働きながら「勉強」をするための、賢いタイムマネジメント術

日々の業務に追われて、手をつけることができない…と、スキルアップのための勉強や資格の取得を諦めていないでしょうか。

『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者である鈴木秀明さんは、仕事をしながら500個以上もの資格を取得してきたと言います。同書では、忙しいなかでも勉強をする「鈴木流 時間の作り方」がまとめられていました。

忙しい、と言う人の
本質的な問題は
「時間がない」ことではない

F5a308fd01f47cf90d485826e6d67c2dcc30b818

資格の勉強を始めるにあたって「仕事が忙しくて勉強している暇がない」という人が数多くいます。少し厳しいことを言えば、それは「勉強しない、できない」ことを、忙しさのせいにしているだけではないでしょうか。

本当にやりたいことがあれば、なんとか頑張って仕事を早めに終わらせたり、むりやり有給休暇を取ったり、そのための時間を作ろうと努力しますよね。それができないのは、単に勉強へのモチベーションが低いだけ。きっと、そこまでの情熱がないのです。

もちろん、よほどの意欲がなければ、勉強に対してそこまで情熱を傾けられませんし、他のやりたいことを犠牲にしてまで、時間や労力を費やすことも難しいでしょう。

まずは「忙しくて勉強できないのは、モチベーションがないだけ」ということを意識してください。

考え方を変えるだけで
時間はいくらでも作れる

B4adc85c8391ec768b5552f961bc98161455cb82

「仕事の絶対量が多すぎて忙しい」という人もいると思います。しかしそれは、実は優先度の低い作業に時間や手間をかけすぎているだけではないでしょうか。

・週1ペースで行っているルーティーン作業は、実は隔週ペースで十分だったりしないか?
・そもそもその会議、必要?

作業の量や必要性を見直し、無駄なタスクを削ることで時間はいくらでも作ることができます。

業務効率化の観点から「この仕事をもっと楽にしたい」と考えることも重要です。楽をした結果、成果の質が下がったり、納期が遅れるなどの不具合が発生するような単純な手抜きはいけません。

しかし、「もっと簡単にやるにはどうすればいいか?」と今の業務を常に批判的に見つつ、絶えず効率化を模索することはとても重要です。自分は楽ができますし、時間が作れ、資格の勉強ができる。いいことしかありませんね。

忙しくても
勉強時間を確保する方法

Cd3ad145813f0707be122bba9ebf403e0b7eb9fc

勉強時間を増やしたいのであれば、それ以外に使っている時間を減らすしかありません。鈴木さんが実労働時間を減らすために意識しているという3つのポイントを挙げていきます。

1.やらないことを決める
タスクの優先順位づけをしっかり行うことも大切ですが、「やる必要性が薄いこと」を見極め、それをやらないと決めることも重要です。そうすれば、余計な労働時間を減らすことができるでしょう。

2.「考える」系の仕事はデスクでしない
いわゆる「うんうん考える系の仕事」は基本的にデスクワーク中にはやらないようにしましょう。多くの場合、時間だけがただ過ぎていく結果になります。入浴中や移動中など、オフィス以外の場所でフリーな時間に思索をめぐらせるくらいにしたほうが、新しいアイデアは生まれやすいものです。

3.締め切りがある仕事はあえてギリギリにやる
「明日までにやらざるを得ない」という環境に自分を置いてしまえば、切迫感や本気度が大きく違いますので、それだけ作業スピードがアップします。結果的に作業の瞬発力が大きく変わってくるのです。

「資格を取りたいけど、具体的にどんな勉強をしたらいいのか分からず困っている」という人は多いでしょう。人材系ベンチャー企業の執行役員やコンサルティング会社の...
今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...
「このまま、この仕事を続けていていいのだろうか」「将来のために今準備すべきことはなんだろう?」。そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。鈴木秀明さんの...
キャリアアップのため、仕事をしながらTOEICや漢検を受験している人も多いはず。学生の頃あれだけ記憶できたのに、大人になって物覚えが悪くなった……と落ち込...
タイトルを見て頭に「?」が浮かんだ人も多いかもしれません。記憶したいのに捨てる…とは、一体どういうことなのでしょうか。高校生の頃、偏差値が29だったという...
定期テストや受験勉強に追われた学生時代を卒業してもなお、人生は日々勉強。仕事で必要な資格や、自己啓発のためのトレーニングなど、社会人になっても勉強しなけれ...
彼氏や彼女の存在は、勉強をするにあたってプラスになるのか、それともマイナスになるのか。たとえば、受験期間は異性との交際を我慢してストイックに勉強に取り組む...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
仕事や勉強など、やらなければいけないことがたくさんあるのに集中して作業ができないことってよくありますよね。集中しようと意識をすればするほど気が散ってしまい...
大人になってからいざ勉強を始めてみると、学生時代に比べて自分の記憶力が落ちていることに愕然とすることがあります。資格試験の勉強などで苦しんだ記憶がある人も...
もっとも成功した起業家9人を「Inc.com」にリストアップした、ジャーナリストのEkaterina Walter氏は、彼らの時間の使い方(タイムマネジメ...
1日のムダな時間って知らず知らずのうちに増えてしまうもの。そのムダを可視化するために、まずは自分の行動を計測してみましょう。計測することで、排除すべき点が...
「元ホームレスの大学生が名門ケンブリッジ大学に合格」。センセーショナルな記事が「Pulptastic」に登場しました。一日12時間の猛勉強をしてチャンスを...
たしかに小学生の頃、頭のいい友だちの家に遊びに行くと、絵本や図鑑、伝記シリーズ、両親のものらしき本がズラッと並んでいたような記憶が残っています。本は僕たち...
日本中のなまけものさんへ。始められない、続けられない、だらだらしてしまう。世間ではネガティブなイメージがある「なまけもの」。でも、なまけものだって成功でき...
高校時代には偏差値が29だったという杉山奈津子さんは、自分自身で勉強法を編み出し、東大に合格しました。彼女は勉強に加えて、ある武器を活用していたそうです。...
本は「学び」と「気づき」を得るために読むもの。いまいちその効果が感じられないという人は、読書の「設計図」が描けていないのです。ここでは、自著『読んだら忘れ...
ここで紹介するのは、フィンランドに住むアメリカ人教師のティム・ウォーカー氏が、同国の幼稚園を訪問して気付いたこと。そこで採用されていた教育方針は、アメリカ...
10年後、あなたの仕事はまだ存在しているでしょうか。もしくはロボットが替わりにやってくれている可能性は?現代は、仕事というもの自体が新陳代謝を迎えているの...
実は、頭を使わなければ使わないほど英語はペラペラになると知っていましたか?僕は英語と日本語が喋れるバイリンガルだけを講師にした、少し変わった塾を経営してい...