直観力を鍛えるための5つの方法

何か突発的なことが起きた時の対処だけではなく、私達の日常生活は瞬間的にAをとるかBをとるかという選択の連続です。同じ努力をしていても、成功する人とうまくいかない人の違いは、直観による正しいチョイスができるかどうかではないでしょうか。そこでは直観力を鍛える5つのメソッドをご紹介します。

1.パソコンのマウスを左手に持ち替え直感力を鍛える

He doesn't have to go far to work...

人間の脳は右脳と左脳に分かれており、左脳は言語脳、理屈脳と言われるように論理的な思考を担当し、右脳は感性やひらめきをつかさどります。
直観力を鍛えるためには、この右脳の働きを高める必要があります。

右脳のトレーニングによいとされているのが、読書です。
小説などを読むと、書いてある文字から状況や風景などを頭に思い浮かべますが、これには右脳が動員されます。

また、もっと簡単にできる方法としては、普段右利きの人は右手でマウスを使っていると思いますが、これを左手に持ち替えてみましょう。
右脳は体の左半身につながっているので、左側を使うことで右脳を刺激することができます。

2.直観力の最大の敵は人目を気にすること

_000001439644_Large

あなたが自分の直観に従って何かを決めたいという時に、一番じゃまになるものは何だと思いますか?
それは人目を気にすることです。

自分は本当はAの方がいいと思っているのに、「みんながBを選ぶから」「空気が読めないやつと思われそうだから」「Bを選ぶことを期待されているから」など、他人がどう思うかを基準に判断がブレてしまうことがあります。

周囲をよく見てそれに合わせることは必要ですが、周囲に流されて安易に判断を周囲の状況に委ねてしまっていては、あなたの直観力が鍛えられることはないでしょう。
成功した人の多くは、周囲がどう思おうと自分を信じて我道を行った人なのです。

3.直観力とは積み重ねた経験則を瞬時に引き出す能力

家族

直観というと、「第六感」とか「虫の知らせ」の類のように思う人も多いのですが、これは誤りです。
瞬時にその時に自分にとって最適なものを選ぶ「直観力」は決して外からもたらされるものでも、その時々の運に左右されるものでもありません。

直観力とは、あなたの中に蓄積された経験から導き出されるものです。
つまり、なるべく多くの経験の引き出しを持ち、かつそれが効率よく分類されていて、必要な時に瞬時に取り出す能力がある人が、直観力がある人ということになります。

ですから、まずは経験を増やすことが直観力アップに繋がります。
多くの経験をした人はそれだけ引き出しの数が多いので、取り出せる場面も増えるし、スピードもアップします。

4.あえて新しいことにチャレンジして直観力を鍛える

Sport success on sunset background

直観力は過去の経験から引き出されるものですから、当然引き出しは多ければ多いほどいいということになります。

ですから直観力を鍛えるためには自ら新しいこと、やったことのないことを探し、経験の引き出しの中にインプットしていく作業が必要です。

難しいことはありません。まだ行ったことのない場所、会ったことのない人、食べたこのとのないものとの出会いと初体験を意識して増やしていきましょう。

5.直感力を鍛えるために成功者がしていること

Welcome to our family

スティーブ・ジョブスやクリント・イーストウッドなど、多くの成功した人に共通している習慣が瞑想です。
瞑想というと、座禅を組まなければいけないのかとか、難しすぎてできないのではないかとか思うかもしれませんが、そんなことはありません。

座ったり寝転がったり、自分がリラックスできる体勢でとにかくぼーっとすること。
一日一回でも頭を空っぽにリセットすることでインプット情報を整理し、直観力を鍛えることができます。

直観力を鍛えることで、今何が必要で何が不必要なのかが瞬時に判断できるため、いざという時の大勝負に強いだけでなく、人生に無駄がなくなります。あなたも直観力を鍛えて人生の成功者への道を歩んでみませんか。

決断力を鍛えるためには、日常の気の持ちようや心がけが大きく影響してきます。どのように考え行動するといいのか、具体的に5つの方法をご紹介しましょう。1.自分...
仕事や勉強など、やらなければいけないことがたくさんあるのに集中して作業ができないことってよくありますよね。集中しようと意識をすればするほど気が散ってしまい...
「海外勤務」に憧れている人が、その夢を実現させるためには、一体どんな力が必要なのでしょうか。まず最初に思いつくのが「語学力」だと思いますが、それよりももっ...
多くの人は、人生において成功したいと願っているでしょう。そして、成功するためにやらなければならないことも、心の底ではわかっていることが多いものです。しかし...
幸せのきっかけをつかむために、女子力をあげたいと考えている女性のみなさんに向けて、厳選した10の方法を紹介します。普段の心持ちやちょっとした行動を変えるこ...
理学療法士・重森健太さんの著書『走れば脳は強くなる』では、走ることで脳機能のパフォーマンスがアップし、たくさんのメリットが生まれると紹介されています。でも...
光あるところには必ず影があります。しかし、イチロー選手はその影の部分、すなわち一流アスリートならではの苦しみやプレッシャーすらも、みずからの技量の向上や精...
「予感」「第六感」「虫の知らせ」なんていう言葉はたくさんありますが、そもそも直感はどこまで信じられるものなのでしょうか。なんだか不思議な力が働いているので...
仕事で成果が残せない、人生がうまくいかない…。こうした悩みの原因は、生まれ持った「能力」や「性格」ではなく、いかに適切な判断を積み重ねてきたかにあります。...
段取り力以外の能力が同じレベルの人が居たとしたら、段取り力がある人の仕事はスムーズに進み、予定通り終了する可能性が高いことが想像できます。スポーツのマラソ...
とっさの判断を迫られたとき、直感や本能に頼るほうが結果的に正解だった場面ってありますよね。たとえば運転中や、初対面の人の第一印象とか。また、いわゆる「直感...
日本でも大ヒットした書籍『影響力の武器』。この著者であるロバート・B・チャルディーニ教授と対談しながら、交渉する上で大切なスキルをまとめたVal Wrig...
Mark Divine氏はアメリカの特殊部隊ネイビーシールズに20年間在籍していた元隊員です。格闘技を30年間、ヨガを15年間、それぞれトレーニングを積ん...
成功は、運の良い人のところにある日突然パッとやってくるものではありません。成功する人は、運を引き寄せるような生き方をしているのです。アメリカのビジネス情報...
一般的に、リーダーシップについて書かれたビジネス書には、「決断力」の重要性を説くものが多い気がします。しかし、この考え方と正反対の意見を述べているのが、ラ...
世の中には沢山の「成功法則」に関する書籍がある。そこには多くのポジティブワードが散りばめられている。「常に笑顔」、「楽観的になる」「大きな声で挨拶する」、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
自分の思考が固いのか柔らかいのか。それは自分ではわからない。誰もが「自分の思考」を中心に生きているからだ。でも、これだけは言える。性別や年齢と関係なく、ど...
「理由はわからない。けれど、何かがオカシイ!」。第六感が働いているかのようで、むちゃくちゃに聞こえるかもしれません。が、それは頭のなかで起きている複雑な計...
「幸せになりたい」と思いながらも、自ら「幸せ」を遠ざけている場合もあるということを知っていますか?ここでは、自著『なぜか自動的に幸せになれる72の習慣』か...