資格試験を活用した勉強をすると仕事の質が上がるってホント?

今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活用してスキルアップすることが最も効率的なやり方である」と紹介しています。

企業に対して、具体的なメリットを提供できる人材が求められるのは当たり前のことです。まわりと差別化を図るためにも、資格という武器を手に入れてみてはいかがでしょうか?

戦略的スキルアップで
求められる人材に

E4845d4187f09f9f5569bce2112e1ae81b183407

企業から求められる人材になるためには、まわりと差別化できるような武器、すなわち「スキルアップ」をすることが重要です。ビジネススキルの差別化というと「オンリーワンのスキル」や「奇抜な技能」を身につけなければならないと思っている人もいるかもしれません。しかし「真に勉強しておくべき、ビジネス力のコアとなるスキルについてしっかり勉強する重要性」を忘れていないでしょうか。

企業や業種によって求められるスキルや評価されるポイントは大きく変わりますが、求められるスキルをしっかりと身につけ、優先的に会得することが大切なのです。

もちろん「どんなスキルを磨くか」を見極めることも大切ですが、「どのようにスキルを身につけるか」も考えなければなりません。そこで提唱したいのが、資格試験を活用して知識やスキルを身につける方法です。

なぜオススメなのかを紹介していきましょう。

スキルアップに
資格試験を活用する
4つのメリット

1c2cbf4638d89044a604dc34b72f6c51f8ff2eaa

「あえて資格なんて取らなくても、専門書で勉強したり、セミナーに参加して学べばいいのでは?」と考える人もいるかもしれません。そこで、スキルアップのために資格試験を活用するメリットを挙げていきます。

1.何をどう勉強すべきかの指針となる
「何から始めればいいのかわからない」という状況に陥ることってありますよね。そんなときは、資格や検定試験の参考書を買って読んでみるのが手っ取り早いのです。

2.レベル設定やベンチマークとして役立つ
目標があやふやなまま勉強するよりも「試験に合格する」という目標があれば、目指すべき水準が明確になり、モチベーションもアップします。

3.「専門書を読む」より「問題を解く」ほうが頭に入る
ただ専門書を読むよりも、問題を解いたほうが、自分の「わかっていること」と「わかっていないこと」がハッキリします。

4.資格として形に残る、スキルを客観的に示せる
資格を取得すると、自分のスキルを明確にアピールでき、証明もできます。

どの仕事にも必要な
「ビジネス基礎力」を
身につける

D2e6d05a9f9bf6434892915750b830a515264332

資格取得の過程で身につくものは、知識やスキルだけではありません。

資格取得という「プロジェクト」に対して、戦略を立て、スケジュール管理を行い、効率的なやり方を考え、期限までに結果を出す。これはまさに仕事の進め方そのもの。すなわち資格取得にチャレンジする過程そのものが、仕事力アップに一役買っているのです。資格の勉強をすることで身につく力を以下に挙げていきます。

1.時間管理能力
試験勉強は日々の仕事や家事などと並行してやらなければいけないので、時間の使い方がうまくなります。 

2.課題解決力
達成しなければいけない課題(合格)のために、何が必要なのかを的確に分析し、足りないものを洗い出すことになります。こうした試行錯誤を繰り返すことで、課題解決力がアップされます。

3.自己管理力
モチベーションや健康管理など、自分自身をうまくコントロールできるかどうかで、結果は大きく変わるもの。仕事でも最大限のパフォーマンスが発揮できる状況を意図的に作り出すことができるようになります。

さまざまなビジネス知識が
視野を広げる

8d3b3cf9821a80e247f48873bd0f8a814194273a

資格を活用した勉強をすると、世の中に存在するさまざまなビジネスや概念、仕組みについて学ぶことができ、今まで自分の周りのごく一部しか見えていなかった社会や世界が、より高い視点から見渡せるようになります。

資格試験で問われる内容を勉強することで、その業界で仕事をするのに必要な専門知識や業界知識が身につき、「資格を見れば業界がわかるようになる」というわけです。これは、クライアントと話をするときにも有利になるでしょう。

スキルアップというと「自分の能力や市場価値を高めるため」のものと考えがちですが、「相手の土俵に立っても有利に振る舞えるように準備をしておくため」という視点に立つと、また別の戦術が考えられるのではないでしょうか。

「資格を取りたいけど、具体的にどんな勉強をしたらいいのか分からず困っている」という人は多いでしょう。人材系ベンチャー企業の執行役員やコンサルティング会社の...
「このまま、この仕事を続けていていいのだろうか」「将来のために今準備すべきことはなんだろう?」。そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。鈴木秀明さんの...
日々の業務に追われて、手をつけることができない…と、スキルアップのための勉強や資格の取得を諦めていないでしょうか。『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者...
キャリアアップのため、仕事をしながらTOEICや漢検を受験している人も多いはず。学生の頃あれだけ記憶できたのに、大人になって物覚えが悪くなった……と落ち込...
定期テストや受験勉強に追われた学生時代を卒業してもなお、人生は日々勉強。仕事で必要な資格や、自己啓発のためのトレーニングなど、社会人になっても勉強しなけれ...
タイトルを見て頭に「?」が浮かんだ人も多いかもしれません。記憶したいのに捨てる…とは、一体どういうことなのでしょうか。高校生の頃、偏差値が29だったという...
彼氏や彼女の存在は、勉強をするにあたってプラスになるのか、それともマイナスになるのか。たとえば、受験期間は異性との交際を我慢してストイックに勉強に取り組む...
仕事や勉強など、やらなければいけないことがたくさんあるのに集中して作業ができないことってよくありますよね。集中しようと意識をすればするほど気が散ってしまい...
大人になってからいざ勉強を始めてみると、学生時代に比べて自分の記憶力が落ちていることに愕然とすることがあります。資格試験の勉強などで苦しんだ記憶がある人も...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
たしかに小学生の頃、頭のいい友だちの家に遊びに行くと、絵本や図鑑、伝記シリーズ、両親のものらしき本がズラッと並んでいたような記憶が残っています。本は僕たち...
ビジネスシーンにおいてまず大切なことは、同僚からも上司からも、もちろん部下からも信頼を得ること。では、職場で周りから頼られるような人たちには、どんな特徴が...
かっこいいのに頭が良くてモテモテで、社会に出てからも高収入で…なんて人、そうそうお目にかかれるものじゃありません。そもそも「ルックス」「学力」「収入」に相...
勉強や仕事中、音楽を聴きながらの方が集中できる、という人がいます。半ば自己暗示でしょ?と思うかも。ですが、「Mic」の記事によれば、どうやら音楽が脳に与え...
段取り力以外の能力が同じレベルの人が居たとしたら、段取り力がある人の仕事はスムーズに進み、予定通り終了する可能性が高いことが想像できます。スポーツのマラソ...
「ダブルループを会得すれば、アウトプットの質や仕事のスピードが高まる」著書『ひとつ上の思考力』のなかでそう語るのは、事業変革パートナーの安澤武郎さん。ダブ...
ここで紹介するのは、フィンランドに住むアメリカ人教師のティム・ウォーカー氏が、同国の幼稚園を訪問して気付いたこと。そこで採用されていた教育方針は、アメリカ...
「元ホームレスの大学生が名門ケンブリッジ大学に合格」。センセーショナルな記事が「Pulptastic」に登場しました。一日12時間の猛勉強をしてチャンスを...
10年後、あなたの仕事はまだ存在しているでしょうか。もしくはロボットが替わりにやってくれている可能性は?現代は、仕事というもの自体が新陳代謝を迎えているの...
世の中には、経験から学んだことを別の事象に応用できる器用な人がいます。事業変革パートナーの安澤武郎さんの著書『ひとつ上の思考力』では、そういう人たちのこと...