まだ若いのに、どうして白髪が生えてしまうの?

LittleThings」のライターILEANA PAULES-BROさんは、人より早く生えてきてしまった白髪が、ずっとコンプレックスだったと言います。

30代後半からが普通だと思っているかもしれないけれど、10代や20代ですでに悩まされている人もいる。彼女によると、それは大きく5つに分類されるそう。

960decb247ce4c3983aef3659a705db17b218ab9

年齢に関係なく、もし人に言えずに抱えている悩みなのであれば、何が原因なのかを突き止めることから、はじめてみてください。

01
遺伝子によるもの

2258f2df32c333e304be00f1d080e7e72ba172af

周りの人よりも、早く白髪が生えてきてしまう。その理由の1つは、遺伝子によるものです。例えば、両親が20代に白髪に悩まされていた場合は、子どもも同じ状況になる可能性が高い。「SELF」は、遺伝子が最も大きな役割を果たしているとも報告しています。

だからこそ、

食生活やストレスに目を向けるよりも先に、両親が同じ年齢の時にどうだったかを確認しましょう。

02
ビタミンが足りていない

009e95d92187911d203f418deaa9a793b1196e48

ビタミンB-12を含む、卵、牛乳、魚、肉などが不足すると、ずっと疲れがとれなかったり、頻繁に物忘れをすることがあります。「WebMD」によると、それは白髪の原因にもなるのだとか。

03
甲状腺の異常

C8468ee4fa2cd645403d43a75ea7fd3ede8a29e0

ビタミンB-12不足のように、甲状腺に問題があると、髪の毛にそれが表れる。こう説明するのは「WebMD」。もし甲状腺ガンの心配をしているのなら、この記事を読んでみてください。

04
30歳までの喫煙

0a42de5de2065b4e1493de71c34715ea7775f57a

「Indian Dermatology Online Journal」に掲載された研究によると、若い頃の喫煙は白髪を促進させる可能性があります。

タバコに含まれているニコチンが血流を悪くさせ、メラニン色素の生成に悪影響を及ぼすのが理由なのだとか。

05
過度なストレス

3c379ee6e0847c9a29e788ce60678fbdaa8f71f2

白髪の理由として、よく言われるのがストレスです。けれど「Scientific American」によれば、あくまでも促進を早める可能性があると言われているだけで、発毛に直結する関係はないのだそう。

まずは1〜4の項目が当てはまらないか、確認してみてください。

Licensed material used with permission by LittleThings
付き合うと「彼色に染まる」女の子もいるようですが、恋する乙女のような夢中さにとどまらず、自らのヘアアレンジをアートに染めてしまった女性を紹介します。芸術鑑...
女性の黒髪がほんの数秒で赤へと変わり、また黒へと戻る。普通はこんな映像あり得ないと思うんだけど、事実というのだから驚きです。秘密は、現在開発中の「温度」に...
一般的に「抜け毛」と聞くと、男性特有の悩みのように思えます…が、女性にだってそのリスクはあるようです。「Little Things」にライターAngel ...
性別や年齢を問わず、私たちを悩ませるもののひとつ「薄毛」。遺伝的な要素ももちろんあるだろう。でも、それ以上に日常生活には、髪の毛へ大きな負担となっている習...
「ノー・プー」という言葉、聞いたことはあるでしょうか?それは、シャンプーを使わないという意味で数年前から使用され始め、主にアメリカで流行している新しいキー...
「幸せになりたい」と思いながらも、自ら「幸せ」を遠ざけている場合もあるということを知っていますか?ここでは、自著『なぜか自動的に幸せになれる72の習慣』か...
多くの人が経験していることだとは思いますが、髪の状態はブラッシングによって大きく左右されます。でも、自分のブラッシング方法が正しいかどうかなんて、なかなか...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
アメリカ的感覚ではあるものの、女性ライターのRebecca Endicottさんが「Little Things」でまとめたのは、「これはマネしたい!」と思...
大ヒットの可能性を秘めているヘアピンがあります。発売未定ですが、すでに日本のみならず海外からも問い合わせが殺到中。ただし、単なるファッションアイテムではあ...
世界で最もレアな髪色は何だか知っていますか?じつは「赤い色」で、世界に1%ほどしか存在しないのだそうです。20ヵ国を訪ね、130人もの赤髪の女性を撮影した...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「Thought Catalog」のライターJames S. Fell氏は結婚26年目。その大ベテランの彼曰く、離婚率が高くなった現代社会において、25年...
お母さんのヘアカラーを間近で見ているせいか、自分も「ピンク色の髪に染めたい」と、前から言っていたおませな2歳のFelicityちゃん。念願叶って、お母さん...
ドキドキの新生活が間近に迫ってきたけれど、まだ住まいをどうするかは決めていない…。そんな人に向けた記事がこちら。広いお風呂やおしゃれなキッチンなど、希望は...
これは、すべての夫婦、または夫婦になろうとしているカップルが知っておくべき内容かもしれません。米メディア「Your Tango」に関わる、恋愛や夫婦関係の...
いつでも気分よく生活するなんて絶対ムリ!なんて思ってはいませんか?もちろん、人生は山あり谷ありですから、つらいことや悲しいこともありますが、ANAで25年...
机に座ってうーんと頭を抱えたり、眉間にしわを寄せて思索にふけったり。「考える」というと、何か「お勉強」的なイメージがつきまとう。だが、それはもっと身近で、...
これまで3,000人の糖負荷検査を行ってきた医師の溝口徹さんは、20年に渡って「うつ」や「パニック障害」など精神疾患の治療にあたってきた人物。近著『「血糖...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...