水着シーズン到来!女性なら絶対に知っておきたい「アンダーヘアのお手入れ方法」

水着の季節に気になるのがアンダーヘアの処理。欧米人はアンダーヘアーを処理することは常識で、女性のみならず男性も手入れしている。海外では、アンダーヘアーを完全に処理する「ハイジニーナ脱毛」が主流だが、全処理には抵抗があるというのが、大方の日本人の感想だろう。

生えっぱなしではなく、整えた方が衛生的なうえに、ヌードも洗練されて見える。特に水着になるこの季節、適切なアンダーヘアのケア方法を知っておいて損はない。

shutterstock_258586226

半永久脱毛するには幾らかかる?

にっくきムダ毛。いわゆるビキニは、前面がVライン、性器周りがIライン、肛門周りをOラインと分けられている。

半永久的に生えてきてほしくないなら、高い出費とほんの少しの痛みに耐えて医療クリニックでレーザー脱毛することをオススメする。どうしても痛みを避けたいのであれば、麻酔処置をしてくれるクリニックもある。

但し、1回1万円から2万円の施術費を5回程度かけて行うのと、一度レーザー処理すると元に戻すことは不可能になるため、まずは自己処理か、ブラジリアンワックスの専門店でアンダーヘアの処理をしてみるのも悪くない。

お手軽なはさみでやカミソリの処理

毛の処理となるとパッと思いつくのがはさみとカミソリ。

はさみで切る方法は手軽なものの毛先が鋭角にカットされてしまうため、下着や水着の繊維から毛が突き出たり、毛先が肌を刺激してチクチクすることがある。シェーバーで処理する前に、ある程度、アンダーヘアを短くするために用いることが多い。

デリケートゾーンは皮膚が弱いので、剃毛後がチクチクする可能性が高いうえに、毛の太さによっては点々に見えるので、カミソリは避けた方がベター。シェービングをすると、どうしても角質層が削れてしまいがちのため、ワセリンを薄く塗り、肌を保護しておくことがオススメ。

この両者のデメリットを解決するかたちであるのが、非発熱式シェーバーやトリマーは多くの毛を一度にカットでき、スピーディーな処理が可能。正しく使えば、肌への負担も減らせる。

数千円で購入可能
発熱式電動トリマー

コームに電熱線のついた発熱式は、毛先が丸くなるのがメリット。デメリットは、一度にたくさんのヘアを素早く処理できないこと。これは、昔、線香でアンダーヘアを焼切る方法からきている。毛は焼き切ることでカット断面が丸くなるため、チクチク感もなく下着からヘアが突き出しにくい。

専用サロンで一気に脱毛
ブラジリアンワックス

剃るのではなく、脱毛したいという場合。アンダーヘアのように太い毛を引き抜くと、毛に繋がっている毛細血管を傷つけ、出血や炎症(毛嚢炎)が発生しやすくなるだけではなく、処理後に埋没毛になりやすく、オススメできない。かといって、レーザー脱毛を躊躇するようであれば、サロンでのブラジリアンワックスがいい。

海外では一般的な脱毛方法で、VIOラインのアンダーヘアにワックスを塗って固め、ワックスと一緒に毛を引き抜く。サロンでは15分くらいで処理が終わり、プロが行うことにより痛みも少なく、脱毛後のケアもしてもらえるうえに仕上がりが美しいため、ワックス処理をするなら専用サロンに行くのがベター。

日本ブラジリアンワックス協会に加盟しているブラジリアンワックスのサロンは東京に約70店ほどあり、VIOゾーンの料金は、平均すると初回 6,000円から6,500円前後で、クリニックでのレーザーよりも安い。しかし、毛のターンオーバーに乗じて、また生えてくる。
いずれにせよ処理後は再度ワセリンやクリームで保湿することが重要。また、除毛・脱毛直後は強くこすることのないように。

繊細でトラブルを起こしやすく、なおかつ自己処理しづらい部位なので、できるだけ用途にあった専門クリニックでの処理をしたいところである。

「こんなに透けちゃってていいの!?」と見ているコチラが心配したくなる水着が登場していた模様!…が、先に言っておくと、どうやらコレ、色めき立つ男性陣の期待に...
自宅でできるレザーシューズのお手入れ方法とは?せっかく高価な靴を手に入れても、ケアを怠れば靴の寿命を縮めてしまうことに。 紳士淑女たるもの、日々の正しいお...
ここ数年、空前のスニーカーブームが続いていますが、正しいスニーカーのお手入れの仕方は意外にも盲点。果たして子供の頃の運動靴みたいに、ジャブジャブとタワシで...
子どものころはワクワクしていた誕生日も、大人になるとちょっぴり複雑な気持ちになるもの。それならば、またひとつ大人になることをポジティブに受け止められるよう...
なめらかな風合いが魅力のスエード靴。特に淡い色はその美しさとはうらはらに、雨ジミや泥汚れが付くと落としにくいという厄介な一面も。今回はそんなスエードのお手...
20代のうちは「知らない」「できない」で済まされていたことが、30代になっても改善できていないとしたら非常に残念。まず自分自身の軸がしっかりしていれば、ど...
梅雨が明けると、いよいよ夏が到来。早く海に行ってワイワイはしゃぎたい!なんて思ってるアナタは水着の用意はバッチリですよね。でも今年は、それだけじゃなく「ビ...
ピカピカと光り輝いているからこそ、エナメルシューズは美しいってものです。男女ともにドレスシューズの代名詞でもあるエナメル素材。そんな素敵な靴を台無しにする...
デザインを気に入って買ったのに靴ずれができてしまった。ぴったり!と思って1日履いたらマメができてしまった…。そんなトラブルや痛みなどなく、好きな靴を履けた...
なんとなく自分の中で勝手に限界を決めてしまっていた「プールが持つ可能性」。でも、一歩引いた視点から既存のルールを見直してみると、たしかに、まだまだ“改革”...
ライターSarah Fader氏が「YourTango」にまとめたのは、なんともピンポイントな記事。これから「おうし座女性」と付き合いたいと思っている、も...
私はこれまで10代から90代まで、幅広い女性達の美容相談を受けてきましたが、美のお悩みは十人十色。もともと私もアトピーで肌に大きな悩みを抱えていて、美容の...
「ノー・プー」という言葉、聞いたことはあるでしょうか?それは、シャンプーを使わないという意味で数年前から使用され始め、主にアメリカで流行している新しいキー...
気づけば8月も終盤。夏ももう終わりと思いがちですが、いいえまだまだ。ライターKayla Cavanagh氏が「YourTango」に、絶対にやっておくべき...
日常生活の中で、「なんか強そう。苦手かも」と思う女性はいますか?なにを考えているか読めなくて、接し方もわからないから、自然と距離を置いてしまう…そんな相手...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
日本人女性2人が手がけるアンダーウェアブランド「Pasquet(パケ)」。ランジェリーデザインを学んだ彼女たちは、現在フランスを拠点に活動しています。ミニ...
夏定番の透け感のあるブラウスや、麻素材のカットソーはすぐシワになるのが難点。薄手のカーディガンや、サマーニットは匂いがつきやすい。まとめてクリーニングに出...
大人になるということは、美容も健康も精神状態も、自分のことは自分で責任をとるということ。心身ともに健康でいるためにも実践してみたいのが「上品な女性が実践し...