大人になってから「勉強」するなら、この4つの記憶術を

キャリアアップのため、仕事をしながらTOEICや漢検を受験している人も多いはず。学生の頃あれだけ記憶できたのに、大人になって物覚えが悪くなった……と落ち込んでいる人もいるのではないでしょうか?

ここでは、偏差値29から東大に合格した杉山奈津子さんの書籍『「捨てる」記憶術』より、新しい視点の勉強法を紹介します。

01.
合わない参考書や問題集は捨てる
「もったいない」は時間のムダ

Medium 143afb95cffc14d51e6dcf6d444efe3cd0b64495

参考書や問題集には相性があります。いわゆる「定番」と呼ばれるものも存在しますが、それでも人によっては合わないことがあるのです。

定番の参考書や問題集だからといって、中身を見ずに買うのはおすすめできません。書店に足を運んで、自分の目で確かめて「この本ならば、自分でも覚えられる」と思えたとき、はじめて買うべきだと思うのです。

買って気に入らなければ、遠慮なく捨てましょう。合わない参考書や問題集を使い続けるのは時間のムダです。1,000円や2,000円をケチって合格できなかったら目も当てられません。

02.
アウトプットを身につける

どれだけたくさんの知識をインプットしても、うまくアウトプットできなければ結果はでません。

私が受験生の頃は、参考書を読む前にいきなり問題集をやることがありました。

出来のいい問題集は、ヘタな参考書よりも端的に解説がまとまっているので、それだけでアウトプットとインプットを同時にできます。

試験に出る問題はパターンが決まっているものが多く、過去問が繰り返し出題されたり、少し改変して出題している場合がほとんど。パターン化された問題を覚えるという意味でも、問題集はいい練習になるのです。

03.
短期記憶を
長期記憶にする方法

Medium b2e2d3d27a1053516e6470f737f2d9faccdde66f

記憶には、「短期記憶」と「長期記憶」の2種類があります。

定期試験前に一夜漬けで覚えたことが、テストを終えた途端に忘れてしまったことは誰でも経験があるでしょう。それは、試験が終わって気が抜けたからではなく、一夜漬けで覚えたことは脳の「短期記憶」に入ったものの、「長期記憶」には移行しなかったからです。

短期記憶は脳のなかの「海馬」に保存されます。海馬に保存できる期間は、最大で1~2週間。一方で長期記憶は、「側頭葉」に保存され、容量もケタ違いに大きいのが特徴。

短期記憶に置かれた情報のうち、脳が「これは覚えておこう」と判断した情報のみが、長期記憶に移行されるのです。長期記憶されなかった情報は、そのままにしておくと自然に消えてしまいます。

大切なのは、短期記憶を長期記憶に移し変えること。では、どうすればいいのか?

これには「反復」しかありません。同じ情報が繰り返し海馬にやってくると、海馬は「長期記憶に移行しよう」と判断して、側頭葉に運んでくれるのです。

平凡な結論かもしれませんが、記憶力の基本は「反復」なのです。

04.
1日1回、短時間でも
勉強することの意味

毎日の勉強は、たとえてみれば脳の筋トレのようなもの。正しい筋トレを続けていれば必ず筋肉がつくように、勉強の実力も間違いなくついてきます。

つまり、筋トレを長期間サボっていると筋肉が落ちてしまうように、せっかく長期記憶に収めた内容も、鍛えなければ徐々に忘れてしまいます。

仕事が忙しくなると、勉強に割く時間がなくなるという人が多いでしょう。通勤の途中だけでもいいので、本を開いて勘を鈍らせないことが大切です。

タイトルを見て頭に「?」が浮かんだ人も多いかもしれません。記憶したいのに捨てる…とは、一体どういうことなのでしょうか。高校生の頃、偏差値が29だったという...
高校時代には偏差値が29だったという杉山奈津子さんは、自分自身で勉強法を編み出し、東大に合格しました。彼女は勉強に加えて、ある武器を活用していたそうです。...
大人になってからいざ勉強を始めてみると、学生時代に比べて自分の記憶力が落ちていることに愕然とすることがあります。資格試験の勉強などで苦しんだ記憶がある人も...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
「てっとり早く頭が良くなる方法はないかなぁ」なんて考えるのはバチあたりのように思えるかもしれません。が、北米放射線医学学会の研究で、色素の一種である「メチ...
定期テストや受験勉強に追われた学生時代を卒業してもなお、人生は日々勉強。仕事で必要な資格や、自己啓発のためのトレーニングなど、社会人になっても勉強しなけれ...
いくつかの研究結果ではアルコールの摂取によって勉強やタスクの処理能力が向上する効果が見られています。飲み会に参加する口実程度に考えて読んでみると、意外に役...
仕事や勉強など、やらなければいけないことがたくさんあるのに集中して作業ができないことってよくありますよね。集中しようと意識をすればするほど気が散ってしまい...
2016年1月時点での国連加盟国は193カ国。それらの国々の「国旗デザイン」に関するアレコレを、インフォグラフィックで分かりやすくまとめたのが「Flag ...
勉強や仕事中、音楽を聴きながらの方が集中できる、という人がいます。半ば自己暗示でしょ?と思うかも。ですが、「Mic」の記事によれば、どうやら音楽が脳に与え...
本は「学び」と「気づき」を得るために読むもの。いまいちその効果が感じられないという人は、読書の「設計図」が描けていないのです。ここでは、自著『読んだら忘れ...
「元ホームレスの大学生が名門ケンブリッジ大学に合格」。センセーショナルな記事が「Pulptastic」に登場しました。一日12時間の猛勉強をしてチャンスを...
昼寝ってなんだか怠けているように見えるが、仕事のデキる人こそ取り入れている。実はNikeやGoogleも、仕事の時間内に効率アップのため昼寝(パワーナップ...
あなたはプレゼンを終えた時、大成功だったと思うことが多いですか?それとも「違うことをやればよかった、言えばよかった」と後悔することが多いですか?後者の場合...
日本中のなまけものさんへ。始められない、続けられない、だらだらしてしまう。世間ではネガティブなイメージがある「なまけもの」。でも、なまけものだって成功でき...
ビジネスでも、人間関係でも、普通に生活してれば困った状況というのは起きるもの。そうした事態に陥ったとき、どうすればいいか。ここで「言い換え」がものを言うの...
2016年4月5日(火)、北青山の路地裏に新しくオープンした「GLOCAL CAFE(グローカル・カフェ)」。世界と日本をつなぐ「Global Minds...
知的成果を生み出すには、「思考技術」のトレーニングではなく、具体的に手や足をどう動かすか? という「心得」のトレーニングが必要になってきます。ここでは「情...
実は、頭を使わなければ使わないほど英語はペラペラになると知っていましたか?僕は英語と日本語が喋れるバイリンガルだけを講師にした、少し変わった塾を経営してい...
書くときは青色のボールペンを使う。さらには、耳栓をしてささやきながら暗記する。嘘か真か、巷には色々な暗記術が溢れています。でもこれからは、方法だけでなく、...