世界中で話題になった、あの「青いワイン」はどのようにして生まれたのか?

2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないインディゴブルーだったから。メディアも一斉にこれを取り上げ、一夜にして斬新な「青いワイン」が広まった。

けれど、色よりもっとセンセーショナルだったのは、このワインをプロデュースしたのが、20代のクリエイター集団だということのほうでは?なぜなら彼ら、誰ひとりワインの醸造に携わったことすらないシロウトだって言うんだから。

自分たちが飲みたくなる
どこにもないワインをつくろう

Medium 306d22e34a0ab382aa60a9869b2a64223672068c

彼ら全員がワイン作り未経験だったこと、そして6人がクリエイターであること。これが青いワイン誕生の決定打だろう。酒造メーカーやワイナリー経営者がひとりでもいれば、どうしたってトラディッションを少なからず意識したはず。

もちろん、そこにリスペクトがなかった訳ではない。そのうえで彼らが目指したのが、ワイン業界の伝統を打ち破る革新だ。

競争の激しい今のワイン業界の荒波(彼らはそれをレッド・オーシャンに喩える)で戦いを挑むのではなく、もっとカジュアルで、自分たちの世代がリラックスして楽しむためのフラットな海、つまりは“ブルー・オーシャン”を、と。そんなコンセプトから生まれた「青」こそ、競合同士でつぶし合う必要のない、誰も見たことのないワインだった。

スペインとフランス、赤と白
植物由来の色素が「青」を生む

Medium 947dc17ba450483c2d3abf18d2f3a2df641ce765

ところで、やっぱり気になるのはこの色。

スペイン、フランス両国の赤と白のブドウを独自にブレンドし、皮に含まれる色素アントシアニンとこちらも天然顔料のインディゴを配合しているという。チームはバスク大学と食品メーカーの技術協力を得て、まさしく青と呼べる色のワインをわずか2年ほどでつくってしまった。

これまで、ブルーベリーエキスで着色した、プロヴァンスやカリフォルニア産のスパークリングワイン(こちらは淡いブルーが代名詞)と比較しても、インパクトだけ取ってみれば間違いなくこちらが上。

「多様性」はミレニアル世代の
生き方そのもの

Medium 5a016ddcfdbb99dd03c612a8f880b3da37b960c2

国境をまたいで、さらには赤と白2種類のブドウを融合させてしまう。こうしたアンチテーゼをひとつずつ取り壊した先に、誰も見たことがなかったまったく新しいワイン色が生まれた。

スタイルや格付けなんかに、まだこだわってたんだ。

とガツンと頭を叩かれた気分。若きクリエイターたちの自在な発想力と表現方法に、新しいライフスタイルを自分たちで創造していく、ミレニアルズの軽やかな感性がそのままシンクロして映るのは、私だけではないはず。

Medium e2016edacc415b4447c3c36d0e5faf2a20469356Medium 451c4746de2414642d88b2ff337fec96d784fa88Medium 86cb9bedfd29813019d33d2a5f77be9e1cf9bc64

その味わいは……なんて、野暮なこと書きません!それは自身で確かめればいいことだからね。

自国で大反響を巻き起こした、このワインの名は「Gïk(ギク)」。すでに7月からフランス、イギリス、ドイツ、オランダで発売を開始した。この夏、手にするチャンスは少ないかもしれない。それでも、群青のグラスを傾ける日が待ち遠しくて仕方ない。

Licensed material used with permission by Gïk Live
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
ワインって一度栓を開けると、すぐに酸化してしまいますよね。パーティーの時などに、たくさんのワインを開けたはいいものの、中途半端に余ってしまう…なんて経験を...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、め...
知っている人にとっては常識。ですが、知らない人にとっては、まさに「今さら聞けない…」のが、ここで話題にするシャンパン、スパークリングワインの違い。あらため...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
前脚をていねいに揃えて、ちょこんとお座りをしながら、上目遣いにあなたの愛犬や愛猫は、もしかしたらこんなことを思っているかもしれません。「ま〜た、一人で飲む...
赤、白、ロゼ、アルコール度数が一緒なら、酔い方だって同じはずと思っている人たちへ。ワインの色によって「二日酔いの度合い」がまったく違うという事実を覚えてお...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
ちょっといいレストランで食事をしようとするとき、避けては通れないのが「ワインの注文」。どうせならかっこよく、まるで詳しい人かのようにオーダーしてみたいです...
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
ボルドーワインと聞けば、多くの人が重厚な赤ワインを思い浮かべるだろう。しっかりとしたお肉料理にどっしりと重いフルボディの赤。しかし太陽がさんさんと降り注ぐ...
とは、「Thought Catalog」のライターChrissy Stockton氏の弁。どちらかというと、あまりワインが好きではない、もしくは嫌いではな...
イタリアは全20州すべてでワインを生産していて、その土地ごとに様々な特徴を持っています。その種類は、とても数えきれないほど。フランスと並んで、世界でも有数...
そうそう、こうやって食卓には色鮮やかな赤ワインを用意して、と思ったら…。え、ワインじゃないの!?これは、紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」と呼ば...
「お酒を楽しく、美味しくするグラス」をモットーとした製品が誕生しました。この「ottotto」は、家具デザイナー林秀行氏が、自分のデザインした器でお酒を飲...
ブラジルの写真家、マルコス・アルベルティさんが「ワイン・プロジェクト」という、楽しげなポートレイトを撮影。内容はいたってシンプルで、ワインを使って「なし」...
今日1日がんばったご褒美に。とろとろあまくて、ぽかぽかあたたまる。美味しいホットチョコレートワインはいかがでしょうか。ホットチョコレートとホットワインの美...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場するやいなや、世界中の酒好きから絶大な支持を獲得。わずか数日で目標金額を達成してしまった「Oa...
ワインを頼むなら「毎回これ」と決めているあなた。単に「味が好き」という理由で手にとっているかもしれませんが、じつはあなたの性格を反映しているのかもしれませ...