時間を無駄にしない「オトナの試験勉強法」

「資格を取りたいけど、具体的にどんな勉強をしたらいいのか分からず困っている」という人は多いでしょう。

人材系ベンチャー企業の執行役員やコンサルティング会社の代表取締役など、忙しい毎日を送りながら、500個以上の資格を取得したという鈴木秀明さん。彼の著書『10年後に生き残る最強の勉強術』では、時間を無駄にしない資格勉強術がまとめられています。

どのタイミングで
何をやるのか

Cd4128a5592c863217fe7342827f1c767c0d4548

資格の試験勉強は「暗記」「問題演習」など、さまざまな作業の積み重ねや組み合わせからなるものです。今日の勉強は何から手をつけるべきかを考えるとき、あなたのなかで明確な基準はありますか?

なんとなく「昨日のテキストの続きから」などと適当に決めていないでしょうか。適切なタイミングでそれぞれの作業を配分することで、勉強の効率は大きく飛躍します。

「どのタイミングで何をやるか」の具体例として、たとえば以下のことが挙げられます。

1.暗記モノは寝る前に
脳は睡眠中に記憶の整理を行うため、その直前に覚えた情報ほどしっかり定着します。翌日、起きた直後にその内容を復習すると、より効果が高まるともいわれています。

2.じっくり読み込む作業は無音の環境で
集中力を高めるため、じっくり読みこむタイプの勉強はできるだけ無音の環境で行うのがよいでしょう。

3.スキマ時間には軽めの演習問題を
ちょっとした移動時間や偶発的に発生したスキマ時間はすぐに終わりがくるので、一問一答式の問題を解くなど、いつでもキリよく中断・再開できるようなシンプルなタスクに取り組むのがよいでしょう。

効果的なテキスト(参考書)の
選び方とは?

8663257b05d1522a3379644f70891210218944b9

参考書や教材選びをしっかり行うことは、資格の勉強をする上でとても大切なことです。

「資格の勉強を活用したスキルアップ(試験合格だけを目指すのではなく、身になる知識やスキルを身につけるための勉強法)」を念頭に置いた、参考書の選び方についてポイントは?

1.自分のレベルにあったものを選ぶ
その分野の予備知識が全くない場合は、定番とされているテキストよりも「入門書」レベルのテキストや「マンガで学べる○○」というようなタイプの本から入るのもひとつの手です。逆に、すでにある程度は知識がある分野の勉強なら、要点だけが簡潔にまとめられている参考書や演習問題を中心に勉強するのが効率的です。

2.一冊でやりきろうとしない
「ベースとして使う参考書」をひとつに決めるのは良いことですが、1冊に絞る必要はありません。使っている途中で「この参考書は自分には合わないかも」と感じたら、柔軟に参考書の切り替えや追加を行っていくことも重要です。

3.問題集をテキストがわりに使う
資格試験の参考書は、大きく分けて教科書と問題集に分類されます。多くの人は「教科書でひと通り勉強してから問題集に取り組もう」と考えるのですが、むしろ問題集を教科書的に活用し「問題を解きながら学ぶ」ほうがオススメです。

「短期集中型」のススメ

44443cf10eec5c4f947a7479f0b6e7c71c7966c5

数ヶ月単位で計画を立てて資格の試験勉強をしても「本当に真剣に勉強したのは、せいぜい試験直前の1ヶ月くらいだった」という経験がある人も多いでしょう。

逆に言うと、本気でやればそれくらいの短い時間しかかけなくても十分結果が出せる可能性があるということです。仕事が忙しくて勉強時間がなかなかとれない人は、勉強自体もあえて短期集中型にして、できるだけ時間をかけない勉強に取り組んでみてはいかがでしょうか。

勉強のスピードを極限まで高めることは、「できるかできないか」ではなく、「やるかやらないか」の問題です

自分を追い込む仕掛けをつくることで、勉強をスピードアップさせることはいくらでも可能です。「勉強にかける期間は長ければ長いほど良い」と思っている人もいるかもしれません。しかし、1~2ヶ月単位ならまだしも、あまり長くなってくると逆にモチベーションやコンディションを高く保ち続けるのが大変になってきます。

それならば最初から、自分が「これくらいかかると思う期間」の、半分の期間で達成することを目標にして、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...
日々の業務に追われて、手をつけることができない…と、スキルアップのための勉強や資格の取得を諦めていないでしょうか。『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者...
「このまま、この仕事を続けていていいのだろうか」「将来のために今準備すべきことはなんだろう?」。そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。鈴木秀明さんの...
タイトルを見て頭に「?」が浮かんだ人も多いかもしれません。記憶したいのに捨てる…とは、一体どういうことなのでしょうか。高校生の頃、偏差値が29だったという...
キャリアアップのため、仕事をしながらTOEICや漢検を受験している人も多いはず。学生の頃あれだけ記憶できたのに、大人になって物覚えが悪くなった……と落ち込...
定期テストや受験勉強に追われた学生時代を卒業してもなお、人生は日々勉強。仕事で必要な資格や、自己啓発のためのトレーニングなど、社会人になっても勉強しなけれ...
彼氏や彼女の存在は、勉強をするにあたってプラスになるのか、それともマイナスになるのか。たとえば、受験期間は異性との交際を我慢してストイックに勉強に取り組む...
大人になってからいざ勉強を始めてみると、学生時代に比べて自分の記憶力が落ちていることに愕然とすることがあります。資格試験の勉強などで苦しんだ記憶がある人も...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
「元ホームレスの大学生が名門ケンブリッジ大学に合格」。センセーショナルな記事が「Pulptastic」に登場しました。一日12時間の猛勉強をしてチャンスを...
仕事や勉強など、やらなければいけないことがたくさんあるのに集中して作業ができないことってよくありますよね。集中しようと意識をすればするほど気が散ってしまい...
たしかに小学生の頃、頭のいい友だちの家に遊びに行くと、絵本や図鑑、伝記シリーズ、両親のものらしき本がズラッと並んでいたような記憶が残っています。本は僕たち...
高校時代には偏差値が29だったという杉山奈津子さんは、自分自身で勉強法を編み出し、東大に合格しました。彼女は勉強に加えて、ある武器を活用していたそうです。...
かっこいいのに頭が良くてモテモテで、社会に出てからも高収入で…なんて人、そうそうお目にかかれるものじゃありません。そもそも「ルックス」「学力」「収入」に相...
Ashley Fernは、NYのライフスタイル情報を発信するメディア「Elite Daily」の編集者として活躍する女性。ここでは、彼女が20代に向けて書...
ここで紹介するのは、フィンランドに住むアメリカ人教師のティム・ウォーカー氏が、同国の幼稚園を訪問して気付いたこと。そこで採用されていた教育方針は、アメリカ...
日本ではよく、一番上は面倒見が良くて責任感が強い、末っ子は要領が良くて甘えんぼう、ひとりっ子はおっとしている、など出生順位による性格分析がありますが、学力...
「暗記なんてもう古い!だってGoogle先生に聞けばいいじゃないか!」そんなセリフを心の中で叫びつつ、多くの人がしぶしぶテストのためと暗記を続けているかも...
もしも「ただ時間をつぶす」っていう仕事があったら今ごろ億万長者なのに…なんて思っちゃうほど、あとから思えば無駄だったとも思えるような時間を過ごして、後悔し...
実は、頭を使わなければ使わないほど英語はペラペラになると知っていましたか?僕は英語と日本語が喋れるバイリンガルだけを講師にした、少し変わった塾を経営してい...