「ノーブラ生活」の開放感にハマってしまう6つの理由

あなた今つけているそのブラ、本当に必要でしょうか?もちろんブラは女性としてのエチケットとも言えますが、今回「Little Things」の記事でライターのRebecca Endicottさんが紹介しているのは、ノーブラにすることで起こる6つのメリット。

これを機に「ノーブラ生活」にハマってしまうかも!?

01.
垂れた胸を救えるのは
ブラではなく筋肉

Medium 221b61f5abed68cc1406cbee8207e8a3664d73d9

「ブラがあるからこそ、ピンと張ったきれいな形が保てるのだ」と、ブラに頼りがちな女性も多いのではないでしょうか。しかし、「Medical News Today」に掲載されたフランスの調査によると、ブラを着けること自体がそもそも形を崩す要因にもなりえるのだとか。

ブラに頼りすぎると胸の筋肉がどんどん衰え、最終的には自分の筋肉で張りを保つことが難しくなり、垂れてきてしまうーーそんな可能性について書かれていました。

02.
血流改善に、
つながるかも。

ブラは胸周りをややきつめのゴムで締めつけるため、場合によっては血管まで締め付け、血流を滞らせてしまうこともあると考えられているようです。たまにはブラを外し、血流をよくしてあげるのもいいかもしれませんね。

03.
快適に眠れるように…

Medium 2d4a4578bac1c00409ec3b88f979f89e9d5d3f42

夜ブラの不快さは否めません。ブラをつけたまま寝てしまうと、睡眠リズムが乱れるという研究結果も「アメリカ国立生物工学情報センター(NCBI)」に掲載されています。

04.
なにより快適

帰宅してブラを外すと、この上ない開放感があるはず。とくに少しきつかったり、着け心地が悪いブラのときは、開放感がひとしお。

05.
ワンサイズ大きくなる
可能性も?

Medium 34220d778a4f1086191ac6935c19013bdf189f30

「胸を大きく見せたいならバストアップブラ」だと思いこんでいませんか?でも筋肉を鍛えてピンと張りを出すことで、今ある胸をよりきれいな形にすることだって可能なはず。

06.
節約にもなる

自分の胸にちゃんとフィットするブラを手に入れるのは、なかなか難しいもの。「どうせ買うならちゃんとしたものを」と探していると、お値段も高くなることも。そのブラにかけるお金をほかに当てることも、選択肢のひとつだとか。

Licensed material used with permission by Little Things
1日の終わりにブラジャーを外す時こそ、世界でもっとも気持ちのいい瞬間。男性には分からないノーブラになる気持ちを、「Elite Daily」のライターAsh...
男性は胸を出して歩く人もいるのに、どうして女性だけ胸を隠さないといけないの?そんな疑問から、アメリカでFree the Nippleなるムーブメントが起き...
あなたが急遽、パーティーに参加することになったとします。背中が開いた服を着たいけど、ストラップが見えるのはちょっとイヤ…。 そんな時でも安心。パーティーや...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
近頃、注目されているグレープシードオイル。ワインの製造過程において、ブドウの搾りかすの種子からできるこの食用オイルの、いったいどんなところが優れているので...
ジメジメとした梅雨が終わると、いよいよ夏の到来。一気に気温が上がり、思わず「ノーパンで過ごしたい!」と思うようなことがあるかも。そんな時はその欲求に素直に...
オイルを使ってうがいをするだけ。手軽にできる美容法として話題のオイルプリング。けれど、「やってみた」という人はまだまだ少ないはず。良いというハナシは聞いて...
米メディア「Elite Daily」のライター、Lauren Martinさんがまとめたのは「美しい女性とセクシーな女性の違い」について。その記事によれば...
オーストラリア・クイーンズランドの北端、ファー・ノース・クイーンズランド。世界遺産であるグレート・バリア・リーフや、70もの国立公園がある自然がいっぱいの...
毎日着ける下着。着心地や素材など、こだわりを持っている人も多いはず。ライターのRebecca Endicottさんは「多くの女性はブラジャーに強いこだわり...
エクササイズが女性の身体にも心にも活力を与えてくれる理由を、ライターStephanie Sharlow氏が「Elite Daily」で記事にしています。じ...
大人の塗り絵の人気が止まりません。ストレス解消、脳トレ、新たな趣味の発掘…ハマる理由も人それぞれ。ここで紹介するのは、最近話題の大人気塗り絵アプリ。モバイ...
このおしゃれなトラック、なんだと思いますか?実は、下着屋さんなんです。オンライン下着ブランド「True & Co」が行っている「Try-On Tr...
「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを幸...
毎日、仕事や家事・育児などに追われ、大きなストレスを抱えて、ひとりで大変な思いをされている方は少なからずいらっしゃいます。ご自分のストレス耐性を高めて、ス...
ここで紹介するのは、アメリカのウェブメディア「Elite Daily」のライターCandice Jaliliさんが「元カレにばったり会った時、別れたことを...
この記事のライターDanielle Fagan氏は、ブロガーとしての活動の他、スピリチュアルカウンセラー、占い師、瞑想コーチなどマルチに活躍する女性。「C...
ライター・Zara Barrie氏が、女性として、いつでもセクシーな気分でいるための方法を伝授!参考にしてみては?私は、「セクシーな気分」になるのが大好き...
私はこれまで10代から90代まで、幅広い女性達の美容相談を受けてきましたが、美のお悩みは十人十色。もともと私もアトピーで肌に大きな悩みを抱えていて、美容の...
私は「ゆるい生き方」を提唱しています。これは、ゆっくりと構えながらも目的地に向かって確実に前進すること。自分自身がそれを実践すると、周りの人たちもゆるく、...