オトナの勉強に必要な「捨てる記憶術」って?

タイトルを見て頭に「?」が浮かんだ人も多いかもしれません。記憶したいのに捨てる…とは、一体どういうことなのでしょうか。

高校生の頃、偏差値が29だったという杉山奈津子さん。そんな彼女が東大に行こうと決心し、追求したのが「いかにラクをしながら多くのことを覚えるのか」という勉強法でした。

書籍『「捨てる」記憶術』には、杉山さんが当時編みだした実践的な勉強術が公開されています。大人になってから勉強や試験に取り組んでいる人は必見です。

01.
間違いを活かす「○△×復習法」
復習が不要なものを捨てる

Dfa41e754a110c448d5612b993daa0418fbe58fa

受験勉強で一番大事なのは、復習です。しかし、1度勉強したことをまた最初からやり直すのは時間のムダ。「時間対効果」を最大にするには、復習の工夫が必要です。

そこで考えたのが「復習する必要のないものを徹底的に捨てる」という『○△×復習法』です。

やり方は簡単。問題を解いているときに、復習が必要なものとそうでないものを区別するために○△×のマークをつけるだけでいいのです。

その基準は以下の通り。

○……正解だと確信がある問題。これはできるので捨てる。

△……だいたい合っているが、解き方に自信がない問題。復習が必要。

×……解き方も答えもわからない問題。最優先で復習が必要。

問題に「○△×」と印が付いているので、復習するときにとても便利です。ぜひ利用してみてください。

02.
「間違いノート記憶術」で
キーワード以外は捨てる

間違えたところを復習するために「間違いノート」を活用していました。これは、問題集を解いたときに、何度やっても間違えるところを書き留めたノートのことです。

間違いノートで大事なことはひとつ。

間違えた問題文をそっくり写すのではなく、キーワードのみを書くことです。間違ったところはキーワードを書いておけば思い出せる場合がほとんどです。いちいち問題文を書かなくても、そうした方法でイメージを引っ張ってきて思い出したほうが、はるかに脳を鍛えることになります。

間違いノートは動詞を捨てる。つまり、長ったらしい文を書かないことが大切なのです。

03.
「書きなぐり記憶術」で
書いては捨てる

6e477e537f2abde2314493c9a8886e5d7f104b09

物事を記憶する術として、人間の根源的な力に頼る「書きなぐり記憶法」があります。

単語を覚えるには、何度も繰り返して書きなぐる必要があります。ノートでもチラシの裏でもかまいません。ほかの人に見せるわけではないので、どんな汚い字でもOKです。

私は、書くことに加えて声に出して覚えていました。声を出せば当然それが耳から入ってきます。つまり、視覚、触覚、聴覚など五感を駆使して覚えるおかげで、強烈に記憶に刻まれるのです。

ここで大切なのは、書いて覚える必要のない単語や用語は捨てること。それは時間のムダです。

04.
「サンドイッチ記憶法」で
効率的に勉強する

脳の状態と記憶力の良し悪しとは、深い関係があります。

何時間も勉強を続けて脳が疲れているときに、複雑な応用を考える問題を解こうとしても、なかなかできないものです。

「きちんと勉強しているのに、なかなか頭に入らない」と感じたら、勉強の内容と脳の状態がマッチしていないのかもしれません。頭の中がすっきりしている状態と疲れている状態では、同じ勉強をするにしてもそれぞれ向き不向きがあるのです。

何か新しい企画を考えるには、頭がすっきりした状態でなければいい発想は生まれません。しかし単語を覚えるのは勉強の中でも「作業」に近いものだと思います。脳を駆使して積極的に考えるという必要はなく、次から次へと頭に放り込むような受け身のイメージです。むしろ、単調だからこそ頭が疲れたときに適した勉強だといえるでしょう。

難しいことを考える勉強の間に、記憶主体の勉強を挟む。これが、脳の性質を考えて効率的に記憶する「サンドイッチ記憶法」です。

もちろん勉強ではなく、読書や音楽鑑賞をはさんでもOK。とにかく「脳の違う部分」を使って休ませることが大切です。

05.
スマホを活用した
「待ち受け画面記憶法」

01a2b2fc0eb9d4c2953ef879ac30d5877b3167d7

受験生のとき、重要なのになかなか覚えにくい情報は、なるべく目に触れるようにしました。

たとえば、参考書の1ページ目に覚えるべきことを書いたのです。

最初のページならば、参考書を開くたび目に入ります。覚えるべきことに触れる機会が増えれば、それだけ記憶に残りやすいのです。

今の時代ならば、覚えたいことをスマホの待ち受け画面にしておくのもいい手でしょう。イヤでも目に入ります。これならば仕事の休憩中や移動中でも見ることができますよね。

高校時代には偏差値が29だったという杉山奈津子さんは、自分自身で勉強法を編み出し、東大に合格しました。彼女は勉強に加えて、ある武器を活用していたそうです。...
キャリアアップのため、仕事をしながらTOEICや漢検を受験している人も多いはず。学生の頃あれだけ記憶できたのに、大人になって物覚えが悪くなった……と落ち込...
「資格を取りたいけど、具体的にどんな勉強をしたらいいのか分からず困っている」という人は多いでしょう。人材系ベンチャー企業の執行役員やコンサルティング会社の...
日々の業務に追われて、手をつけることができない…と、スキルアップのための勉強や資格の取得を諦めていないでしょうか。『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者...
大人になってからいざ勉強を始めてみると、学生時代に比べて自分の記憶力が落ちていることに愕然とすることがあります。資格試験の勉強などで苦しんだ記憶がある人も...
「このまま、この仕事を続けていていいのだろうか」「将来のために今準備すべきことはなんだろう?」。そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。鈴木秀明さんの...
今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...
「てっとり早く頭が良くなる方法はないかなぁ」なんて考えるのはバチあたりのように思えるかもしれません。が、北米放射線医学学会の研究で、色素の一種である「メチ...
勉強や仕事中、音楽を聴きながらの方が集中できる、という人がいます。半ば自己暗示でしょ?と思うかも。ですが、「Mic」の記事によれば、どうやら音楽が脳に与え...
彼氏や彼女の存在は、勉強をするにあたってプラスになるのか、それともマイナスになるのか。たとえば、受験期間は異性との交際を我慢してストイックに勉強に取り組む...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
大事なことを記憶しておきたいのに、どうしても頭に入ってこない時はありませんか?そんな時、繰り返し地道に暗記するよりもオススメしたい方法があるのです。Jef...
誰でも、頭に知識を詰め込む作業はしなければいけません。「AsapSCIENCE」で紹介している、記憶力を伸ばす方法を試してみるのはいかが?例えば、水を飲む...
「あなたはお酒に強いですか?」 これ、頻繁に耳にする質問ですが、よく考えると何を以って判断していいのか分からないですよね。でも、そんな曖昧なものを「数値」...
昼寝ってなんだか怠けているように見えるが、仕事のデキる人こそ取り入れている。実はNikeやGoogleも、仕事の時間内に効率アップのため昼寝(パワーナップ...
人はなぜ、間違えて記憶してしまうことがあるのでしょうか。例えば、デートの時に相手がかぶっていた帽子の色が思い出せなかったり、交通事故の証言が人それぞれ食い...
定期テストや受験勉強に追われた学生時代を卒業してもなお、人生は日々勉強。仕事で必要な資格や、自己啓発のためのトレーニングなど、社会人になっても勉強しなけれ...
本は「学び」と「気づき」を得るために読むもの。いまいちその効果が感じられないという人は、読書の「設計図」が描けていないのです。ここでは、自著『読んだら忘れ...
コロンビア大学がプロテインの働きを抑制することで特定の記憶のみを削除する薬を開発、動物実験で成功したという。PTSD患者の治療などを目的に記憶の編集・消去...
「元ホームレスの大学生が名門ケンブリッジ大学に合格」。センセーショナルな記事が「Pulptastic」に登場しました。一日12時間の猛勉強をしてチャンスを...