「ワタクシ、こういう者でございます」。スタイリッシュすぎる名刺交換から目が離せない!

時として「オー、ジャパニーズ・スタイル!」とも揶揄されがちな、名刺交換。外国人から見ると一風変わったこの儀式も、日本のビジネスシーンにおいてはとっても大切なコミュケーションの場。

なかには「新入社員研修で練習させられたな〜」なんて思い出す人も多いのでは?

ビジネスマナーの
「常識」をくつがえす

78e8261f3fc489959dc439f9d43001ea3cb22857

ここで、5月に公開されたとある動画を紹介しましょう。そこには、過去最高にクリエイティブな「名刺交換」が収められています。まずは基本の姿勢から。「ワタクシ、こういう者でございます」「頂戴いたします」。

493f5f300de1e6345e0497f438861c906f3d6803

あれ…?

なんだか徐々におかしなことに…。

6953ae85e8c1e1f46b6aed3932d83037884bce51

人も増えてきた…?

なんだ、この世界観!!

最後は前代未聞の
「100人」名刺交換!

Fa118a8fb7d0077a09ed4b4ae1f09b5747cea6e6

じつはこれ、100万人が使う名刺アプリ「Eight」が作成したPRムービー。「よりスマートな名刺交換」をメッセージとして込めたこの動画は、Facebookを中心に話題を呼び、公開からわずか2日間で再生回数100万回を突破。

一見ランダムに見えるフォーメションも、最低1回は全員と触れ合い、確実に名刺の受け渡しができるように振付されています。

最難関の20人バージョンはワンテイクの収録にこだわり、立ち位置がほんの少しズレただけでも美しさに欠けるため、ようやく監督からOKが出たのは約5時間後だったとか。

「Eight」を連想させる8の字フォーメーションが連発するシーンだって、ある意味壮大な前フリ。その真骨頂は、ぜひ動画で確認してみて!

Licensed material used with permission by Sansan株式会社
最近、フリーランスで仕事をしている方や個人店を経営している方のなかで、名刺やショップカードを活版印刷で作る方が増えています。私が「Bird Design ...
カナダ、トロントのアーティストでのDorotaさんが作った新しい名刺は、なんと全くの白紙。実は光に透かす事で文字が浮かび上がるのだ。仕組みは簡単、文字をく...
「KEEP SMART」は、わずか0.2mmという薄〜いステンレス銅板を使った名刺ケース。ただ曲げた金属板に名刺を挟みこむという、めちゃくちゃ単純な構造で...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...
蔵前に店舗を構える革小物ブランド〈Alt81〉の名刺入れ。厚みのある革、正面から見た時のフタの部分カーブ、あえて外から見えないところに刻印されたブランドネ...
スマホに付いているであろう機能を、ごっそりとカットしたモバイルがコレ。まずはその見た目を確認してみましょう。Kindleと同じe-inkスクリーンでできて...
新しいiPhoneシリーズに搭載された「感圧タッチ(Force Touch)」機能には、まだ見ぬ可能性が潜んでいたようです。なんと、画面の上に置いたモノの...
スマホも使い方によっては、いろいろなリスクがあるもの。事故、健康、人間関係にも影響することはなんとなくわかりますが、ここでは「Little Things」...
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
スマホを使ったことがある人なら、一度は落下させたことがあるはず。バンカーリングとかも流行ったけど、見た目が、ちょっとヤボったいし、スタイリッシュじゃない。...
相手が笑顔なら、自然と自分も笑顔になりますよね。でも、視覚障がいがある人にとっては、相手が笑っているのかどうかに気づけずもどかしい思いをすることも。そんな...
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
ピットストップ1.92秒。これは、2016年6月に開催されたF1グランプリ第8戦(ヨーロッパGP)決勝、ウィリアムズのピット作業においてはじき出された、F...
10年前に比べて、私たちの生活を一変させるほど便利にしてくれた一方で「つながりすぎ」に疲れてしまった人も多いのでは?そうです、スマホの話です。ひとりの時間...
そう聞くと、「ニコニコ動画」や「ツイキャス」と何が違うの?と考える人もいるはず。でも、「Fanify」には2つの大きな差別化ポイントが。このアプリを使えば...
今やスマートフォンをはじめとするモバイルデバイスの所有率は、1人1台と言っていいほどにまで普及している。そんな中、イギリスの研究機関「The London...
いったい、この現象を誰が説明できるだろうか?スマホの着信音が鳴った瞬間、それまで縦横無尽にせわしなく動いていたアリたちが、一糸乱れぬ動きでスマホの周りを回...
もう使ったことがある人は多いかも。リリースからたった5日間でユーザー数が65万人に急増したフィルターアプリ「Prisma」を使うと、スマホで撮影した画像が...
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
海外を旅行するとき、盗難には注意が必要。たとえばスマホを無防備にポケットに入れていては、スルッと盗られてしまう可能性大です。この「C-Safe™ Pock...