話題のボタニカルライフスタイルブランド「BOTANIST」を買ってはいけない「7つの理由」

発売以来、多くのモデルや女優のポストでインスタグラムを賑わし、巷で人気沸騰中のシャンプー『BOTANIST』。楽天市場では2年連続年ランキング1位を獲得しました。90%以上が植物由来成分で、ノンシリコンなのにきしまず「なりたい髪」へ近づけるとあっては、まだ使ったことがない人なら気になって仕方がないでしょう。

「私も使ってみようかな・・・」ですって?ちょっと待ってください。
安易に手を出すと大変なことに

01.
使いはじめた翌日から・・・
すごい質問攻めが待っている

D35944652aea75698b0ee4d71bf504776f1cc5c3

BOTANISTの香りは、シャンプーとトリートメントで違う「ダブルフレグランス」。モイストタイプ・スムースタイプ・スカルプタイプでも香りの組み合わせが違うから、色んな香りが楽しめます。アプリコット、ベリー、グリーンアップル、ローズ、ジャスミン・・・大自然を感じさせる、そんな瑞々しい香りを髪から漂わせていたら、行く先々でBOTANISTを知らない人たちからの質問攻めにあってしまうのです・・・「すっごくいい香り・・・あの、シャンプー何使ってるんですか!?」

348f08a25a658d47b2f9049a25840c2e42a77905

02.
サラサラ髪になり過ぎて
別人に間違えられてしまう

6f9be52361e2e35a5be01fa7268c0956f26f4bf2

BOTANISTのシャンプー・トリートメントは「なりたい髪」で選べる3タイプ。パサつきが気になるなら「モイストタイプ」、髪の毛が絡まりやすいなら「スムースタイプ」、髪のハリ・コシが気になるなら「スカルプタイプ」がオススメなわけですが・・・想像以上になりたい髪質に近づいちゃって、雰囲気がガラリと変わってしまう可能性も。久しぶりに会う友達に遠くから手を振っても気づかれず・・・近寄っても、あれ?無視された?

さらに、アボカド油パーム油ヤシ油など、植物の力があなたにもたらすのは、ウルツヤ・サラサラな髪と必要以上の「モテ」。あまりに魅力的な髪に洗い上がるため、男性はもちろんの事、女性からもモテてしまうとか。隣に座った女友達が、「髪、触ってもいい?」

61cc49d3a56e19d456acf42ee8023b9167b3efdc

03.
旅行先でついつい
思い出してしまう

ボタニストで洗ったあとの仕上がりは完璧で、毎日満足。でもそれに慣れ過ぎてしまうと、旅行先のホテルで髪を洗っている時ついついBOTANISTを思い出してしまいます。「このシャンプーも結構いいんだけど、やっぱり・・・」
それでも国内旅行ならMY BOTANISTを持っていけばOKなのでまだいいかもしれません・・・海外旅行だとボトルを機内に持ち込めない・・・そして泣く泣く旅行を諦めるほどに!?

14c0e01ff6101d7bc23586902cf9266fb3a41d37

04.
「え?まだ1ヶ月?」
使用歴によって
上下関係が
できてしまう

91a1439007db32d84a7149b0fdeb5cf9d80d1fd0

あなたが最近使い出したBOTANIST。そしたらもっと前から使っていた会社の後輩が、何やら急に上から目線に・・・「センパーイ、BOTANIST使い初めてまだ1ヶ月なんですかあ。ふーん、まあ私はもう3回詰め替えましたけど」・・・何やら自然とBOTANIST歴による上下関係が形成されてしまうらしい!?

61cc49d3a56e19d456acf42ee8023b9167b3efdc

05.
「シンプル!」
バスルームがBOTANISTに
染まる

2e6b8d21f49608e3d57e737cba6e82ff4e25526a

シャンプー、トリートメント、ボディーソープ、そのほかにアウトバス商品など、とにかくアイテムが豊富なBOTANIST。好きすぎるからそれらを全て揃えないと気が済まなくなってしまい、そのせいでバスルームがBOTANISTだらけに・・・

348f08a25a658d47b2f9049a25840c2e42a77905

06.
「リピーターですが、何か?」
詰め替え用を買う時の
店員さんの視線がクセになる

4cb8d12484f5bf4658519c7315d89225788d8e79

価格がちょっと高めのBOTANIST。その詰め替え用を買う時にあなたに向けれられる店員さんの眼差しは、「やっぱりキレイな人はわかってる」。サラサラな髪が魅力的なのもあるのでしょう。尊敬と羨望と憧れが入り混じったような店員さんの視線がクセになってしまい、まだ使い切ってもいないのに詰め替えストックを買い続けてしまうらしい!?ちなみに、BOTANISTが入手可能なリアル店舗は輸入生活雑貨店「PLAZA」です。

14c0e01ff6101d7bc23586902cf9266fb3a41d37

07.
LINE友だち追加でBOTANISTの
最新情報&お得クーポンを
GETする

6d527da15eb4ea0de04d578757c979822304533f

BOTANISTのLINE公式アカウントを友だちに追加するだけで、最新情報や超お得なクーポンをタイムリーにゲット。賢くお買い物ができるから、思わずドヤ顔に。

625616a71f42372b8204475c88625fcd67b21504

楽天スーパーSALE期間中なら
最大2,000円OFFのクーポンが!

3月3日(金)17:00〜3月9日(木)16:59「楽天スーパーSALE」。期間中にBOTANISTを購入すると、ポイントが5倍に(全商品対象)!

さらにボディーケアライン2本以上購入で500円OFF最大で2,000円OFFのクーポンをゲットするチャンス。この機会をお見逃しなく!

39963137481f7f319f825291674114572ba46197
原宿は学生の街…なんて思っていたけど、その面白さを見直し始めている今日このごろ。日本初上陸のカフェはまずこの街に集まってくるし、知らない道を入れば個性的な...
ハイトーンでカラーリングした髪の毛の色をキープするのは難しい。サロン帰りのあの色味は、もってせいぜい2週間程度という実感。そこからはもうシャンプーするたび...
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
「ノー・プー」という言葉、聞いたことはあるでしょうか?それは、シャンプーを使わないという意味で数年前から使用され始め、主にアメリカで流行している新しいキー...
海外のセレブや、環境に敏感な人たちがやっていること。それは、石鹸やシャンプーを使わずに、お湯だけでカラダを洗うやり方だ。ここ数年、「ノンシリコンシャンプー...
男性も女性も、タイミングは違えど薄毛や髪質に悩む時期はあるもの。オーガニックなライフスタイル情報を扱うwebサイト「Simple Organic Life...
私はこれまで10代から90代まで、幅広い女性達の美容相談を受けてきましたが、美のお悩みは十人十色。もともと私もアトピーで肌に大きな悩みを抱えていて、美容の...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
オイルを使ってうがいをするだけ。手軽にできる美容法として話題のオイルプリング。けれど、「やってみた」という人はまだまだ少ないはず。良いというハナシは聞いて...
バッハやモーツァルト、マリー・アントワネットの写真を教科書で見るたびに、あまりにも特徴的な髪型が気になって仕方がありませんでした。歴史に名を残す彼らが、ど...
シングルファーザーとなったパパたちの奮闘ぶりは、なんとなく想像がつくところ。ですが、ここで紹介する仲良し父娘の絆の深め方は、とっても素敵なものでした。父娘...
近頃、注目されているグレープシードオイル。ワインの製造過程において、ブドウの搾りかすの種子からできるこの食用オイルの、いったいどんなところが優れているので...
「編み込み」好きが高じて研究に研究を重ねた結果、もはや趣味の域を超えアートとしか言いようのないヘアアレンジを、毎朝ひとり娘に施すママがいます。まずは、いく...
いろいろな髪型を試せるのは、女の子の特権。「アレンジってむずかしいから」と避けている人、5歳のマグノリアちゃんが教えてくれますよ。動画ビュー数はなんと7万...
子どものころはワクワクしていた誕生日も、大人になるとちょっぴり複雑な気持ちになるもの。それならば、またひとつ大人になることをポジティブに受け止められるよう...
多くの人が経験していることだとは思いますが、髪の状態はブラッシングによって大きく左右されます。でも、自分のブラッシング方法が正しいかどうかなんて、なかなか...
水着の季節に気になるのがアンダーヘアの処理。欧米人はアンダーヘアーを処理することは常識で、女性のみならず男性も手入れしている。海外では、アンダーヘアーを完...
「まさにプロの魂を見せつけられた気分だ」。これは、この記事の主人公James WilliamさんのFacebookに投稿された、写真とコメントを目にした人...
大ヒットの可能性を秘めているヘアピンがあります。発売未定ですが、すでに日本のみならず海外からも問い合わせが殺到中。ただし、単なるファッションアイテムではあ...
付き合うと「彼色に染まる」女の子もいるようですが、恋する乙女のような夢中さにとどまらず、自らのヘアアレンジをアートに染めてしまった女性を紹介します。芸術鑑...