地図入り写真を作れるアプリ「WHERE」が登場。私、ここにいるよ!

SNSを介して知人と近況をシェアすることが当たり前のこの時代。またしても、注目度大のアプリが登場しました。この「WHERE」があれば、ちょっとしたお出かけや旅行先での友人とのコミュニケーションが、より一層楽しくなりそうです。

自分の居場所を「地図入り写真」とともにシェアしよう!

Medium b45e071dea33d7821b2b5f4f4d7aa7d051552165

これは、自分の居場所の地図を写真の中に取り込むことができるアプリ。「WHERE」で作った地図入り写真をカメラロールに保存したり、メールで家族や友人に送ったり、さらにはTwitterやFacebookでシェアしたり──。さまざまな形で楽しむことができるでしょう。

Medium a35056f8c3c79590172cbbaa0b995a831e15daacMedium 87f1cd9f4670dac5f51d99c65fc79bd058fb1b9a

加えて、GPSで継続的に現在地と同期、地図のモードを変更、ピンチやスワイプで地図のズームイン・アウト、3D地図にすることだって可能です。焦点や露出の調整機能も完備。あとはボタンをタップするだけで、すぐに地図入り写真が完成します。

Medium 1d1ada072faba453d15f513fad388b599df2fa2b

アプリを開発したのは、クリエイティブ・ラボ「PARTY」。東京とニューヨークにオフィスを構える彼らは、「知らない人と知らないモノをつくろう」をテーマに、通常のクリエイティブプロセスにとらわれることなく、デジタルの技術を活用したデザインを行っています。

Medium 23823601ab3c93b5163919dca52900ce368fdb31

“私、ここにいるよ!感”が、今まで以上に相手に伝わるかも。撮影者自身としても、改めて自分の居場所を俯瞰して見れるなど、新たな体験を提供してくれるのは間違いありません。「WHERE」を使って場所と風景を一緒に残したい人はこちらへどうぞ。

Licensed material used with permission by PARTY
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
スマートフォンさえあれば、たとえ旅行先でも迷わず目的地に辿り着くことができるでしょう。とっても便利になったかわりに、画面ばかり見てしまってせっかくの旅行先...
そう聞くと、「ニコニコ動画」や「ツイキャス」と何が違うの?と考える人もいるはず。でも、「Fanify」には2つの大きな差別化ポイントが。このアプリを使えば...
古来より、日本では武将や天皇、ヨーロッパでは王族や貴族などが、その時代の有名または新進気鋭の画家たちに描かせてきた自身の肖像画や領地の絵。今でも有名画家に...
音楽が大好き、仲間と一緒と盛り上がるのはもっと好き! そんなアナタへ。インストールしたくなるアプリを紹介しましょう。まずはこの動画を見れば、このアプリが最...
歴史が覆るかもしれない「古代地図」の存在とは!?ここでは「Collective-Evolution」に紹介された記事を紹介します。記事内で取り上げられてい...
たった1日。スマホを触らずにいるとどうなるのか。ライターのBlair Thillが具体的に自身の体験を記録しました。内容は、電池切れになったときに起きるよ...
旅と食べ物をこよなく愛するふたり組のアーティスト、Caitlin LevinとHenry Hargraves。彼らが作り上げた世界地図は、その国の特産品や...
車に乗る人なら、こんなやりとりをした経験があるかも。「すみません、ちょっと電気を分けてもらえないでしょうか。バッテリーが切れてしまいまして…」そんな時は、...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...
ここで紹介するのは、ハイブリッド黒板アプリ「Kocri(コクリ)」。黒板というアナログなものが変わることで、先生や生徒だけでなく、授業や学校すらも変える。...
アメリカなら、Bruce Springsteen『Born in the U.S.A.』。ニューヨークなら、Frank Sinatra『New York,...
相手が笑顔なら、自然と自分も笑顔になりますよね。でも、視覚障がいがある人にとっては、相手が笑っているのかどうかに気づけずもどかしい思いをすることも。そんな...
もう使ったことがある人は多いかも。リリースからたった5日間でユーザー数が65万人に急増したフィルターアプリ「Prisma」を使うと、スマホで撮影した画像が...
はじめに伝えておくと、これから紹介する製品は、現時点で日本での発売予定はなし。ただし、将来的な上陸が期待される要チェックアイテムなのです。特に頻繁にスマホ...
毎日使う目覚まし時計に、こんな機能があったら便利。「Snorelax」は、数ある交通情報アプリの中でも通勤ルートに特化したもの。こんなサポートをしてくれま...
「スマホ de チェキ」は、時間がかからない上に、鮮明に写るところが◎。海外でも話題になっています。スマホのカメラ機能って優秀なのに、画像データを現像する...
ポーランドのフォトグラファーIzabela Urbaniakさんは、2児の母。2012年以来、夏になると、あるテーマに沿った子どもたちの写真を撮影し続けて...
Twitter、Facebook、Instagram、どのSNSにも溢れている食べ物の写真。プロアマの垣根を越えて、およそ100万もの「グルメフォト」が毎...
これから向かおうとしている観光地の混雑状況、気になりますよね?場合によっては、目的地を変更したほうが満足度が高まることだってあるでしょう。でも、それって一...