仕事や勉強の効率アップに!集中力を高めるための5つの方法

仕事や勉強など、やらなければいけないことがたくさんあるのに集中して作業ができないことってよくありますよね。集中しようと意識をすればするほど気が散ってしまい、ちょっとした作業でも長時間かかってしまうことも。

仕事や勉強を効率的に進めるための集中力アップの方法を5つご紹介しましょう。

1.自分の身の周りの環境を整える

周りの環境を整える

仕事や勉強するスペースはちゃんと整理整頓されていますか?
目に入る位置に小物が散乱していたり、趣味のアイテムなどが置いてあると集中力を途切れさせる原因になる可能性があります。
そのため作業をする場所の周りには余計なものを置かず、集中しやすい環境を作ることが大切です。
また目に見えるモノだけではなく、テレビやラジオの音も集中力を切れさせる原因になりやすいもの。
音がないと作業ができない人は音量を低めに設定し、音にばかり集中してしまわないよう工夫が必要です。
また香りや室温も不快に感じてしまう場合は集中力持続を阻害します。
そのため自分が作業をしやすい環境をまず作ってから取り掛かると、いつもよりも集中できることでしょう。

2.目標時間を設定し、実際の作業時間をストップウォッチで計測する

いつまでにどのくらいの量の作業をやる、という目標は誰もが持っていることでしょう。
しかしまだ時間があるからとなかなか作業が進まず、結局ぎりぎりになって追い込みをかけるという経験がある人も少なくないでしょう。
より効率的に集中して作業を進めるためには、一つの作業にかかる時間を計測すると集中して作業が進めやすくなります。
ストップウォッチを使って正確な時間を計測することで、その日はしっかり集中できたか、時間がかかってしまった原因は何か冷静に考えることもできますよね。
またストップウォッチで時間を計測する癖が付けば、「ストップウォッチを持つ=集中する」という構図ができあがり、自然と集中できるようになることも。
だらだら作業をしたときには数字として表れるため、自分の集中度合いを理解しやすいのもメリットです。

3.やることを細かく分解してリストアップする

やることをリストアップ

やらなければならないことがたくさんありすぎて、何から手を付けたらいいのかわからない時もありますよね。
そんな時は作業を細かく分解してリストアップしてみてはいかがですか。
すべてをやり遂げるとなると時間も労力もかかって大変そうに感じ、なかやる気が出ないことも。
しかし、作業を小さく分解して一つひとつ進めていくだけだと考えを変えると、自然と取り掛かりやすくなります。

4.「集中できる」と自己暗示をかける

普段から集中できないという悩みを抱えている人は、「また今日もどうせ集中できない」と諦めてしまいがちです。
作業を始めてもやっぱり集中できないと感じてスマートフォンをチェックしたり、他の作業と同時進行で進めることで余計に効率が悪くなることも。
そんな時には自己暗示をかけて、自分が集中することが得意であると思い込ませてみましょう。
「集中して作業ができる」と脳に思い込ませることで、今やっている作業以外に気になるものがあったとしても誘惑に負けなずに作業を進められます。

5.その作業をする目的を明確にし、できた時のご褒美を設定する

ご褒美設定をする

これから自分がやる作業の目的が何なのかを明確にすることは、モチベーションアップにつながります。
ただ義務感に追われて作業をやっていると、途中で飽きてしまい長時間集中力を保つことは難しくなりますよね。
しかし作業をやる意味が明確だとやる気も出て、自然と集中しやすくなります。
また集中して作業ができたときの自分へのご褒美を設定しておくと、さらにやる気が出て集中力維持にもつながるためおすすめです。

集中力を高める方法をご紹介しましたが、いかがでしたか。どの方法も簡単にできるものばかりですので、仕事や勉強に集中できなくて困っている人は今すぐ実践してみましょう。またスピードを要する仕事や正確さが求められる仕事の場合にも効果的ですので、自宅や会社でぜひ試してみてくださいね。

勉強や仕事中、音楽を聴きながらの方が集中できる、という人がいます。半ば自己暗示でしょ?と思うかも。ですが、「Mic」の記事によれば、どうやら音楽が脳に与え...
理学療法士・重森健太さんの著書『走れば脳は強くなる』では、走ることで脳機能のパフォーマンスがアップし、たくさんのメリットが生まれると紹介されています。でも...
段取り力以外の能力が同じレベルの人が居たとしたら、段取り力がある人の仕事はスムーズに進み、予定通り終了する可能性が高いことが想像できます。スポーツのマラソ...
集中してやれば、すぐに片付くはずの仕事。そんなことは分かってる。でも、周りの音に気が散ってしまったり、ついついネットサーフィンをしてしまったり…。気付けば...
ビジナスパーソンには、どうしても「成果」という命題がのしかかります。週末の休日中にも仕事のことが頭から離れず、家族との時間がおろそかな人もいるでしょう。で...
「資格を取りたいけど、具体的にどんな勉強をしたらいいのか分からず困っている」という人は多いでしょう。人材系ベンチャー企業の執行役員やコンサルティング会社の...
頑張っている人が近くにいると、不思議と自分も頑張れるもの。でも、一体なんででしょうか?そんな疑問を基に実際に調査をしたのは、ブリュッセル自由大学のKobe...
会議中や授業中にストレスを感じたり、ちょっと退屈していたり。そんなときにこのペンを使うと、集中して作業を続けることができると開発者はいう。ところが、正直言...
何か突発的なことが起きた時の対処だけではなく、私達の日常生活は瞬間的にAをとるかBをとるかという選択の連続です。同じ努力をしていても、成功する人とうまくい...
定期テストや受験勉強に追われた学生時代を卒業してもなお、人生は日々勉強。仕事で必要な資格や、自己啓発のためのトレーニングなど、社会人になっても勉強しなけれ...
いくつかの研究結果ではアルコールの摂取によって勉強やタスクの処理能力が向上する効果が見られています。飲み会に参加する口実程度に考えて読んでみると、意外に役...
幸せのきっかけをつかむために、女子力をあげたいと考えている女性のみなさんに向けて、厳選した10の方法を紹介します。普段の心持ちやちょっとした行動を変えるこ...
オフィスでの仕事中、コーヒーやエナジードリンクで眠気を吹き飛ばそうとしているあなた。もっとオーガニックな方法で、そのダルサを解消してみませんか?「Elit...
同僚や上司、取引先など、周りにいると迷惑な「仕事ができない人」。よく注目してみてみると、仕事ができない人には精神面や考え方、行動などに共通の特徴があること...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
仕事をしながら、ついついやってしまうスマホのチェック。実は、その行動が脳にダメージを与えているというのです。しかも、男性の場合、影響はより深刻。この記事を...
大人になってからいざ勉強を始めてみると、学生時代に比べて自分の記憶力が落ちていることに愕然とすることがあります。資格試験の勉強などで苦しんだ記憶がある人も...
「仕事をサクサク終わらせるのは難しい」。そう思うかもしれませんが、じつは悪い習慣を断ち、良い習慣を身につけることで、意外と簡単に身につけられるケースも多い...
「てっとり早く頭が良くなる方法はないかなぁ」なんて考えるのはバチあたりのように思えるかもしれません。が、北米放射線医学学会の研究で、色素の一種である「メチ...
タイトルを見て頭に「?」が浮かんだ人も多いかもしれません。記憶したいのに捨てる…とは、一体どういうことなのでしょうか。高校生の頃、偏差値が29だったという...