタンパク、およそ30種以上のミネラルなど、人間にとって必要な栄養素がぎっしり。スーパーフードとしても注目を集め、...
月明かりで生活できたなら…、そんなロマンチックな夢を実現したムーンライトがあります。このおぼろげな明かりをまずはその目で確かめて。夜空の月明かりをそのまま...
この記事のテーマは「紅茶」です。でも、一般的な紹介とは違い、味には一切言及しません。だって、この「NOVELTEAS」は、飲みものとしてではなくむしろ、部...
もしかすると、テレビやスマホで翌日の天気をチェックする時代は、もう終わろうとしているのかもしれません。この長方形の箱の正体は、ビジュアルで天気を教えてくれ...
毛の一本一本まで精緻に描かれた、動物のポートレート。その体の奥に透けるのは、美しい風景…。このイラストレーションは、デンマーク・コペンハーゲンに本拠を置く...
広い庭を持てない都心のマンション暮らしの人が、家庭菜園を営む。ベランダでは言わずもがな、LEDを利用して屋内でも野菜やハーブを栽培するようなライフスタイル...
日本において約1,400年の歴史を持つ「瓦」は、単に風雨から建物を守るための手段ではなく、他では生み出せない独特の銀色が魅力。強さと美しさを兼ね備え...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
自転車を室内に持ち込むわけだから、結局のところインテリアとどれだけ調和できるかがすべて。だけど、スチールものやハンガータイプはさもありなんで、どうしても部...
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
本の楽しみ方はさまざまだ。中の情報を消費するのは当たり前。メッセージを込めたプレゼントとしても優秀。そして何より、こだわり抜かれた装丁は、インテリアとして...
仕事や家事に追われていて、身近にゆっくりとくつろげる癒しの空間をつくりたいと感じているあなた。ぜひ、「ウッドトピアリー」に注目してみませんか?ほとんど手間...
仕事や勉強で使うデスクは、ある意味「親友」のようなもの。長い時間、苦楽を共に過ごしていくわけだし、自分にとってのベストであって欲しいですよね。だけど、日本...
部屋のインテリアや装飾としても親しまれる、サボテンなどの多肉植物は、水耕栽培で育て、増やしていくことができます。お手入れも意外と簡単で、小さなスペースがあ...
BGVとは何かって?バックグラウンドビデオのことさ!カフェやバーで流れていることもある。映画やミュージックビデオとなんでもよく、音がなくてもいい。ぼんやり...
部屋の中からテレビの存在感が薄れてきてた。こう感じているのは私だけではないはずです。スマホ画面で4K動画が見られるこの時代。「薄さ」や「インチ数」へのこだ...
個性豊かな廃材を利用した手作り家具は、独特のビンテージ感と一点ものの風合いで人気を呼んでいます。ここに登場する家具や雑貨も、やはり廃材をリメイクしたもの。...
フラワーデザイナーで、庭師のKim Fisher氏。彼女が手がけた壁掛けプランターが話題になっています。観葉植物を置きたいけど、部屋が狭くて置く場所に困っ...