31日間シャンプーを使わずに生活した2人の女性。その結果とは?

「ノー・プー」という言葉、聞いたことはあるでしょうか?それは、シャンプーを使わないという意味で数年前から使用され始め、主にアメリカで流行している新しいキーワード。日本でも聞いたことがあるという人、いるかもしれません。

ちなみに、以前TABI LABOではお湯だけで髪を洗う「お湯シャンプー」の話題を紹介していますが、シャンプーって本当に必要なの?と疑問を持っている人や、実際に使うのをやめた人も少なくないようです。

確かに、より自然のものを使って、体や環境、お財布にも優しい方法があるとなると気になるもの。ここで紹介するのは、10年後のライフスタイルを模索するニューヨークのメディア「TreeHugger」の2人の女性ライター、マーガレット・バドアとキャサリン・マーティンコが1ヵ月間「ノー・プー」で過ごしたらどうなるのかを検証したお話

まずはマーガレット・バドアの例から見てみましょう。


85singo_no-poo-not-for-me1.jpg.662x0_q70_crop-scale

私にとって、美容はいつのまにかただの流れ作業になってしまっていました。ムダ毛を剃ったり、化粧したり。ちゃんと歯は磨いてるけど、全部面倒。それで、1月からシャンプーをやめて、もっと自然な方法を試してみることにしました。

今回使わなかったのはシャンプーとリンス。シャワーは浴びていたし、香りをつけるためにお茶を使うこともありました。それに、もちろん重曹とビネガーで頭を洗う人たちのことも知っています。でも、私は苦行になってでもいいからシャンプーも重曹も使わないで生活してみることにしました。

数日目以降は、変化なし?

85singo_not-poo-not-for-me.jpg.650x0_q70_crop-smart

私の髪の本来の色は、明るすぎず暗すぎずの中間。髪質も細くて柔らかいタイプです。髪を洗わなくなってからは、髪の色が暗く、重くなりました。それまでは24時間に1回の頻度で髪を洗っていましたが、チャレンジを初めて1週間で油っぽくなりました。

でも、3日目以降はそんなに変わらず。人前に出るときは自然とポニーテールにするようになっていたんですが、2週間くらい経った頃に友達にこんなことを言われたのが印象的でした。

「ねぇ、なんか2日間くらい頭洗ってない感じに見えるよ」

私はチャレンジの途中で、香りをよくするために何度かカモミールティーでリンスしました。見た目の油っぽさは一向に変わらず。髪質が太くてパーマがかかってる人は、シャンプーをやめたことで髪が明るくなったとか、落ち着きやすくなったという意見もあるみたいです。けど、私の髪はシャンプーを使っていた時よりもいい状態になることはありませんでした。

85singo_margaret_badore_no_shampoo.jpg.662x0_q70_crop-scale

結局のところ、私はシャンプーを使って洗ったフレッシュな髪が恋しくなりました。それって浅はかでしょうか?私は美しさや清潔さに奴隷のように過剰に反応しているだけなんでしょうか?

実験開始から31日が経ち、髪を元の状態に戻す前に一度だけ重曹シャンプーを試してみました。匂いに耐えられないからビネガーはナシ。

重曹はすぐに油に吸収されてしまいました。だからお湯に溶かして頭全体にドサッとかぶることにしたんです。そうしたら、ちょっと粉っぽくはなったけど、キレイになった感じはしました。

私が思うに、きっとこの方法は私とは違う髪質の人に合っているやり方なのだと思います。私はシャンプーを使うことにします。そして、もっと他の自然な方法を模索してみることにします。


 重曹とビネガーは
剛毛タイプに効果てきめん?

85singo_girl_with_red_hair.jpg.662x0_q70_crop-scale

ここからは、もうひとりの実験者。キャサリン・マーティンコのお話。


私はマーガレットとは違って、化粧品に目がないタイプです。未だにアイライナーやアイシャドウ、マスカラ、リップグロス、加湿器などなど毎日使っています。

これまで、私はとてつもない金額を美容につぎ込んできました。その流れで、ナチュラル系にもハマったんですが、今度はオンラインのナチュラル系のコスメショップにお金を使うようになっただけでした。だから、今回はシャンプーそのものをやめて、重曹とビネガーで洗う方法を試してみることにしました。

私は元々、4日間に1度の頻度で髪を洗っていました。4日もたつとサラダドレッシングでも作れるんじゃないかってくらいの油が出てきます。勿論ビネガーもつけていたけど、驚いたのは重曹が信じられないくらい髪をキレイにしてくれたこと。油もとれてスッキリして、輝きが増しました。

ビネガーの匂いは確かに気になるけど、洗い流してリンスして乾かした後は、全然気になりません。

85singo_Katherines_no_poo_experiment

上の写真は実際に重曹を使って髪を洗って乾かした後の写真。ちなみに、くせ毛だからココナッツオイルを塗ってます。普通のシャンプーを使ってた時はもっと爆発した毛玉みたいな髪だったんですけど、今はかなり落ち着いてます。

私はもうシャンプーを2度と使わないと思います。私の髪はとてもゴワゴワしていて、パーマがかかってて、爆発しがち。でも、シャンプーをやめて重曹とビネガーに切り替えてからとても落ち着くようになりました。ココナッツオイルが少し必要ではあるけど、その分ヘアアイロンにも頼ることもなくなりました。

このチャレンジは私の友達の間でも多くの関心が集まりました。何人かの友達が同じようにトライしたけど、みんなその効果に驚いていました。もし試したいと考えているなら、最初はシャンプーの回数を減らすところから始めることをオススメ。慣れてきてから重曹に切り替えるといいと思います。

私は完全にこの方法に切り替えることにしました。きっと一生戻らないと思います。誘ってくれたマーガレットには本当に感謝!


どうやら髪質によっても、その効果はまちまち。週に2回だけシャンプーしたり、重曹を使ったり、お湯シャンプーを試してみたり。様々な方法がありますが、髪質が太くてくせ毛に悩んでいる人は、重曹とビネガーの方法を一度試してみてもいいのかも?

Licensed material used with permission by TreeHugger

ハイトーンでカラーリングした髪の毛の色をキープするのは難しい。サロン帰りのあの色味は、もってせいぜい2週間程度という実感。そこからはもうシャンプーするたび...
海外のセレブや、環境に敏感な人たちがやっていること。それは、石鹸やシャンプーを使わずに、お湯だけでカラダを洗うやり方だ。ここ数年、「ノンシリコンシャンプー...
男性も女性も、タイミングは違えど薄毛や髪質に悩む時期はあるもの。オーガニックなライフスタイル情報を扱うwebサイト「Simple Organic Life...
お菓子づくりやお掃除に、何かと役立つ重曹。それだけでなく、消臭やお肌の角質ケアとしても効果が期待されるなど、ひとつで何役もこなすツワモノなのです。「Lit...
1日もしくは1週間に何度シャワーを浴びるか。日本人は世界的に見ても、概してキレイ好きな方と言われるが、実際のところはどうなのか。そんな疑問に答えるために、...
水着の季節に気になるのがアンダーヘアの処理。欧米人はアンダーヘアーを処理することは常識で、女性のみならず男性も手入れしている。海外では、アンダーヘアーを完...
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
私はこれまで10代から90代まで、幅広い女性達の美容相談を受けてきましたが、美のお悩みは十人十色。もともと私もアトピーで肌に大きな悩みを抱えていて、美容の...
シングルファーザーとなったパパたちの奮闘ぶりは、なんとなく想像がつくところ。ですが、ここで紹介する仲良し父娘の絆の深め方は、とっても素敵なものでした。父娘...
子どものころはワクワクしていた誕生日も、大人になるとちょっぴり複雑な気持ちになるもの。それならば、またひとつ大人になることをポジティブに受け止められるよう...
多くの人が経験していることだとは思いますが、髪の状態はブラッシングによって大きく左右されます。でも、自分のブラッシング方法が正しいかどうかなんて、なかなか...
大ヒットの可能性を秘めているヘアピンがあります。発売未定ですが、すでに日本のみならず海外からも問い合わせが殺到中。ただし、単なるファッションアイテムではあ...
「編み込み」好きが高じて研究に研究を重ねた結果、もはや趣味の域を超えアートとしか言いようのないヘアアレンジを、毎朝ひとり娘に施すママがいます。まずは、いく...
昨年、「Collective Evolution」に掲載されていたAlanna Ketler氏の記事は、大きな話題を呼びました。スキニージーンズを長時間履...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
子育てに苦労はつきものですが、とくに異性の子どもの場合、自分の幼少時代の経験が通用しないこともあり、なかなかうまく接することができないことがあります。フィ...
ひょっとしたらニーズがあるかもな、くらいなアイテムを紹介するときの方が、書き手としては案外気がラク。もともと見向きもしないような人たちに、仮に届いたとした...
その独特のカラフルさで夢中になる人が続出した、海外限定の「ユニコーンフラペチーノ」。数日間だけのメニューだったのにも関わらず、爆発的な人気だったのだとか。...
近頃、注目されているグレープシードオイル。ワインの製造過程において、ブドウの搾りかすの種子からできるこの食用オイルの、いったいどんなところが優れているので...
写真の男性。「なぜ、お風呂でハットをかぶっているの?」と疑問に思いますよね。実は彼、まったく新しい発想の「スカルプケア」の真っ最中なんです!男性の頭皮ケア...